2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.07 (Sat)

サウンド・オフミュージックの時代の頃



オーストリアの息を飲むような素晴らしい山岳シーンがふんだんに入った映画というとあの「サウンド・オフミュージック」という映画が浮かんでいます。

この間、テレビでミュージカル版を流していました。

一寸だけ観ましたが、映画版を何度も観ていて、そっちのイメージが強く、どうもテレビのミュージカル版が物足りません。

マリアのあの圧倒的な声量ある歌唱力、また、あの大佐の品格のある甘いマスクなど、どれをとっても映画版の方が勝っているような気がしました。

久しぶりにまた、映画を観たくなります。


当時の歴史をもっと詳しく知った今は、前とは違った印象であの映画を観るような気がします。

殆ど、何も考えずに観ていたあの頃、

歴史はどうしようもないひと塊の人たちに動かされていて、そうならざると得ない状況にもって行かれた、その為に国民は総動員される。

歴史は繰り返す、という言葉がありますが、

何も贅沢は要らない、普通の何気ない日々がこれからも続くことを祈りたいと思います。


あの頃、ヒットラーは南米へ逃亡したらしい、という話は微塵も知りませんでした。

何故に、不思議に思っていた事、ブラジル人にドイツ人の名前の人がいて、有名なファッションモデルもその一人です。


驚きましたが、今動画サイトをチェックすると、この映画は実話だと今知りました。


Trapp Family Singers Documentary - Part 1 of 3

http://www.youtube.com/watch?v=i_ifkDgcypE



http://www.youtube.com/watch?v=U9k-jxuOhls



http://www.youtube.com/watch?v=DG7pL8E_sOk




スポンサーサイト
12:49  |  映画・音楽

2009.05.03 (Sun)

Little Dorritが面白い!




新緑の季節になりました。
この時期花粉もかなり降り注いで、窓を開けておくと家の中にまで
入ってきます。
外に車を止めておくと、ガラスが緑色になるほどです。





ピアノの後ろだけペンキの塗り変えが終わっていません。
ピアノ、重すぎてビクとも動きません。
これで、大概殆ど終えたので、今度はこの床のカーペットを剥がす
作業をします。
こちらは人にお願いしようと思っています。






久々にこのイギリス、BBC制作、Little Dorritのドラマが面白く
、先週の日曜で終わってしまいました。
5週続きましたが、その間日曜がとても楽しみでした。





↑何と言ってもファンの Matthew Macfadyenが出演するので、それが
最大の楽しみでした。

話も思った以上に面白く、引き込まれる内容で、昔の
イギリスの市民の様子から、政治を垣間見れるような内容です。

PBS
で、今なら、全部オンラインで観れそうです。
イギリスTV俳優さんの演技力も感じました。こうやって、映画でなくて
テレビドラマとしてじっくりと観れるのは良いです。

Matthewはハリウッド映画出演は少なくても、こうやってじっくり観れる
イギリスドラマに出演している作品があって楽しませてくれます。

まだまだ、Little Dorrit飽きずに観続けられそうです。

05:51  |  映画・音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.06 (Mon)

Live In Gdansk



最新Gdansk Live 5枚DVD&CDBox を買いました。この右側にある白い封筒の中には後で広げたら、David,奥さんのPolly,最近亡くなった Rick Wrightの写真が数枚、コンサート切符、Backstage Pass、Davidサイン入りピック(ギターを弾くときに使う物)、両面使えるポスターそしてスティッカーが入っていて思いがけないオマケに顔も思わず高かったけど買った甲斐があったか。。と綻んでしまいます。その他に無料でDownloadできる曲が数曲あり、今2曲Downloadして早速MP3にも。

Gdanskとはポーランドの自由化を求めて戦ったワレサ議長、後に大統領にもなりノーベル平和賞も受賞していますが、そこは、その本拠地となった場所で、その当時その活動をしていた労働者が80人もその造船所で無残な殺害をされたそうです。当時はまだ電気技師だったワレサ議長は段々その活動に力を入れるようになり、色んな弊害に見舞われながらも後に自由を勝ち取っています。それが発端となってヨーロッパ各地で旧ソ連からの独立の気運が盛り上がったそうです。そんな当時の歴史が↑のブックレットに詳しく記載されてました。

そのメモリアル26周年(8月26日2006年)に先立ってDavidにコンサートをこのGdanskでしてほしいと要請があったそうです。当日の朝にはDavidの家族含め、ワレサ元大統領そして多くの市民が記念塔のある場所に同じ活動していて命を落とした先人達の慰霊碑に献花してました。

造船所の広大な敷地にこのようなコンサート会場を一から組み立て、その様子もドキュメンタリーに入っています。何と言っても先月亡くなったRick WrightとDavidの合唱含めCDだけだと歌だけですが、DVDでその映像を観ると思わず胸も熱くなります。二度とLiveではこのように見ることは出来ません。

このコンサートではこんな時に歌うのにピッタリなA Great Day For Freedomも歌っています。
12:48  |  映画・音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。