2008年10月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.31 (Fri)

ボーナス 7,000万ですって!(怒)



昨日枯葉の掃除している時に発見して、炒めて食べようとしたら苦味がありました。
以前も食べていて、パスタのソースに使いましたが、具が多すぎて気付かなかったみたいです。

まだ残ってますが、食べるのは止めようと思います。見た目は美味しそうですが。

あら?サクランボが~~?
スポンサーサイト
14:19  |  ニュースの話し  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.28 (Tue)

思いかけずにHoney Mashurume





本当は日曜に行く筈の用事があってすっかり忘れてました。昨日、これらの写真を久々に撮って振り返ると。。




これは、どうやらHoney Mashurumeです。
こんなにどっさり一遍に採れるのは久しぶりです。この辺、芝がもし全く雑草がない、行き届いた状態だったら多分、除草剤も多いので止めておこうと思いました。
でも、そこらじゅうに生えているので迷いなく全部頂いてきました。
切り株もあまり古くなり過ぎてもキノコは生えて来ないし、湿度そして温度とかなり微妙な条件が揃ってないと駄目です。

これらはパスタのソースの具に使いましたが、まだあります。香り、甘みもあって最高です。

日曜は生憎のお天気でもし、この日に出かけていたら、
写真を撮ろうなんて思わなかっただろうし、このキノコを発見する事もなかったでしょう。
うっかり忘れた事が、思いがけなくこんなお土産付きでラッキーでした。
14:14  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.25 (Sat)

猫って、案外頭が良いかも!


一番紅葉の良い時期かもしれません。
既にいっぱい枯葉が落ちていて掃除もしないといけませんが、今日は雨降りです。
雨で枯葉掃除が重くなって大変です。







トラが気持ち良さそうです。
この白い敷物は子供が赤ちゃんの時に友人が編んでくれたおクルミで、
トラ用に置いていたらすかさずこうやって自分のものにしてしまう所が不思議です。

どうして自分用って判るんでしょう??
13:54  |  トラ猫  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.24 (Fri)

あれから何年経ったかな?


ナーサリーでお世話になった先生に会いに行ってきました。このロバ君もお出迎えしてくれました。
目がとても優しそうです。
この他にもヤギが3頭いました。
その場所は以前からヤギが居ましたが、今は別の種類のヤギでした。



こんな広いプレイグランドもあってのびのびした教育が気に入ってました。
押し付けでなく自由にその子の個性を尊重してくれる姿勢を前面に押し出していました。


末っ子が此処を出て一体ドレくらいの月日が経ったのか直ぐに思い出せないくらい経ってます。
その後も何度も訪れているんですが、何時来ても何処も変わってない風景が和ませてくれます。
それは相変わらずに優しい笑顔の先生も同じです。
持って行ったものは、クレヨンからパーティーに使えそうなもの、雑誌そして息子の一つのデジタルアートをプリントした物など。以前上げた絵も額に入れて飾ってくれてありました。

この敷地の隣は広大な自然公園もあって、環境抜群です。

月日の過ぎる速さを改めて感じた日です。




ナーサリーの近くにあるファームでは思いっきりハローウィーンの飾りつけがしてありました。
此処でもドーナッツを買いましたが、以前行ったファームのアップルサイダードーナッツには適いません。
雲ひとつ無い素晴らしいお天気でした。
07:26  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.22 (Wed)

嬉しい郵便


(ネットより拝借)
冬鳥のJuncoが2,3日前から飛来し始めました。これは、鳴き声がチチチとそれもグループ行動して、偶に単独でデェッキにやってきます。お腹が真っ白で全体にコジンマリしていて可愛いです。これから来年の春先まで居座っているでしょう。寒くなると羽毛を立たせるので太って見えて余計に可愛いです。






子供がミッド・セメスターの休みで電車で来て、昨日帰りも今回は初めて電車で帰って貰いました。来る時には電車でも帰りは荷物なども増えるからと車で送って行きましたが、今回は電車でお願いしました。
本当に楽です。やっぱり、長距離、それも行き帰りとなるので疲れます。かなり混んで居る場所もあるので。次も是非そうして貰おうか。。その駅までは車で送って行かなければなりません。





昨日の郵便受けには一寸嬉しい手紙が入ってました。
16:13  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.21 (Tue)

20年後?、だなんて!




