2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.29 (Sun)

猫を思い出す!




昔実家に居た猫は三毛猫でこんな感じよりもっと3色が少なかったような気がします。

あの三毛猫を見ていて、猫って思った以上に、頭も良いらしいと思ったっものでした。

大事にしている猫が具合が悪いとそれだけで毎日が悲しくなります。

あるブログでそんな話をしていて、ついつい数年前の我が家の猫の事を思い出しました。

あの頃は引っ越しのために壁塗り、壁紙を剥がしたりなど毎日忙しくそっちに気を取られていて、家の猫の様子に注意をしていませんでした。

段々元気が無くなっていましたが、前、実家に居た猫も具合の悪い時は食べ物を食べない日々の後とても元気になったので、ついついそうなると思って油断をしていました。

獣医のところへ診て貰うとした朝早くに息を引き取っていました。

壁紙を剥がす時はがりがりとずっと音がしていたり、私が忙しく動き回っていて甘えられなかっただろう、と思うと余計に済まない気持ちになります。

その翌日、埋葬するときは、あの猫が我が家に来る切っ掛けを作った娘が、あの頃大学の寮生活をしていたのに、何かの休暇で家に帰ってきたというのも偶然でした。


ペットを飼うという事は寿命が短い為、いつかそんな日が来ることを覚悟しなくてはいけないと自覚をしていた方が良いような気がします。

家猫の場合は長生きするという話が多いですが、油断せずに様子をしっかり見守っていた方が良いのかもしれません。

最後の頃は、隠れるようにクローゼットに居て、私が呼ぶとそそ、と出て来て甘えていました。

やっぱり、あの状態はかなり苦しかったのだろうと、今振り返って思います。

あの方の猫の話の内容ですっかり思い出してしまいました。

今でも写真を飾ってありますが、いつまで経っても特別な猫です。



スポンサーサイト
12:53  |  トラ猫

2010.08.26 (Thu)

トラ君は特別でした!

人気ブログランキングへ

ねこのきもち



10年近く一緒に暮らしたトラ猫君と去年お別れしました。



ねこのきもち「猫種/柄図鑑」



実家には生まれた時から既に住んでいた三毛猫がいました。

あの猫ちゃんの死よりも、ずっとその悲しみが癒えなくて、思い出の物
がその辺にあっただけで涙が流れる日々でした。

又、是非同じようなトラ猫か三毛猫と暮らしたいと思っているところです。

家にやって来た頃は1歳半ぐらいだったのでしつけをしようと思っても中々
難しくて、爪研ぎ用の物をペットショップで買ってもそれを使わないので
困りました。

結局、ソファーのコーナーなど、自分ですっかりアチコチ場所を決めて
知らずに爪研ぎをしているので家具が傷みました。

それ以上にこちらは知らず知らずにトラ猫君に癒されていました。

居なくなってしまって、それをひしひしと感じました。

今でも、そのトラ猫君をこのブログのプロフィール写真に貼っています。






室内の猫だったので、いつもこうして外の空気を吸うのが好きで、一寸だけでも
戸を開けると何処からとも無くやってきて外に出たがりました。

家にやって来て数週間した頃に一寸だけ外で遊ばせていて、ある日突然と
行方不明になった事があったので、それから外には出さないように
していました。

帰って来た時は、しっかりと思いっきり抱きしめてあげました。

あの時のねこのきもちは判りませんが、ゴロゴロと何時までも喉を
鳴らしていたのできっと嬉しかったと思います。

その後は外には出さないようにしていて可哀想でしたが、その方が
長生きするとも聞きました。

色んな事がありましたが、全てがとても懐かしい思い出です。

トラ猫君!楽しい思い出をいっぱいいっぱいありがとう!♪


ねこのきもち「猫種/柄図鑑」





以前撮った写真です。
これは葉っぱが全て落ちた冬場かもしれません。

これだけの木の葉っぱのそうじはとても大変です。

日本のように、落ち葉を外で燃やす事が禁止されているので全部道路に出します。

近所で火事があったとき、火事が飛び火しないように、消防団員が先ず家の前の大きな木を直ぐに切り倒していました。

あの時の火事の原因は漏電だったそうです。




日本の政治がイライラすると言うと、子どもが一切知らないでいれば良いんだよ!と。

ソーカという宗教で日本人の心を惑わし、それにずらずらと入り込んだと思ったら、今度は韓流ドラマでまた別の方面からそれに釣られるように嵌りこむ日本女性を海の向こうの韓国人も日本に住む在日も影で笑っていたことでしょう。

