2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.24 (Fri)

前原外務大臣に水間条項さんの記事をご覧になって一人でも多くの方が緊急に要請書を送るべき!

  


水間条項さん:
《泥棒の国、中国といかに向きあうか。不可解な中国人船長処分保留で釈放!》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-142.html




前原外務大臣に水間条項さんの記事をご覧になって一人でも多くの方が緊急に要請書を送るべき!


政府の対応に怒り心頭です。結局日本人で無い人種が政権を握っているという事がはっきり、いっそう良く見えてきました。

中国人が影で笑っているのが判ります・。

民主党を選んだ国民も悪いです。

しかしもしこのまま行けば、日本が中国に乗っ取られる事になったら、日本に住んでいる在日も共に、日本人と同じような憂き目にあうという事が判っているのでしょうか。

日本企業も出来るだけ早い内に撤退すべきだと思えるのですが、又反面、それが簡単ではない事も手に取るように判ります。この円高で輸出を抱えている企業は2重の痛手になります。ここでコストの高い日本で全て製造となったら、多くの中小企業は倒産しか道が無いでしょう。

それによって国内に不労人口が増える一方になってしまい、税収入は落ち込み日本の経済はガタ落ちです。

そんな経営者たちのジレンマが伝わってきます。

最近のアメリカのニュースでも、ある環境事業の工場を建設する為に政府に補助をお願いしていたようですが、結局良い返事が貰えなかったそうです。そんな時、中国から良い条件の話しを持ちかけられて、最終的に中国で工場を建設する事になったとか。

このように巧い話でどんどん外国企業を招致して、後で痛い目に合わせるのが目に見えています。

日本企業も同じように安い工賃や、巧い条件を提示され、多くの企業がその蜜の味に吸い寄せられるように中国へ乗り出したのだと思います。

まさかこんな日が来る事を予想をしていなかったのでしょう。しかし、いよいよとなったら引き揚げないと命を狙われる事になるかもしれません。本当に猶予を許されない状況です。

ただ手をこまねいていても、状況は悪化するばかりです。

可能性のあることをどんどんやっていく事が今私達の出来ることです。


何とか前向きな、前原外務大臣に水間条項さんの記事をご覧になって、是非一人でも多くの方が要請書を送って欲しいです。

もし、この尖閣諸島をまんまと明け渡してしまったら次々に難題を吹っかけては日本の領土に侵食して来るが目に見えています。

中国に自由にさせないぞ!の意気込みが今こそ必要です。多くの、日本を守る為に戦った英霊を、今こそ決して忘れてはいけないと思います。


☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

★水間さんが仰るように、今こんな政情不安極まりない状況下に「旗」として、是非
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』をより大勢の人読んで頂き、それを又クチコミで広げて行き、一人でも早く洗脳を解いてあげるようにしたいものです。

愛国心を育てよう!
日本人としての威信を!
などという言葉のあやふやなものでは、彼らのような強引な剥き出しの強かさに脆くも崩れてしまうでしょう。

本当の歴史を資料本
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を通して心から感じる必要があります。

そこから、自然に愛国心が芽生えてくるものです。


◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆
水間条項さんのSAPIO記事で、
今こそ中国人の強かさを知らせよう!


水間条項さんの「SAPIO」の記事を読むように、奈良県の平城遷都1300年記念事業推進局に「中国人銅像建立白紙撤回」の要請の時にお願いしてみてはどうでしょう!

◆奈良県の平城遷都1300年記念事業推進局に「中国人銅像建立白紙撤回」の要請をする時に、水間条項さんのGooブログに掲載されている、「SAPIO」の記事を読んで頂き、これでも日中友好などと甘く捉えていて良いものか、とお願いしてみたら如何でしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

是非、読んで頂きたいものです。

◆抜粋◆

●昨年12月の「日中歴史共同研究」の発足を受けてのことだと考えられる。最近では中国の学者が「30万~40万人説」に疑義を呈し始めた(『産経新聞』2月1日付)。しかし、これはなにも中国が「南京大虐殺」の看板を下ろそうとしているわけでは決してない。

