2011年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.18 (Mon)

ウォークスルー(Walk Through)をしました!その後にびっくりな!





今日はウォークスルーをしました。その後に予想していない事が。。

クロージングの最後の点検で何か飛んでもない状況になっていないかの最後の確認です。

この時点でキャンセルも出来るそうですが、そんな人もいるのかしら。


最近はエージェントにあれこれこまごまと質問していて本当にクロージングが出来るのか、鍵は本当に貰えるのか心配の日々でした。

ガレージがインスペクションのときは開かなかったのでどうなったか、後ろ側から手で開けられるのかどうか、など細かい点検をして、すべて自分でも実際に開けてみました。


これで明日は鍵を貰えますか?と質問したら、何と、「今上げる、、」とウィンクしながら言うのです。



わぁ~~、今から引越しできるの??と、思いましたが、まだ電気が全部通ってないみたいです。

今朝は、19日は使いたいのでと電気会社に電話しました。

水道も同じく電話して、これから家の保険の電話をして契約するつもりです。


と、言うわけで今、鍵が手元にあり、今までの不安が嘘のように気持ちが晴れ晴れです。

本当に今、顔が思わず笑ってしまうほどスカ~とした嬉しい最高の気分です。

最近は、この鍵の事ばかり考えていたので。

この日をどんなに待っていた事か!


普通なら鍵を直ぐに他の鍵と取り替える必要があります。

ガレージの横にはキャンピングカーも止められるゲートもあり、そこの鍵がありません。

これはリストしたエージェントに聞いてみると言ってくれていますが、無かったらこちらでプロを呼んで外してから新しい鍵と取り替える必要があります。


エージェントは19日がクロージングなので、タイトルカンパニーのOkayが必要なので、それが取れたらいつでも引越し可能だと言う事で、その時は直ぐにメールをくれる事になっています。

エージェントは前の日に鍵を渡すのは違反であり、メールに示す事で証拠となる可能性もあるので、メールにも書かなったのでしょう。

繰り返し質問しても何故かこの事に触れてないのです。

あれ、ここまで来たけど大丈夫かな、、の日々でした。


最後はどうも今までありとう、とお礼を言いました。

エージェントもGood Luck Congratulations!と 握手してくれました。


ありがとう!!と、私はこのエージェントに感謝の気持ちです。

私の下手な英語でも一生懸命に付き合ってくれて、50件もの物件周りも一生懸命によくやってくれました。

それも最初の45件ぐらいは全部エージェントのところからかなり遠い場所で、買った物件が一番最後の頃に見た物件でエージェントのオフィスからも一番近いとは皮肉なものです。



エージェントは売買が仕事なので、その後のケアは関係ないそうですが、よく引越しした後の色んな情報をくれました。

実は、何でも聞いてくれ、と言うので、私が頼んだので調べてくれました。

紹介された、屋根屋さんにもそのうちに連絡を取るつもりです。


一度は信用できないかしら、とか思ったり、他の人に替えてしまおうかと思った事が2度ありました。

替えなくて良かったと今思っています。


ありがとう!!本当にありがとう!! 


それにしても家を売ったときのクロージングから比べて大丈夫かな?と思うくらい簡単です。

DEED(証書)はタイトルカンパニーから送られてくるようです。


今は明日の引越しOKメールを待っています!!

北東部から新天地へ着いて以来、今日は最高の日です。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
15:25  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.07.15 (Fri)

クロージング明細書類が届きました!

思った以上に早くタイトルカンパニーとエージェントから添付で送られてきました。

タイトルカンパニーは全ページ、エージェントは一部添付で送ってくれました。


早く届けば良いと思っていましたが、受け取ると一つ一つの項目がこれで良いのかどうかの心配になってしまい、知り合いに添付で送って確かめて貰いました。

以前、家を売ったとき不動産弁護士はすべての項目をチェックして不備があると相手側に訂正を求めてくれるはずです。

ここでは頼りは自分のエージェントだけです。

エージェントは大丈夫と言ってくれました。


お金はクロージングの日に引き渡すのでなく電子送金で直ぐに送金する必要があるというのも、びっくりです。

これも以前の州と違います。

北東部ではその場で両方の弁護士が揃って書類のサインをしたり、家の売った分のチェックを貰ったり、鍵を渡したり、すべてその時に済ませました。


あるところでタイトルカンパニーがお金を持ち逃げしたという話を読んでいたのですが、どうしてそんな事が出来るのか不思議に思っていました。

同じテーブルでその場でクロージングをするのに、どうして、持ち逃げが出来る??

