2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.08 (Thu)

アメリカ生活「大統領選挙結果2012」


(ある日のスナップショット。ポストオフィスの前には星条旗が棚引いています。茶色の建物の手前がポストオフィスです。)



アメリカ生活「大統領選挙結果2012」


昨夜はオバマさんが再選されてこれから4年間、どんな年になるのか。

スピーチまではもう眠くてとても待っていられませんでした。

しかしオバマさんの当選スピーチを待っている観衆の興奮の様子を眺めていると、どうしても日本と比べてしまいます。

かつてのクリントン大統領応援のオバマさんのスピーチを聴いていた、ヒラリーさんは「この人と戦っても勝てない」と悟ったという記事がどこかに載っていました。

実際に民主党の代表候補者選びで負けた過去がありますが、それくらいオバマさんのスピーチは民衆にぐさりと食い込む巧さがあるような気がします。


オバマさんが再選されたことでロムニーさんよりも何故か少しは安心できるような気がしています。

「年金は払いたくない、年寄りはいらない」と、こっそりと内輪のパーティーでの話が暴露されて、あの人物の本性がアメリカ中に知れ渡ってしまいました。


日本でも同じような「維新の会」はそれと同じような事を掲げていて、また擦り寄っている怪しい党があるにも関わらず、それに関してマスコミは一切反論せず。。

マスコミが沈黙し、保守ジャーナリストと称する方々も一緒になって沈黙しています。


このまま行くと本当に日本はやばい、と思えてきます。


オバマさんはTPPなどがどんな風になっていくかが心配です。


昨夜はずっとテレビでこの事ばかりで、住んでいる州知事の話や、州によってはシェリフという職もあって一体何をするのか管理人も良く分かりません。


選挙の投票用紙は18歳になると郵送されてきますが、結構分厚く、色んな提案も一緒にその時に書き込むようになっています。

その為、州によっては投票するのに時間がかかる為に並ぶ所が多いのだとか。

そんな話をあちこちの選挙結果の様子をレポーターが知らせていました。


今住んでいる州知事の当選の喜びのスピーチは、Great,Great,Great,?何度言った?と思えるほどの先祖が1800年代にこの州にやってきたという話をしていて、誇りに思っている様子でした。


日本でそんな風に過去を辿ると、失礼だ、人権に触れるだの、というのはおかしいです。

公人である人がそれでは困ります。

選ぶ国民はある程度知る必要があります。

自分たちの税金を使ってこの国を任せて大丈夫な人物か、どうやって判断できるのでしょうか。



何だかそのような議員さんばかりの日本、その為日本の国を良くしたいという気持ちも起こらないのかな、という気持ちもしてしまうのです。

日本に帰化するときはアメリカのようにしっかりと「日本の為に尽くす」という宣誓をし、「もし反日の行為をした場合は即刻日本の帰化を剥奪」ぐらいの条件を盛り込まないと危険すぎます。


在日だけ割り引き?携帯電話何それ、、、在日だけに割り引いて土地を売る?何それ、、嘆かわしい限り。


アメリカは1800年代というと、アメリカ原住民を追っ払ったような歴史の上に成り立っているので、「コロンブスの日」という祝日もありますが、アメリカ原住民にしてみると「祝日」よりも苦い先祖の歴史を思い浮かべる日のような気がします。


アメリカは18歳から投票できるので、18歳は大人と見なされます。

18歳になると大学のために遠くの場合は家を出るため、選挙の投票用紙は家に届く為、管理人のアメリカ生まれの子どもはその頃は投票はしませんでした。


18歳以上は犯罪は、警察に逮捕されると前科に加えられる為一生記録されます。

就職活動もこれで難しくなる場合があるようです。

どんなパートでも前科があるかどうかを書き込む欄があります。

パート募集でもポリスステーションへ行って指紋を調べる職場もあります。


高校時代、何かで逮捕された場合「社会奉仕」という制度もあり、スーパーなど何処でも良いですが数ヶ月、時間も決められアルバイトをしなくてはいけない、というお達しが渡される事もあります。

これも州によって違うようです。



話があちこち飛びましたが、アメリカ大統領選挙の結果が分かり、日本の事など色々と頭をよぎってきました。


何とかオバマさん再選で明るい兆しを期待したいものです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

タグ : アメリカ生活「大統領選挙結果2012」

17:28  |  アメリカ生活

2012.11.06 (Tue)

アメリカ生活「大統領選挙の朝」

アメリカ生活「大統領選挙の朝」


(ある日のスナップショットより。)