直ぐに彼らの攻略にまんまと騙されやすい日本人。そして、ついに日本という国までもが気づけば韓国政権のようになっています。

アメリカでも韓国系の教会に喜んで信者になっている日本人の多いこと。何処を向いても韓国にがんじがらめにされて、気づいたら、身包み剥がされている日本人の姿が浮かんできます。

あれ程、もう直ぐ逮捕か!と騒がれ幹事長の座から降りたと思ったのも、一つの演技でした。あの顔が日本の顔なんてご免です。


どうしてこうも、騙されやすいのか!

どうして、資料本『朝日新聞の報道した「日韓併合」の真実』を国会議員はじめ、保守と名乗っている言論人も評価して盛り上げて広げようとしないのか。

知っていながら故意的に知らない振りをしているのがミエミエです。

日本人を洗脳から解くには一番の早道です。本当に保守という信念があるのでしょうか!

自分のプライドが許さないのでしょうか!偉そうな演説でさえ、嘘っぽく感じてしまうのです。

全く、これだから強かな国々にどんどん侵食されてしまうのです。

当てに出来ない人には期待せず、一人拡散キャンペーンを張りたいものです。(管理人)


◆*:☆◆*:☆◆*:☆◆*:☆◆*:☆◆

人気ブログランキングへ
12:50  |  トラ猫  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.31 (Sat)

トラ、今までありがとう!




29日、午前一時過ぎごろ、
ペットのトラ猫が亡くなってしまいました。

いつかはこんな日が来るとは覚悟はしていたけど、
あまりに急で思い出しては涙しています。
今年に入ってブログの左上にトラの写真を置いたのですが、
それが最後の写真になってしまいました。1月10日でした。

最近、元気がないので29日朝に獣医の所に連れて行く予定でした。
急に夜中に変な泣き声をしたので行ったら、トイレの方で
横になっていたので、ずっとブラッシングをしてあげたのですが
それからまもなくお腹の呼吸がなくなってしまいました。
あまりにあっけなくてまだ、泣き声が聞こえてくるような錯覚を
感じます。







上の写真は去年の11月30日です。
トラが齧った折ずるらんはそのまんま。もう、この
葉っぱを齧る猫は居なくなってしまいました。

このトラを一番飼いたがった娘が虫の知らせか昨日、別の用事で
帰ったので、一緒に裏庭に埋葬してあげました。
娘は生き物はいつかはこんな時が来るんだから仕方ないよ。。と
淡々と一緒に穴を掘る手伝いをしてくれました。
好きなキャットニップ、缶に残っていた分全部一緒に入れて
お線香を置き、石も置きました。
もっと、大きい石を雪が解けたら転がしてきて
置きたいと思っています。
娘が泣く事もなくて意外でした。

キャットニップは又今年も生えてくるかもしれません。
まだまだ、思い出しては辛く、ダメージされたソファーをみても
思い出してしまいます。怒ると一目散に走り去ったトラ、
家に帰ると迎えてくれた事もあったトラでした。

中学の頃、実家の猫がやはり私の寝床の近くで亡くなったんですが、
あの時の悲しみとはちょっと違って今回の方が辛いです。

もう、私はペットは飼いません。
もう、こんな悲しみを経験したくないから。





トラ、今まで、いっぱい楽しませてくれて、、ありがとう。
天国ではいつものように悪戯したりして元気にしていてね?
06:52  |  トラ猫  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.25 (Sat)

猫って、案外頭が良いかも!


一番紅葉の良い時期かもしれません。
既にいっぱい枯葉が落ちていて掃除もしないといけませんが、今日は雨降りです。
雨で枯葉掃除が重くなって大変です。







トラが気持ち良さそうです。
この白い敷物は子供が赤ちゃんの時に友人が編んでくれたおクルミで、
トラ用に置いていたらすかさずこうやって自分のものにしてしまう所が不思議です。

どうして自分用って判るんでしょう??
13:54  |  トラ猫  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。