しかし、ここの方式でクロージングよりも前に送金を済ませば確かにそんな詐欺のような事が出来てしまいます。


今日は銀行に行って電子送金をして、借り間住まいの家に戻って書類にサインをしてタイトルカンパニーとエージェントに添付で送りました。

今はただただ、何事も無く無事に引越しができる事を祈っています。


これで大幅に不思議な柑橘類が植わっていて、鳩が巣作りをしていて、セキュリティードアのある家に近づきました。



無事に予定どおりにクロージングが出来て鍵も全部貰えますように!

契約書のどこかに鍵を全部持っているとは限らない、という項目がありました。 

フォークロージャー物件のAS ISはちょっとした不備は諦めるしかないようです。

その代わり、普通の物件よりも割安で買えてます。



(カメラ撮ったのですが、その後電池が無くなってダウンロードが出来ず、写真を載せる事ができません。肝心の電池を充電する物が不明になってしまいました。トホホ!)


引越しの日まであと一歩!時間をどんどん早送りしたい気分を今、久々に味わっています!


人気ブログランキングへ


20:12  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.13 (Wed)

フォークロージャー物件 値下げ交渉 成功しました!

ama.jpg



(アマリリス、すくすく伸びてとうとう早々咲いてしまいました。
本当は引越し先で咲いてくれたら理想的でしたが、多分また芽が伸びてくるような気がします。一度咲くと長く咲いてくれるのでとても有り難い花です。)



家の値下げの値段交渉をしていましたが、売り手側からこれくらい下げるがどうか、と打診があり、それでオーケーしました。

これで数千ドル値下げした価格で安く買えることになってほっとしました。


若しかすると、他の人にこの物件が渡ってしまうのでは無いか、、などという事も心配で、この返事が来るまで気が気でありませんでした。

AS Is なのに、値下げとは。。。と、売主の銀行に嫌われてしまったらどうしよう、、、などの心配も脳裏にあったり。

それだけあの物件にすっかり惚れ込んで気に入ってしまったのでしょう。


もし、交渉に応じて貰えなくてもオファーを引っ込める事は絶対にありえませんでした。



オファーを出して、受理して貰えるかどうかの時も、今回も最近はエージェントからのメールにドキドキです。

これからは、いよいよ売り手側からクロージングに向けての明細の書類が添付されてくるようです。

それによってクロージングの日が決まるとか。

何だかドキドキしてきました。



若しかするとこれからが長いのではと心配になっています。


今日も買い物ついでにオファー物件の辺りを眺めてきました。

不思議なかんきつ類、塀の外側からですが、かなり丈もあり、梯子が無いと高い方の実は採れません。

梯子はトレーラーに入っているので大丈夫です。

まだまだ、グリーンボールのままでしたが、私が引っ越して来るのを待ち構えてくれているようです。


又、少しあの家に近づけたような、そんな日でとても嬉しいです。

早く、柑橘類の木の下でじっくり緑の実を眺めたいものです。

他にも丈の高い、松のような木も植わっていました。

一つ一つのチェックは引越ししてからのお楽しみ!



早く来い来い、クロージングの明細書類!!


人気ブログランキングへ

19:21  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.12 (Tue)

家の売却の時、不動産業界の事が分からないくて損をするところでした!

tsutsuji.jpg


(引越しの頃つつじが咲いていました。これが見納めで来年はどうなっているんでしょう。)