さていよいよ明日がアメリカ大統領の投票日です。

テレビではお互いの候補者の悪口宣伝で煩くしています。



いつも11月の第一火曜日が大統領選挙の投票日になっています。

この日は以前、住んでいた州では近くの小学校が投票所となっていました。


管理人は市民権は無いので投票はできません。


入り口付近にテーブルをずら~と並べて投票にやって来る人にクッキーなどを買って貰い、その売り上げを学校の図書用に寄付をするベー苦セールをします。

この日はクッキーでもマフィンでも何でも良いですが、父母がボランティアで焼いて、朝、子どもを学校に送ったついでに、そのテーブルに届けます。

フルタイムで働いている母親も多いので、ダンキンドーナッツなどを買って寄付する人や、直接お金で寄付する人もいます。

子どもが学校へ通うようになると、このようなお菓子を焼いてファンドレイジングのベークセールをする事は偶にあります。

例えば、生徒が難病で入院費用集めとか、学校のスポーツクラブ用など色々あります。


アメリカ人は甘い食べ物が好きなのでお砂糖を控えると食べて貰えません。

幼稚園に子どもが通い始めると、誕生日にカップケーキやクッキーなどを焼いて持っていき、クラスでお祝いをして貰います。


管理人も子供が通っていた幼稚園に誕生日だったので、一生懸命お砂糖控えめでカップケーキを作って幼稚園に届けました。

後で子どもに聞くと「食べない子が多く、捨てちゃった」と、いうのです。

子どもが「甘くないと食べないよ」、とも。



それを聞いたのでその後また、誕生日があった時は、たっぷりとお砂糖を入れてカップケーキを作ってクラスに届けたものでしたが、やっぱり甘くすると食べてくれるようでした。


又学校ではインターナショナル・フェアという催しを一年に一度ぐらいします。

アメリカ人と言っても先祖を辿ると、イギリス系、アイルランド系、ドイツ系、イタリア系などいろいろです。

また、アジア人も多かったので、それぞれ自分の国のテーブルに国の特徴ある料理を作って届け、そのまま売り子も交代でします。

韓国人のテーブルでも海苔巻きが置いてありました。


あの時の韓国人はこれは自分達の料理だと言ってましたが。




さて、明日一体どっちが大統領に当選するのか分かりませんが、兎に角世界が平和であるように祈りたいです。



日本も放射能問題をそっちのけで尖閣で愛国扇動をして意気揚々としていても、行く手が前途多難?な人物がいるようですが、愛国心で理性を停止させるな、亀井さんは良く言ってくれた!と、いう気持ちです。

亀井さんは民間人と組むらしいという話を阿修羅の掲示板でしていました。

一体民間人とは何方でしょう。とても気になります。


選挙の時、一人一人が本当に良く見極めた候補者に投票してほしいです。

そうしないと日本が危ないと気付いて欲しいです。

人気ブログランキングへ

タグ : アメリカ生活「大統領選挙の朝」

22:59  |  アメリカ生活

2012.11.01 (Thu)

アメリカ生活「子どものワクチンなど」

アメリカ生活「子どものワクチンなど」

アメリカに移住をお考えの方、お子さんが一緒の場合は何かとお子さんの事で心労も重なると思います。

↓そこで最近このビデオを観て子どもに受けさせた数え切れないようなワクチンが恐ろしくなりました。




アメリカは幼稚園の申し込み、小学校から中学、高校、大学へ上がる時必ず指定のワクチンが済んでいる事が条件です。

それがクリアされていない場合は入学はさせてくれません。健康診断もします。

私立の場合はどうか分かりませんが、我が家は公立だけだったのですが、全てワクチンが済んでいる事が条件でした。

所が上の動画を観るとユダヤ人は受けてないというのです。

その理由は簡単。ワクチンは毒だから。


本当に驚いてしまいました。

管理人はグリーンカードを申請して最後の段階で今まで済んでないワクチンを全部一編にする事になりました。

その中には「はしか」もあり、何とこの年になるまで「はしか」の抗体はありませんでした。

妊娠した時にアメリカで検査され、それを指摘されました。

そういえば小学校の頃、周りが「はしか」で必ず1週間ぐらい休んでいましたが、管理人は小学校は精勤賞で6年間、殆ど休んでいません。

グリーンカードの時一編にワクチンを接種した為に何となく体がだるいような日々が続いたのを覚えていますが、ワクチンのせいです。


ワクチンは本当に要注意です。

インフルエンザを治す薬など無いそうですので、このワクチンもする必要が無いでしょう。


時間をかけてゆっくり全部動画を観ると世の中の仕組みが少しわかってきます。


ハリウッド俳優さんで確か「クリスチャンサイエンス」に入信している人の話をどこかで読んだ事がありましたが、やっぱりワクチンは子どもに宗教上の理由で受けさせなかったそうです。