久々、此方のファームに行って来ました。
雲一つ無い快晴の日でした。
このアップルサイダードーナッツが最高に美味しいです。サク, とそして香も良くて。
又、この左にあるのがアップルサイダーで防腐剤一切入ってません。なので、病人、赤ちゃんは飲まない方が良いでしょう。。。の注意書きがあります。色合いも絞りたてなので赤っぽいんです。
13:31  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.20 (Mon)

夜中の工事


この赤い旗は
17:33  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.19 (Sun)

消えた郵便物は何処へ


これも夕方撮りました。数は少ないですが、咲くと夕方まで咲いてます。



ピーマンの葉っぱの佃煮。これは美味しいです。独特の香が溜まりません。



紅葉した葉っぱと後ろの緑の葉っぱの木は別です。今ぐらいが一番良いのかナァ。。





Mail Boxの郵便物をチェックするのが実は怖いです。
13:00  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.18 (Sat)

Rebateは嫌い!


ピーマン、秋になって良く採れサラダに使ってます。
この葉っぱは佃煮のように料理して食べても美味しいです。
鹿も来てますが何故か最初の頃よりこの葉っぱを食べてないようです。
紫蘇も終わり、バジルは少々、などすっかり庭も秋も深まったような様相になってきています。





携帯を1,2ヶ月前に2個買い換えた時にRebate付きで一台$150ぐらいで、$50のRebateで付きでした。会社に規定な書類を送ると数週間後に一台に付き$50が何らかの形で戻ってきます。チェックで戻る時もあれば、今回は2つクレジットカードのようなカードが送られてきました。何でこんな面倒な事するんだろう。。。と思っていると、その$50を使って会社の方は短期の投資を行って儲けを出そうとしているようです。

こんな回りくどい事をしていて本当に会社は利益を上げているのかとも思います。そのカードを製作するにも、それ専門のサイトを立ち上げるにもそれなりに経費はかかっているでしょう。企業投資に回した分が完全に儲かる保障もなく、今回のような株の乱気流だと逆に損も出ているはずです。

今専用サイトでチェックすると一つはたったの数セントの残高で片方は$7が残っています。
それで手持ちの2つのカード、$7はまだ少しは買い物できますが、数セントはもう使えないのでカードは捨てる事になります。この分、携帯会社は得をする事になり、此方としては損をした気分です。これを全米単位だとかなりな金額になるような気もします。
だんだん、メメしい話になりますが、Rebateなどは面倒なので完全に止めて欲しいです。もし、Rebate付きにするなら、チェックOnlyにして欲しいです。最初、会社に書類を郵送するにも切手代がかかってます。
14:31  |  思った事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.17 (Fri)

Matthew誕生日おめでとう!


34歳のお誕生日、おめでとう



ファンにしてくれるって不思議です。同じ作品を観ても素通りしてしまう人、ファンに陥る人。
偶々図書館の棚から借りた Death At The Funeralを観てから興味を持ち他の作品を観ているうちに知らぬ間にファンになってました。
その前に1,2年ぐらい前 Pride & Prejudiceも観ていた筈なのに、その頃は反応しなかった私がどうしてなんでしょう?

今は殆んど図書館通いも無くなって映画を観る事もめっきり減って、もうこうやってヒョんな感じにファンにさせてくれる俳優さんが又現れるかどうか判りません。

Val Kilmerも同じように偶々図書館から借りた映画からファンになってます。

Death At The Funeralの Matthewは一寸太り気味な為か実際よりもう少し年配者に見えました。これからも魅了する演技でファンを続けさせて貰いたいものです。

ハリウッドの新作が2作InsendiaryFrost&Nixon、が公開される予定なので楽しみです。Frost&Nixonは賞レースにも入り込む噂もあって目が離せません。
06:51  |  ファンの話し  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2008.10.16 (Thu)

プラスチックケースは要らない


これは夕方撮った朝顔です。こんな季節になると一日咲いてます。


これも夕方の写真です。今朝もこうやって蜂が陣取ってました。これくらい丈が伸びた為か鹿の被害から外れてます。


同じ木なのに、これほど対比して紅葉するのも珍しいです。朝晩の温度差が増すに連れて紅葉もどんどん進んでいくでしょう。夜は既に暖房が入っています。








これは子供が買ったゲームやら音楽CDのケースで、中身は全く入ってません。中身は専門のジッパー式の入れ物に入れ替えこれはリサイクル行きです。リサイクルするのにまだ貴重なエネルギーを使ってるという事です。
それでファンのDavid Gilmourは自身のCDはこのような無駄遣いの観点から全てこのようなプラスチックケースは一切使わない薄い紙のケースです。
実は中が空のこんなケースはまだまだ他にもあって、捨てるにも若しかしたらケースはコピーしたCD、DVDなど入れるかもしれないと取ってあるんですが、あれだけの数は必要ないのでリサイクルに回す事にしようと思ってます。
他のアーティストもゲーム会社、全ての所でこのようなプラスチックケースを廃止し、David Gilmourと同じ姿勢を見せてくれたら、それも地球規模の広がりになったら素晴らしい成果だと思うんです。
12:44  |  思った事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.15 (Wed)

危うい!