話が前後になってしまいますが、北東部の家を売りに出した頃の話を綴ってみようと思います。

子供が高校を卒業すると、不動産税の安い地域に引越しする人はアメリカでは珍しくありません。

当然、そのつもりでいて一番下の子供が高校を卒業の頃はさっさと売り払おうと思っていました。

今考えるとあの頃不動産が一番高く売れた時期でした。



時期は逃しましたが、地域や環境が良かったという事で、こちらの提示価格よりもどんどん跳ね上がって高く売れました。

ここからNYCまで通勤圏内であると言うことはかなりな強みでもあったようでした。

やはり、場所が良いというのは強みです。


オファーは幾つもあり、一つのオファーの後、もっと良いオファーがあるとそっちに乗り換え、また、その次に良いオファーがあると、そっちに乗り換え、の繰り返しでした。

その都度契約書にサインをしましたが、一体何回契約書にサインをしたか数えていません。



一番最初のオファーは全く市場に載せないでエージェントが自分の知り合いに売ろうとしていました。

その頃私は全くの素人、この業界のことが全く分かっていませんでした。

エージェントが家の写真も撮らずにいて、いきなり、売れた~とドア越しに言ってきました。

まだ、そのエージェントと契約しただけで不動産会社の看板も前庭に立っていない頃でした。



そのエージェントは買い手にかなり安い価格で売ろうとしたのです。

その前に私にどれくらいの価格が適当か、と聞いてきましたが、私は良く分からず、どこか口車に乗せられるような感じだったかもしれません。

エージェントにしてみると、それでも自分で受け取るコミッションが多いのでその方が良いのです。

不動産は市場にリストするエージェントが自分で買い手も見つけると、家の売り価格の5~6%のコミッションは全部自分の物になります。

市場に載せると、いろんな人がネット上で見て、いろんな不動産屋のエージェントが買い手を連れてきます。

もし、その買い手が買った場合、コミッションは50%づつ分けなくてはいけません。



こちらは売れなかったらどうしようと、思っていたので、その信じられない速さに、良かった!、と喜んで日本の旦那に急いでメールしました。

最初の値段は安すぎるかもしれないと私でもちょっと不審に思い、少し上乗せして貰いました。

日本にメールして喜んで貰えると思ったんですが、旦那はカンカンに「安すぎる」と電話してきて、直ぐにその契約を断るように言ってきました。

忙しいようでも市場の動向を旦那はある程度把握していたようです。

私は既にサインをしてしまったのですが、もちろん半々の持ち物なので私一人のサインで成立するはずがありません。

あるところで、市場に載せないで売るのは売り手が損をすると言うことを知りました。

(つづく)


知らないとは恐ろしい事です!

人気ブログランキングへ




17:25  |  北東部の家の売却  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.10 (Sun)

フリーウェイにある Rest Area は便利です!

hoku.jpg


(北東部を立つ時、知り合いが引越し先をあの場所に決めたのも、子供さん達が全員が飛び立ったからできることで、もし一人でも心配だったらこの辺に留まっていたかもしれないね、と言われました。


子供達がそれぞれが巣立って、家も売ってしまったので、彼らの実家と思える場所が無くなってしまいました。

そんな事もあり、今度の引越し先は新しい彼らの偶に帰ってみたい実家となるようにとメールしてはその様子を伝えています。

早速行ってみたいので、引っ越しはまだ~と言っている子供もいます。


末の娘も此方に出発する数週間前にタイミングよく自分の技術を生かせる職場が決まって本当にラッキーでした。

今はすっかりより仕事に慣れてきて、本人も頑張っているようなので安心しています。)




rest.jpg

(Rest Areaはとてもきれいでフリーウェイには数十マイル毎に用意されています。ここはペンシルベニアのRest Areaと思います。)


此方へ来る時、高速道路はGPSの示した通りとは違い、最初の頃は地図で自分で良さそうと決めた高速道路を選んでいました。

ペンシルベニア州はアパラチア山脈もあり、そんな山間を削って道を切り開いてある箇所もありそのごつごつとした険しい岸壁は見ものでした。

大概、ドライブも飽きてきた、と思える高速道路に日本で言うレストランも設置してあるようなドライブインと違った、トイレと簡単な水や飲み物、スナックの自動販売機が置いてあるRest Areaの休憩所の場所があります。

そこは広い普通車とトラックとパーキングの場所も分かれています。

それも州によって統一されていて、そこでトラックの長距離運転手は寝る人が多いそうです。

フリーウェイなので、こちらは全くお金は払わなくても立派な休憩所で州の予算で管理しているのでしょうが、利用者としてはとてもあり難いです。

フリーウェイの道すがらには、ドライブインのような場所はそのフリーウェイの道路上には無く、一旦道路の外に出て一般の道にあるマクドナルドなどの店を探します。

それが面倒で、トイレなどはフリーウェイ上にあるRest Areaで済ませる事が多いです。


人気ブログランキングへ




18:30  |  新天地への途中  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2011.07.10 (Sun)

