2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.01.04 (Sat)

2014年が始まりました。



雪と南天、この構図がとても新年に相応しい清々しさを感じさせてくれます。




実際はおめでたい、という気持ちも薄れてしまうほどの最近の状況です。


それでも家族が元気で居てくれること、これは一番の幸せだと思っています。

あれをやりたいと思う目標もありますが、気持が今一付いて行きません。


今年も好きな事を無理せずにできる範囲で歩んで行こうと思います。


スポンサーサイト
11:02  |  日常生活

2013.11.25 (Mon)

クルーズに乗りたいらしい




娘にいつ遊びに来る?と電話でついでに聞いてみました。

ここに来るよりも、クルーズに乗りたいと言っていました。


まだこの娘が生まれていなかった頃、カナダまでクルーズで行った事がありました。

あれはどこの港から乗ったか忘れましたが、カナダのノバスコシアまで。

メイン州のポートランドだったか。


到着すると、民族衣装を着た男性がパイパーを吹いて歓迎ムードで迎えてくれたものでした。


あのクルーズの中はカジノがあって、一寸だけスロットマシーンで遊びました。

全然、経験した事のない娘はそんな船の旅に憧れているらしい。

今は自分で稼いでいるので、自由に自分のお金でレジャーを楽しみたいそうです。

確かにここに来るには、飛行機に乗らないと来れないので大変です。


前からクルーズの事は言っていたので、一度何処かへ彼氏と行ってくればよいと思う。

もう、彼氏と一緒に住んでいます。


2人で一度だけここまで遊びに来てくれましたが。


私が昔、親を想うように、娘とか息子とか、あまり親というのを感じていないような気がしてます。


元気で生活を楽しんで仕事も頑張ってくれている娘、本当に偉いと思う気持ちです。



21:45  |  日常生活

2013.11.14 (Thu)

前、住んでいた家の裏庭に咲いていたワイルドフラワー




これはネットで探しましたが、何という花か名前は分かりません。

前住んでいた裏庭に咲いていたので、一寸懐かしいです。

雑草なんですが、花が変わっていてオレンジで可愛いです。

日本では見た事があるかどうか記憶にありません。


ここで、咲いているのを見た事がありません。

気候が違うと生えてくる雑草もかなり違っています。

珍しい雑草が生えてくると、どんな花が咲くか待ちわびるようになりました。


思いがけないきれいな花を咲かせたり、中には痛い棘のある種を作るのもあります。

そのような痛い種を作る雑草は早めに抜くようになりました。

間違って素手で触ると飛び上がるほど痛いです。

その雑草は花はとても可愛い黄色で、小さく、そのままじっと見守っていたのですが、最後がそんな感じの種だったので、もう騙されません。

這うように触手を伸ばして繁殖するタイプなので、偶に庭を観察して生えていないかチェックするようになりました。

ネットでこうやってフリーで花やあらゆる写真を使えるので本当に有難いです。


名前も分かったらもっと良かったです。

21:14  |  日常生活

2013.10.20 (Sun)

流木がオークションに




以前住んでいた所の川辺に行くとこんな流木が幾らでも転がっていました。


これを欲しい人もいるようで、オークションサイトで賑わっている事を知りました。

何処の流木か、明記することによって又、人によっては欲しがる人もいるかもしれません。



確かに人が削ろうと思っても中々このような滑らかな形にするのは大変です。

自然の中で揉まれ、やっとこんな形にたどり着いているので、ここまで来るのみ相当の時間が経っています。


床の間に置いても様になるような形を偶に見かけます。


流木を拾ってその後、ニスを塗ったり、手を加える人もいるようです。

また、それが自分の思う通りにしていく楽しみが趣味の人にとっては楽しいのでしょう。


確かにこんな流木って、前から芸術的だと思っていました。

どんな所に目を付けるか分かりません。



しかし、震災のあの流木はどんなに形が良くても手が出ません。

単なる震災じゃないので。


人の意識って本当に不思議です。


出来るだけ避けたいと思う人と、全く気にしない人と。


これからこの辺で対人関係もおかしくなるような気がします。

黙っていれば良いのでしょうが、あまり煩くすると必ずそこに一寸した亀裂が起きます。


本当にあの震災の前の何とも思わず何でも食べていた頃が懐かしいです。






11:15  |  日常生活

2013.09.25 (Wed)

家に居るのが好きです。


(ネットから)


こんなにきれいな整然とした畑では無いですが、今簡単な野菜を育てるのが楽しいです。


何とか、ここに引っ越してやっと落ち着いてきたような気がします。

以前住んでいた所よりも、日本人が少ないので、日本人同士で集まってお喋りをする、2,3の集まるグループがあります。

若しかするともっとあるかもしれません。


あるグループは何歳以上は遠慮して欲しい、という若いママさんだけの集まりもあるとか。

確かに子どもの話が中心になると思うので、すっかり子育てが終わった年齢層からすると話が離れすぎています。


数か月前から、あるグループに参加をし、やっと慣れてきた感じがします。

これもネットをしていて偶然にそんな方とネットを通じてお喋りをすることが出来たのが切っ掛けでした。

一切、何かの宗教とか関係ないので気楽です。

しかし、そのグループの中にはまだ若いのに既にお孫さんのお世話で大変な方もいます。


先に楽しみと感じる予定がある事、これまさに人生楽しむ為の一つの条件かもしれません。



ずっとこの年になるまで4季のある北東部に暮らしていたのですが、直ぐにここの気候にも慣れました。

北東部の、秋口の急激に涼しくなるこの時期の何とも言えないような寂しさは感じなくて済みます。


しかし、あの紅葉の素晴らしさがこの辺に無いのが一寸寂しいです。

その代わり、野菜の収穫を長く楽しめる事が出来て、これが一つの大きな張り合いになっています。



これからまだまだ色々ありそうですが、

兎に角、家にいるのが好きなので数日間ずっと家に居ても苦になりません。

そんな家を探せることが出来て本当に良かったと思っています。




15:44  |  日常生活
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。