朝一番に庭に出て咲いているコスモスを採って小さい瓶に入れ、まだ辺りが暗いのでフラッシュで撮りました。
母が好きだったコスモスは、毎年咲かせたい花です。これも仏様に飾ります。
ピントも暗くて巧くあってなかったようでボケてます。



昨日、金融危機真っ只中のある噂されている某銀行に用事があったので行ったついでにSavingに預けてある預金をミニマムバランス(最低限度額)だけ置いてもっと利率の良い銀行に移そうと聞いたら、”ミニマムバランス”を知らないようなんです。近くにある資料を取り出して読んでいるではありませんか?そして同僚の行員に確認してました。
一寸信じられない、こんなだから傾くのかしら??
それに、その口座を開設した時に担当してくれた窓口のテーラーとは違う小さいながらも一つの部屋で仕事していた行員が居ません。既に部屋も硬く閉められていて既に辞めたか、退職させられたか、、のどちらかです。何だか全体が閑散としていて、次に行ったときには名前が変わっているかもしれません。

お金のトランスファーは今は殆んどインターネットでしています。もし、ボケてしまったら、どうなるんだろう・。・・と心配していたら、あるクレジット会社からメールで家族にもしもの時の為にパスワードなども教えて置くべきとの内容が書いてありました。
実はいつもこの事が気になってます。もし、事故で何かあった場合とか?Statementが送られて来ないインターネットOnlyの銀行もあります。
便利な世の中の反面の落とし穴という所かしら??確定申告の頃になると利息に関しての書類が送られてはきますが。
そのほかにe-mailで送られてくる各種請求書、そしてインターネットでの支払いなどに関しても同じ心配が生まれます。切手も値上がりしているのでPaper lessの為の手続きを促してます。確かに送られてくる請求書の後始末にも悩みなんです。一体何年、保管しないといけないとか。。。
14:03  |  思った事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.14 (Tue)

過去に貰ったご褒美



日一日と紅葉が進んでいます。窓から見える紅葉、好きです・・・・
しかしこの後にはヘトヘトと疲れきってしまう落ち葉掃除が待っています。既にどんどん道路に出しているお宅もありますが、まだ家は何もしてません。
単なる林の中は何もしませんが、芝に落ちた葉っぱは避けないと芝が死んでしまいます。それに見栄えが悪く近所から苦情が来るでしょう。
2枚目の左側は網戸のせいで少しくすんで見えます。


[[[



アッチコッチと片付けていてひょっこりと出てきたのがこれ。 Savings Bondで政府発行で直ぐには現金に換えることは出来ないのでしまっていて忘れてました。
注意書きに30年経つと紙切れになってしまうそうです。
これらは子供達が小学、中学の頃に貰ったアワードについていたものです。こんな感じでお金のご褒美をくれます。$200は民間のコンテストで、$50は政府関係のコンテストでした。子供にとっても思いがけない知らせに喜んでました。
$200貰った時の思い出、$50貰った時の思い出があり、今頭の中を駆け巡っていて時の経つ速さを改めてかみ締めています。
$50はどれも絵のコンテストでした。息子は3年やったのでもう参加しないと硬く私に言ってきました。もう飽きてしまった、、と言ってました。今になってもっとやって置けば良かった。。。と後悔しているかどうか。。。

$200はテクノロジーコンテストで長男でした。この頃は将来もずっとこの方面に歩むと思っていたのが、いつの間にかバイオロジー(生物学)です。今でも一つのテーマに向けて勉強しています。
そちらの成果のアワードも貰っているようです。その為には大勢の前でスピーチなどもしなければならず、専門分野の難しい言葉も駆使しているようで何だかいつの間にかこんなに。。。と思う時があります。遠いのでそれを見たことはありません。
PC関係にしても何でも良く知っているので近くに居て欲しかったんですが、まるで反対側の一番遠くに住んでます。
13:39  |  日常生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.13 (Mon)

若かり日の


これは何という名前か判りませんが、子供が食べてみたいというので試してみました。一個$4近くもして何となく私は気が進みませんでしたが。味は酸味があって、プリプリしていて酸っぱいゼリーを食べている気分でした。



昔の株の話をしていたら↓、そういえばあの時のあの出向に来ていたあの方はどうしたかしら???
などと、検索したら、ピッタンコと出てきました。既にかなりの地位に上り詰めているようです。
だからこそ検索に引っかかる事が出来たのですが。
何十年前の顔がそのまんま、でも現在のお年は???なんですが、懐かしい~の気持ちで一杯になりました。