荷物は今ABFという引越し会社のトレイラーの中!

abf.jpg


(↑このABFの引越し会社に頼み、この中に今荷物が入って、ある場所で保管されています。一ヶ月分の保管料もしっかり取られているので、早く引越しをしたいのですが。

それに中の荷物が心配でもあります。今のオファーを出している家は北東部の家と違ってかなり狭いので荷物が入りきれるかどうかも心配になってきました。

引越しをした後に、大分処分をしないといけないかもしれません。

最初から処分をしてもっと小さいサイズのトレイラーだったらもっと安く済みました。

実は娘は現実的で全部ここで売って、向こうで買った方がずっと安いよ!!、と。でも、ピアノは売ることは出来ません。 好きなダイニングテーブルも使いたい、と思うと結局こんな風になってしまいました。全く、引越し料金と保管料など考えると、確かにおかしな事をしていそうです。

中に荷物を積んでくれる人は3人と言う事でしたが2人しか来なかったので、ピアノを入れる時はかなり大変そうでした。あの時、この人たちの為にピザを頼みましたが、そのピザ配達マンに丁度手伝って貰っていました。チップもちゃんと上げて置いて良かったです。 全部の荷物、いろんな物が無事かどうか気になります。)




新しい場所に引越しをすると又体力も使ったりいろいろやる事もあり大変だと思いますが、今ちょっと余裕があるので、ここまでたどり着いた経緯を書いてみます。




これから、老後を迎えるとき、できるだけシンプルな苦労のない場所がより理想的で、そんな場所を探しているとここが一番良さそうでした。

娘や息子ともかなり遠くなってしまいました。


向こうで、引越し先を決めてからは、時間が空いている時は地域情報を集めて着いた後も直ぐに困らないようにと、思っていました。

たどり着いて泊まるモーテルも決めていました。

本当は一週間ぐらいの期間、現地に飛んで新しい物件の目星をつけて置けば良かったのですが、そんな時間の余裕がありませんでした。

私、殆ど一人で不動産弁護士とのやり取りをせねばならず、あの家は日本に居る旦那と半々の持ち物なので、日本にもメールを転送したり、旦那の考えもあったので、その事の確認をしたり何かとやる事があり、あの家を離れる事は不可能だったので、今こうなってしまうのは仕方がありません。

一日、最高、今まで休み休み6時間ぐらいのドライブでも疲れてこれ以上は無理と思っていました。

所が、いざこうやって荷物をミニバンに積んで数日間のドライブは予想以上に大変でもありませんでした。

車が無かった昔、ヨーロッパの移民は東海岸から西を目指して、ある場所ではインディアンとの戦いもあったり、命からがら、新天地を目指して少しづつ馬車を前へ前へと進めていたのでしょうと、車を運転しながら昔観た、幌馬車隊のドラマを想像しました。

更に平坦な道ばかりでなく、山道はあるは、川はあるは、本当に昔の開拓者はどれほどの苦労をして西までたどり着いたのかと。

西側に住んでいる人の方が体力的に強く、体格の良い人が多いという話は本当かもしれません。



人気ブログランキングへ

16:27  |  新天地への途中  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.10 (Sun)

フォークロージャー物件最後まで気が抜けません!

ringo.jpg

(北東部を立つとき、こんな風に自然に生えてきたりんごの花が咲いてくれて、私の出発を祝ってくれるようでした。あの木はまだ元気にしているか、または新しい買い手によって切られてしまったか、もう私の知る由もありません。)



今のAエージェントと実際に始めて物件周りに行こうと約束した朝に、実はもう一人のBエージェントとも連絡を取り始めていて実際どっちのエージェントと物件回りに行こうかと拮抗していました。

以前からメールで様子を聞いていた今のAエージェントには悪いと思いながら、もう一人のBエージェントの方は結構大手で、おまけにクロージングの後にお金が買う家の金額に応じて貰える、という魅力についつい気持ちが動かされてしまいました。