アメリカで一時「自閉症の子どもが多いのはワクチンのせいではないか」と、いうニュースで話題になった事があります。

そんな話も動画に載っています。

兎に角、宗教上の理由をして何とか受けないに越した事は無いと思います。


大学へ入る時はB型肝炎、又髄膜炎のワクチンが条件に入っていました。


新生児から日本で既に受けたワクチンは除外されます。その為、日本の母子手帳も持参をして記録を取っておく事は大事です。


我が家は結局言われるまま全部受けてしまいました。


今ごろこのビデオを観て今後これがどんな影響が及んでいるかと気になっています。

いまや知らないでいると飛んでも無い事に、これは世界中何処にいても通じる事かもしれません。

これからワクチンを受ける場合は宗教上を理由に受けない方が良いかもしれません。


本当に恐ろしいです。このような方面はしっかりと情報を自分で選り分けて過ごしていかないと政府はタダタダ騙すのみです。

子宮頸がんワクチンも同じで日本でも盛んに薦めていますが、止めた方が良いでしょう。


(お子さんにワクチン接種をするかどうかは親御さんの判断でお願いします。管理人はこの動画を観て思った事を今回書いてみました。)


人気ブログランキングへ

タグ : アメリカ生活「子どものワクチンなど」

18:06  |  アメリカ生活

2012.10.20 (Sat)

アメリカ生活「車の運転」

アメリカ生活「車の運転」


海外へ移住する話が偶にネットで登場しています。

昨今の放射能の影響が勿論影響していると思います。


それで今回はアメリカで車の運転の事を思い出しながら、これも管理人が思ったり経験した事ですので、御自分の判断でお願いします。


国際免許証で最初は運転をし出すと思いますが、これは期間が決まっているので期間が終わるまでにアメリカの免許を取得しないといけません。

州によって問題も微妙に違っていたり、日本人が多い州では日本語でも受けられますが英語で受けなくてはいけないので予習をしっかりする必要があります。

英語が出来ても州によって難しい場合もあるようです。


管理人が試験を受けた頃は日本語は無かったので管理人にとっては学科が大変でした。


車は最初は中古車を探すと思いますが、やっぱり日本車が人気があって特にトヨタの人気が一番だと管理人は思います。

それは中古車のディーラーの方も普通の車の修理工場の方も同じようにトヨタが良いと言っていました。

それで最初から3台目まではアメリカ車でしたがその後はトヨタ車にすると、エンジン音も静かで本当にその違いが分かりました。

乗っていて安定しています。


息子が最初に乗ったのはフォードの中古車でこれも散々でしたが、息子はその車のマニュアルを買い込んで自分で直せる所は直したりしていたので車の技術が結構付いたかもしれません。

次に息子がヨーロッパのVWフォルクスワーゲンの中古車に乗りましたが散々だったようです。

電気系統がおかしくなったり、窓が閉まらなくなったり。それを業者に売ったときはかなり安くなってしまいました。

アメリカのコンシューマーの何かのランキングがあってその時問題の無い車としてある年はトヨタがトップでした。

VWフォルクスワーゲンは評判が良くないとそのランキング結果で知りました。

トヨタの次に人気があったのがホンダです。



国際免許証で始めて運転する方はアメリカのスクールバスは十分注意した方が良いでしょう。

スクールバスが赤の点滅の時は必ずストップしないといけません。これをうっかり駐在の奥さんが知らずにそのまま走ってスクールバスから降りた子どもを弾いてしまったそうです。

直ぐに逮捕されてしまいます。

スクールバスから降りた子供達は道路を横断する事もあるので、本当に注意した方が良いです。


お子さんが小さいと車に寝ている場合そのままにして買い物をする人もいますが、それもポリスに通報されると逮捕されてしまいます。


お子さんも12歳以下の場合は家の留守番も出来ません。


運転途中にパンクになってしまった場合、電話すると直ぐに来てくれるAAAという会社の会員になっていると便利です。

結構直ぐに来てくれて暑い時期の場合は待っているのが大変だろうから、と冷えたペットボトルの水を一本サービスしてくれました。


これは日本も同じかもしれませんが、パンクの為にAAAを呼んでスペアタイアに取り替えて貰った後、直ぐに普通のタイヤを修理屋などに行って取り替えて貰いますが、その修理屋に行くまでの間、スペアタイアで運転する間は速度を落とす必要があります。


もし、何処かで信号無視などをした場合ポリスに見つかるとがチケットを切ります。

その事故を起こした街の交通裁判のような所があるのでその数日後ぐらいに、そこに出頭しなくてはいけません。

しかし、もしポリスから送られてくる請求書をそのまま払うと出頭する必要はないです。

裁判所へ行って「それは違う」と、文句を言いたい場合はそのような場所で頑張って違反を取り消してもらう事もできます。


もし、何処かで事故を起こした時ー

相手の住所、氏名、電話番号、免許証の番号、車種、プレートNo、保険会社名、保険のポリシーNo.
をメモして置くと良いと思います。


アメリカはお年寄りも運転していますので十分に気を付けて事故の無いように気をつけたいですね。


また、思い出したらここに追記していくかもしれません。


日本でも何処でも事故のない安全運転をいつも心がけたいですね!!


