2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.09.25 (Thu)

すっかり自家製パンで満足

最近、パンは全部パン焼き器で自分で焼いています。

もう、パンを買う事は滅多にないでしょう。

大分前に作ったマーマレードを入れたり、オーツを入れたり、ゴマを入れたり、

好きな栄養素を混ぜて自由に作れるのが良いです。

買ったふわふわのパンにはそれなりに色んな物が混入されているらしい、と分かり興味が無くなりました。

日本の有名なあるメーカーのパンは特に凄いらしい、と言う噂です。

昔はあのメーカーのパンが好きで、アンパンも最高でした。

自分で焼くとあんな風にふんわりとは絶対になりません。

私は柔らかいあの何が入っているか分からないパンよりも、自分で焼いた硬くてあまり美味しいと思わないパンの方が最近はずっと好きになりました。

パン焼き器は途中までで、後はオーブンで焼くようにしています。

食べるときに又、オーブンで焼いて使っていますが、冷蔵庫に保管しているのでオーブンで焼くと温まって美味しく感じます。

今はパンをパン焼き器で美味しく焼くコツなどもネットで探すと色々情報が載っているので助かります。

昔と違って料理のレシピも多く、わざわざ本を買う必要もありません。

今時、料理本を買う人ってまだいるのかな、と思う事もあります。

スポンサーサイト
06:58  | 

2013.11.29 (Fri)

野生のターキー




感謝祭というと七面鳥です。


ターキーを丸ごと買って焼こうとすると既にターキーのお腹の中がきれいに空っぽになっていて、そこにターキーの首の部分と、肝臓のような臓物がビニール袋の中に入っていました。

どうしてもそれを料理に使う気になれなくて、裏庭の目立たない木々の辺りに置いて置きました。

キッチンからその場所が見えるのでがすが、一度初めてみるような大きな野鳥がその臓物を目がけて飛来したのを覚えています。

あの野鳥の名前は確かVから始まったのですが、覚えていません。

禿げたかのような種類かもしれません。






北東部に居た頃、近年は七面鳥が裏庭にもやってきていました。

普通、テレビのニュースに登場するような丸々したターキーとは違って痩せています。

きっと感謝祭の頃映し出されるターキーは餌で太らされていると思います。

その方が高く売れるのでしょう。

また、重さも関係してくるかもしれません。



ローストする時、ターキーの中にバターを注射針で注入すると柔らかくて美味しくなると後で知りました。

元々、ばさばさした感じのターキーは好きじゃないです。

多分、日本人の口には合わないと思う。

どこか臭みもあって、それが鼻に付いて翌日はとても食べる気がしません。

それをアメリカ人は色んな工夫を凝らして、残ったターキーのお料理の仕方をトークショウなどお料理のコーナーでやっている所も見た事がありますが、とても同じような事をやる気が起きません。

鶏肉の方がずっと美味しいと思いますが、何故あれほど感謝祭とターキーと結びついたのか興味有ります。

きっと大昔は野生のターキーが大繁殖をしていたのかもしれません。

また、野鳥のターキーはあの大きな図体にもかかわらず物凄いすばしっこさでした。






08:04  | 

2009.05.10 (Sun)

3分間、大福







すずらんを飾ると家中に、とてもよい香りを放っています。




たったの3分で、こんな大福が出来てしまいます。
これは、ミーシャさんの八ヶ岳南麓よりよりアイディアを頂きました。
ちょっと、大福が食べたくなったら、買わずに餅子とあんこがあれば
簡単に作れます。 よもぎがまだ柔らかいうちに何度も作ってしまいそうです。

それで、娘、イチゴ大福を作りました。写真撮ろうとしたら、
自分で作ってないんだから、駄目~!ですと。
これは、適当にイチゴ酸味とあんこの甘さで美味しかったです。





Violaという名前のスミレの一種です。
鹿に食べられたあと、網を覆って被害から会わないように
して、やっと又咲いてくれました。
今年は、鹿の被害で、また野菜は諦めるしかないみたいです。




12:22  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.28 (Tue)

思いかけずにHoney Mashurume





本当は日曜に行く筈の用事があってすっかり忘れてました。昨日、これらの写真を久々に撮って振り返ると。。




これは、どうやらHoney Mashurumeです。
こんなにどっさり一遍に採れるのは久しぶりです。この辺、芝がもし全く雑草がない、行き届いた状態だったら多分、除草剤も多いので止めておこうと思いました。
でも、そこらじゅうに生えているので迷いなく全部頂いてきました。
切り株もあまり古くなり過ぎてもキノコは生えて来ないし、湿度そして温度とかなり微妙な条件が揃ってないと駄目です。

これらはパスタのソースの具に使いましたが、まだあります。香り、甘みもあって最高です。

日曜は生憎のお天気でもし、この日に出かけていたら、
写真を撮ろうなんて思わなかっただろうし、このキノコを発見する事もなかったでしょう。
うっかり忘れた事が、思いがけなくこんなお土産付きでラッキーでした。
14:14  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。