そんな拮抗する時、幾つかの物件も同時に見たいことを伝えて本当に一時はどちらにお願いしようかと最後まで迷って夢まで見てしまいました。

夢の中では前からのAエージェントが別のBエージェントに関して私に止めた方が良いと言っているのですが、本当に不思議な夢です。


普通は物件を見に行くとなるとその前の日ぐらいには既に時間と場所も決まっているというのが考えられますが、前日はまだ決めていませんでした。

所が2人とも、当日の朝、メールのやり取りで決め、向こうから指定してきた場所が時間も二人とも何と同じだったのです。

そんなメールの返事が早い方がAエージェントだったのが、今に続いている切っ掛けだったかもしれません。


Bエージェントの方が返事が遅かったばかりでなく、どうも大手ではあっても、見れる物件数が限られていて何軒でも見れるという訳ではないという事も知りました。

それがずっと引っかかっていたことも、やはり前から頼んでいたAエージェントにお願いしようと思ったかもしれません。

限られた物件の中だったら、今のオファーを出している物件にはめぐり合う事は出来ませんでした。

どこかで帳尻が合うようになっているような気がします。

こう考えても、50ぐらいの物件を見せて貰えた、やはり、Aエージェントで良かったのだと思います。


毎回、自分の写真を載せた、私が希望していたような似通った物件をリストしてメールを送ってくれていましたが、その写真はどうせ営業用写真用で本当はもっと違った印象に違いない、と勝手に決めていました。

ところが始めて物件回りの初日、その第一印象がとても予想以上に良かったのです。

また、声が歯切れが良くて素敵でした。

普通日光が燦燦としているときはサングラスをかけますが、決して私と話をするときはサングラスを外しています。

これは礼儀なのかどうか分かりませんが眩しくないのだろうかと、変な心配をするときがあります。



始めての物件周りの5月の下旬近くからもう既に何週間も経ちましたが、今一番期待しているメールはやはりこのエージェントからの良い知らせのメールです。

その都度、いやな話でない事を祈りながらメールを開けていますが、来週は更にそんな気持ちが強くなりそうです。


あのフォークロジャー物件、どうか無事に私が引越しが出来ますように。

偶にこのような物件は買った後に面倒な事になる場合もあるようです。

中にはその為に売るときになって売れないような話もネットで話しています。

このことに関して、心配なので不動産弁護士を雇った方が良いかどうか、エージェントに尋ねても「この辺は大丈夫、タイトルカンパニーが全てやってくれる。」と、つれない返事が返ってきました。

しかし、タイトルカンパニーは売り手の銀行が指定しているのです。

何だかこの辺が納得が出来ません。

売り手の片方が指定ってどうも変ですが、それがこの辺の決まりだというのです。

その辺で後で面倒になる場合があるというので、信用せずに最後までしっかり書類を見る必要はあるようです。

何と言っても銀行は常に損をしないようにしている機関でもあり、こちらとしても最後まで気が抜けません。


引越ししたら、防犯用に犬を飼いたいな、、、と思っています! 早く近くのシェルターに行って、犬ちゃんとの出会いの段取りになりたいものです。

人気ブログランキングへ

14:27  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.07.09 (Sat)

フォクロジャー物件を実際現地で見ないでネットで見ただけでオファーを出すのは怖い!

yellow.jpg


新天地に着いた頃この黄色の花が満開に咲いていて賑やかに迎えてくれました。

もう殆どが散っていますが、まだ少しだけこうやって残っています。

ここで始めて見る花で所変われば、花の種類もこうやって変わった種類の花を見ることが出来ます。



屋根が予想以上に傷んでいたので、それを理由にAS ISでも値下げ交渉をするようにエージェントにお願いして、向こう側に交渉をしてもらっています。

向こう側のエージェントから屋根の様子を調べて検討するという内容のメールを転送してくれました。

来週は良い返事を期待しています。



もう長くなるとへ一部屋の借り間住まいもいい加減に飽きてきます。

自分の自由に出来ないという苛立ちと、いつまでここに居なくてはいけないのかしら、、という気持ちと複雑に絡みあって一寸疲れてきました。

他のモーテルに移ろうにも荷物を入れたり出したりの面倒さ、また植木もあるので、きっと何かを言われる恐れを考えると、もう一息我慢!と自分に言い聞かせているところです。