人気ブログランキングへ

タグ : アメリカ生活「車の運転」

16:43  |  アメリカ生活

2012.10.18 (Thu)

アメリカ生活「家を買う場合」

アメリカ生活「家を買う場合」

日本から何処か海外に移住をしようと考えている方が出始めてきているようです。

福島第一から2億4000万ベクレルも毎日放出していて、いつ何時4号機プールが崩壊するか分からない状態です。

そんな危ない日本の深刻さを全く無視している報道機関や普段から日本を守る為の保守といわれる方々には何を守りたいの??と問いかけたいです。

今目前に迫っている危機を無視する意味が全く理解できません。

大きな地震を来ないように祈っている人がどれだけ世界中にいる事かと思います。

4号機プールが崩壊をしたら北半球にも影響が及ぶ事になりどうせ移住をするなら南半球の方が良いという話をする人もいます。

タイタニックのジェームズ・キャメロンという映画監督はニュージーランドに家を買ったという話も聞きます。

あのビル・ゲイツが何故、軽井沢に広大な別荘を計画をしているのか全く不可解です。




そこで、もしアメリカに移住をしたいと考えている方へ管理人が経験した生活に関する事を思い付いた事などを書いて行きたいと思います。


アメリカで家を買う場合は州によって全く税率が違うのでその辺を考えた方が良いですが、まずは移住となると仕事を探さないと無理かもしれません。

大概築数十年ぐらいの中古の家を買うのが普通で新築は気分が良いですが、案外住み出してから水回りのあれこれ不都合が出てくる場合が多いようです。

本当は2,3年ぐらい経ったぐらいが良いという話もありますが、古い方が素材が良い家もあるので、その辺は好みにもよるかもしれません。

税金が高い所は仕事も探しやすいという事にもなりますし、その為日系企業もそのような税金の高い州に多いです。

家探しは知り合いよりも全く知らない人の方が苦情も言いやすくて気が楽です。

管理人は掲示板で詳しい業界の人らしい方に紹介をして貰いました。


契約をしても又もし良い物件が見つかったら一週間以内?にキャンセルして他の物件を契約しますが、これも州によって違うかもしれません。

買う方と売る方に弁護士が付く州もあり、アメリカは各州が独自の州法があるので一概には言えません。

また、契約をすると家周りなど専門業者に頼んで検査をして貰います。

検査をする時一緒に立ち会った方が良いそうですが、これも業者も面倒で終わってから細かく書類で貰いました。

その結果によってキャンセルをするかまた値段交渉をして下げて貰うか、この辺も交渉しだいで結構値段が数千ドルとか違ってきます。

何事も遠慮せずに進めないと後で後悔することになります。

ですので、不動産屋の担当者は知らない人の方が絶対、文句を言いやすいです。

銀行にローンする場合はそれが認められないと家は買えないのでこの辺がまた大変になるかもしれません。

大概この家が良いということになり契約をしますが、クロージングと言ってその日が決済日、お金を払い込む日です。


そのクロージングの前の日にウォークスルーという日があり何処か不備が見つかった場合は折角ここまで進めてきた物件でもキャンセルする事が出来ます。

クロージングの日はお金を払って家の鍵を貰って終了ですが、これも州によってやり方がとても違います。

鍵を貰ったら普通は新しい鍵を作り変えたほう良いそうです。


始めて買った中古の家は40年ぐらい経った家で地下はあっても殆ど使っていなような家でした。

やっぱり乾燥しているのか年数が経っても傷みが少ないような気がします。



先ずはアパートを探してゆっくりと家探しも良いかもしれません。

日本のアパートとアメリカのアパートと一緒でもないです。

日本でマンションのような感じでアメリカでアパートと言います。


アパートを借りる場合は最初その家賃の2倍払ったような気がします。これは息子が借りる時一緒に立ち会いました。


知り合いの話で知りましたが、ある、かの見栄っ張りの多い国民性の人たちはアパートの家賃を払わずに夜逃げがする場合が多いとか。


何処の国へ行っても自分を見失う事なく日本人の誇りを持って生き抜いて、、と頑張るしかありません。


変な行動はそこに住んで居る日本人や、次に続く日本人への印象ががた落ちになって行きます。

何処の国へ行っても一人一人が日の丸を背負っているという気構えを持って行動をして欲しいです。




人気ブログランキングへ

タグ : アメリカ生活「家を買う場合」

21:50  |  アメリカ生活
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。