私もまだ其処に入りたて、その彼もまだ駆け出し証券マンでした。その彼がお隣のデスクだったので、暇があるとペチャクチャなどと。。今考えると、あの時独身だったら良かったのに。。。と思えるほど私には好きなタイプでした。(笑) 奥様が2人目のお子さんを妊娠中だったんですが、美人な奥様とお子さんの写真を見せてもくれて、あ~羨ましい!なんて思った事もあった若かり日。声まではっきり覚えています。

これは昔の懐かしい思い出の一ページとして胸に残しておきたいと思います。(ぽ)
09:28  |  思った事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.12 (Sun)

従順なアメリカ人


此花、母は”ミカワリ”だと言ってました。今年は鹿に全滅されて咲かないと思っていてすっかり諦めて忘れてましたが、日本から帰ったらこんな感じに小さくなって咲いてました。そのときに直ぐ写真を撮ればよかったのですが、疲れで後回しにしていたら鹿に葉っぱを食べられ花が下に落ちていたので花瓶に飾りましたがやはり花びらも元気がないです。この種類の白もあったんですが、それは全く今年は咲きませんでした。来年はどうなんでしょう。



何だか、気持ちが急いていてこうしている場合でないような気持ちの毎日です。でも、こうやってまだネットでこんな事をしているのは余裕があるという事なんでしょう。

アイスランドが実は破産だとか、イギリスがアイスランドの資金凍結などと険悪になっているそうで、リーマン・ブラザースの余波はまだまだ続きそうです。

息子の彼女は歴史を専攻していたそうで、何故アメリカ人が政府に従順な人が多いのか、、、の理由についてこんな事を言っていたそうです。

ヨーロッパから渡ってきてまず落ち着くまで教会を頼り、その当時文盲の人も多く、宣教師の言葉を糧に辛い開拓時代を切り抜ける人が多かったそうです。そんな様子はあの「大草原の小さな家」にも出てきました。そんな訳で上からの言葉を信じる人が多く、世界をしっかりと見ようという人は少ないようです。そして今だにキリスト教の政府への圧力は影にあるようです。宗教は怖いです。普通な信者さんはそうではないですが。原理が付く熱心すぎる信者になると度を増し正義を振りかざす所があります。それで、毎日のメディアのニュース、雑誌に翻弄されて直ぐに洗脳に近いようなアメリカ人が多いのかもしれません。。このインターネットの時代に、、、と思いますが、昔からの名残なのでしょう。メディアは全て正直に曝け出している訳ではないようです。

そんな訳でブッシュ政権のような大統領が2期も続いたのかもしれません。この政権ほど、アメリカという国に対して幻滅を感じた事はなかったです。まだ過去には色々ありましたが。日本との戦争当時にまで遡れば確かにアメリカという国は一癖も2癖、何だか目的の為には何でもする。。。というような風にも見えます。

この先もニュースの話しは全て丸呑みにせずにしっかりと世の中を見据えて行きたいものです。まずは、オバマさんに当選して貰わないと困ります。でも、劇的に変わる期待は抱かない方が良いのかもしれませんが。
15:20  |  ニュースの話し  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.10 (Fri)

戦々恐々


紅葉が始まっています。この葉っぱ、虫食いだらけです。


赤紫蘇の葉っぱは塩漬けにして全部梅漬けの中に忍ばせました。今年は青紫蘇、赤紫蘇とも有効に使う事が出来ました。もう、すっかり両方とも殆んど終わりです。青紫蘇がほんの少しまだ食べれます。


今朝こんなキノコを発見。どうやら、図鑑によると St. George's Mushroomのようで以前も食べています。


実家の先祖の一人が株で損をした時期があり、父は株などには絶対手を出すな、、と良く言われて育ってきました。それでもほんの少し、昔勤めていたときの投資会社の薦めで買った事があります。流石にそれは調子よく上がってくれたので儲かりました。その後も2,3の会社の株を保有しましたが、会社を辞めた後は一切買っていませんでした。