数にこだわらないかわりに「南京大虐殺」だけは規定事実にするという戦略転換をしたと見るべきなのである。そして「日中歴史共同研究」で、日本側に「南京大虐殺」は歴史の事実だったと認めさせ、南京虐殺記念館の「ユネスコ世界文化遺産登録」を目的にしているのだ。

さらにその先には、「歴史の事実」である「南京大虐殺」について謝罪しない日本は「常任理事国」になる資格がないと外交カードにする目論見がある。

● 修学旅行で中国に行き、反日記念館を巡り、謝罪外交ならぬ「謝罪修学旅行」が日本の高校などで行われていることが以前から問題視されてきた。これらの「成果」は、世界の反日包囲網の主戦場であるネット世界で強力な“反日ネット戦士”の誕生として現れるであろう。
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/891e1f4e08ee491eea3017a619a9bc50


●中韓は、戦略転換を行なったと見るべきだ。つまり日本への正規の外交ルートを使った直接的な抗議・圧力とか、市民によるデモなどの「日本に対する直接行動」を放棄する一方で、ハリウッドで映画を制作したり、ネットで宣伝戦を展開するなどして、欧米人に対して日本人の非道ぶりをアピールする戦略を強化しているように見える。

とりわけ「南京虐殺70年」を強調し、ナチスによるユダヤ人虐殺と並ぶ人類史上の大事件へとフレームアップしようという目論みが目立つ。

知らぬ間にネット世界に張り巡らされた「反日団体の罠」の全貌を暴く。

いま世界に反日の「ABCD包囲網」がネット上で敷かれている。それはどのように張り巡らされ、「世界ネット大戦」は日本に何をもたらすのか?
“反日バスターズ”の第一人者がその全貌に迫る!〉

http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/91fc90ba8074d6ec2153c3567ef09b62

抜粋終わり~ 

◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

水間条項さんのブログに「SAPIO」の記事が更新される度に、底知れないじわじわと迫ってくるような中国の強かさを感じたものでした。
日本人とは到底相容れない民族だと思います。

是非、まだ読んでない方、水間条項さんのGooブログの記事も読んでください。

奈良のこの事業の担当者に読んで貰うように要請の時にお願いしましょう。

メールアドレス等はトップのの水間条項さんへお願いします。

◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆☆*:、。◆

@@@以下の抜粋の水間条項さんのお言葉に注意です!。国会答弁の資料を作成中のようです。それまでに、この資料本を国民的な盛り上がりに持って行くことによって、民主党をより追い込む事も可能になります。

★民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「旗」に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

★数百万人の反対署名より効果的な答弁を引き出して戴けるように、質問資料を準備しますので、皆様方に於かれましては、一人でも多くの友人に同資料本の存在を、口コミ(メール)で広げて戴けたら幸いです。

~~~

渡部昇一先生のお言葉(「正論」10月号)を言い換えれば

保守(議員、言論人、一般)の人は『朝日新聞の報道した「日韓併合」の真実』を全員読まなければなりません。この本を読んで周知拡散しない人は保守と呼ぶ資格はありません。」 という感じになると思います。

資料本をどんどん有効活用して日本人の誇りを保つ為に拡散宣伝する行動は、普通の人よりも早く気づいた保守の人しか出来ない事です。

他の護国活動と一緒に此方にも力を入れていきましょう。

こんな鬱憤のたまるような状況下に、出来るだけ早く一人でも多く覚醒させる事、それが活気ある日本に生まれ変わっていく事に繋がります。

渡部昇一先生も絶賛!『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』の動画を拡散しましょう!


(動画制作者のytvidscollection さんに感謝しています。)





昨日、出張八百屋さんの来る日でした。昨日は白いトウモロコシを買ってみましたが美味しかったです。

昨日はアミッシュとは別のもう一軒のパン家さんのぶどうとくるみがタップリのフランスパンを買いましたがとても美味しいです。

(管理人)

◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆

頑張れ!日本人 騙されない為の「真実を見抜く目」を!

「尖閣諸島を守らなくては・・要請書を送るぞ~」一刻の猶予もありません、民主党は最低と思う方はクリックを!


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
15:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。