今回のこの危機で家も損害が出てしまいました。もう、数字にすると怖いのですが、どうも頭の中がその為に落ち着きません。その状況を詳しくは書けませんが、早くただただ回復を祈るのみです。でも、誰も先が判りません。社会不安は更に経済の低下に拍車をかけるでしょう。不安になると手持ち株を売りたがり、そうなると又株価の下落に繋がります。ニュースの中では75兆円の救済の後は少しは経済安定または上昇するというような風潮もあったような気がしましたが、蓋を開けたらこんな事に。
私は"ウサギと亀"の、亀組みで、地道にもし余分なお金があるなら、定期預金、アメリカだとCD (Certificate of Deposit)に預けます。いつも株の電光掲示板の動きを気にしなくては行けないなんて、、、まだそれは続きそうです。高い税金を払わされてそれは、救済に回され手持ちの投資でドーンと減らされ全くのダブルパンチです。あらゆる方策を使って私達から財産を取り上げようとしている~~~あのくだりの通りです。
16:03  |  ニュースの話し  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.10.06 (Mon)

Live In Gdansk



最新Gdansk Live 5枚DVD&CDBox を買いました。この右側にある白い封筒の中には後で広げたら、David,奥さんのPolly,最近亡くなった Rick Wrightの写真が数枚、コンサート切符、Backstage Pass、Davidサイン入りピック(ギターを弾くときに使う物)、両面使えるポスターそしてスティッカーが入っていて思いがけないオマケに顔も思わず高かったけど買った甲斐があったか。。と綻んでしまいます。その他に無料でDownloadできる曲が数曲あり、今2曲Downloadして早速MP3にも。

Gdanskとはポーランドの自由化を求めて戦ったワレサ議長、後に大統領にもなりノーベル平和賞も受賞していますが、そこは、その本拠地となった場所で、その当時その活動をしていた労働者が80人もその造船所で無残な殺害をされたそうです。当時はまだ電気技師だったワレサ議長は段々その活動に力を入れるようになり、色んな弊害に見舞われながらも後に自由を勝ち取っています。それが発端となってヨーロッパ各地で旧ソ連からの独立の気運が盛り上がったそうです。そんな当時の歴史が↑のブックレットに詳しく記載されてました。

そのメモリアル26周年(8月26日2006年)に先立ってDavidにコンサートをこのGdanskでしてほしいと要請があったそうです。当日の朝にはDavidの家族含め、ワレサ元大統領そして多くの市民が記念塔のある場所に同じ活動していて命を落とした先人達の慰霊碑に献花してました。

造船所の広大な敷地にこのようなコンサート会場を一から組み立て、その様子もドキュメンタリーに入っています。何と言っても先月亡くなったRick WrightとDavidの合唱含めCDだけだと歌だけですが、DVDでその映像を観ると思わず胸も熱くなります。二度とLiveではこのように見ることは出来ません。

このコンサートではこんな時に歌うのにピッタリなA Great Day For Freedomも歌っています。
12:48  |  映画・音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.10.06 (Mon)

フィラデルフィアのイタリアンマーケット



昨日は前から行きたいと思っていたフィラデルフィアにあるイタリアンマーケットに行ってきました。この辺は映画も出てくることが多く、イタリアンマフィアも介在しているような話も観ています。一寸怖いながらも興味もあった場所でした。しかし、思ったほど安くなく、通りはこんな感じで雑然としています。

映画監督のスコセッシ監督はNYのイタリアン街の近くに住んでいて小さい頃ある日、ふと入った教会の厳かな音楽含め別世界のような場所にすっかり魅せられてその後熱心なキリスト教の信者になったようです。
イタリア人というより、スペイン語が結構耳に入ってきたし、一寸だけと思って入って食べた店はメキシカンでしたし、アジア人の店あり、黒人の店あり兎に角騒然な場所でした。この日は日曜だったので閉店の店もあり少しは静かなようです。


この店はみっちりと置かれたイタリアの食材。それもそれほど安くなかったです。オリーブの数えきれない種類のピックルの入れ物も所狭しと置いてありました。


これは息子はツナだと言って、買って自分で捌いて食べたいというので、ツナだったら、Tsunaと書くのにこれはAB~~~?と書いてあって絶対ツナでない、、と言ったんですが自分でも確信もなく。多分、かつおだったのかもしれません。結局、店の人に刺身には無理と言われて息子も諦めました。

ここの良かった事は駐車所が一日置いておいても$3と中央フィラデルフィアに比べるととても安い事と偶々入った小さなメキシカンのお店のスープがかなり美味しかった事。トルティーアチップがどっさり出されたので私はスープだけ注文しましたが、それがボリュームたっぷりでお腹も大満足。

中央のセントラルフィラデルフィアは場所がなくて駐車場がかなり高いことと、路上駐車できる場所が少なく、いつも満杯なので一寸食事するだけで結構高く付いてしまいます。食材は思ったほど安くなかったイタリアンマーケットですが、ランチを食べるのにはあの同じ駐車場に止めて又あのメキシカンの店に行っても良いと思ってます。
12:40  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。