モーテルの方がやはり気楽です。


一日でも早く無事に鳩の巣がある、不思議な柑橘類のある家に引越しを終えたいものです。

自分の本当の居場所が無いとは本当に不自由なものです。

今被災地では、まだ仮設住宅に入れない人たちの事を考えると、とてもそんな事を言っていられない気持ちにはなりますが。



今はひたすら、エージェントからの良いニュースのメールを待っています。


最初にオファーを出した家はその後どうなったかというと、今は$4,000値上げして売りに出しています。

カウンターオファーの後、キャンセルして数週間、また、オファーを入れようとした所、全く音沙汰が無かったのですが、こんな計画があったとは、まったくフォークロジャー物件は分かりません。

売主の銀行の貪欲さが窺えます。

ある所で知りましたが、最初は安く提示してオファーが多く集まると、暫くして今度は値を上げるという話をしていましたが、全くそれと同じ事をこの持ち主の銀行がやっています。

私は向こう側の提示価格でカウンターオファーを出したので、もう既に外れと言う事です。

でも、やはり最初に気に入った家でもあったので、その後も何故か追ってしまいます。



まだ、前の家のクロージングを目前にして、引越しの用意で大変だった頃からこのエージェントとのやり取りはいろいろ始まっていて、良さそうな物件を買ってしまおうか、と思った事もありました。

私の乗り気に、エージェントもまだ実際にこの目で見てない物件の契約書を添付してきました。

それが、前の州の契約書と違っていてかなり紙の枚数が多いのです。

毎日あたふたしてい忙しい時にその契約書を読むだけでもとても出来ませんでした。

そんな訳でネットで見ただけの物件の契約にサインをするのはいかにも危険な感じでやっぱり出来ないと、躊躇してしまいました。

契約書の枚数も多すぎてそれだけで気が遠くなりそうでした。

若しかしたら、あのエージェントも実際に見てくれて大丈夫と言ってくれたのですが、それを信用してすべてサインをして話を進めていたら、今頃はその物件の家でのんびりと足を伸ばして寛いでいたかもしれません。

その頃は、このエージェントも本当に信用出来る人物かどうかも疑心暗鬼でした。



まさか、こんなにいろいろと手間がかかって売り手の返事待ちにいらいらするとは思っていませんでした。

ネットだけでこんな大きな買い物をしている人は結構いるようです。


前の家もネットで見たと、休暇中のバハマから問い合わせた人もいたと、前の家のエージェントから言われました。



来週早々に、エージェントから、良い知らせが届きますように!その家に引越しの頃、鳩さんの卵の雛が巣立って飛び立っているかな?


人気ブログランキングへ


14:21  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2011.07.03 (Sun)

フォークロージャー物件の検査が終わりました!何と鳩が巣で卵を温めていた!

Untitled-1.jpg


(久々写真をアップしてみました。
オファーを出した家に成っていたのが不思議なまだ黒っぽく見える緑のボールの柑橘類です。
豆のような成る木もあって、その左には新天地で初めて見た花が咲いていました。)



前回更新の困った問題があっさりと解決しました。

タイトルカンパニーの担当者が最初の人から代わり今3人目になっています。

このまま、この人でクロージングの日まで行って欲しいです。



やっと銅のパイプの設置が終わったので検査をしてもらいました。

思った以上に屋根が傷んでいたので直ぐに葺き替えをしなくてはいけません。

向こう側も検査した結果もあり、それとこちら側からの検査の結果に一寸違いがあるので、それを理由に値下げは可能かどうかをエージェントに尋ねています。

向こう側は水漏れは無いとはっきり書いてありましたが、こちらのインスペクターは水漏れを天井の痕跡で示してくれました。

修理代が嵩みすぎる場合はコントラクト自体もキャンセルする人もいるそうですが、今となっては物件を気に入りすぎてしまい出来ません。



そうそう、山鳩の巣がパテオの軒下にあり、卵を温めていました。

これは良い事の兆し?と思ってそのままにしておこうと思っています。

ドアがあるはずの所が無いので入って巣を作ったようです。

エージェントのお子さんもこの間検査のとき来ていて、それを見つけて大喜びでした。

実家の方で鳥の巣をつくるような家は繁栄する、と言う事を言っていたような気がします。

鳥がいると糞をするので嫌がる人もいますが、出来たら引越しの頃には巣立っていて欲しいとも思っています。

その辺りに洗濯物を干したいと思っているので、そこに糞をされたら確かに困ります。

又、鳩は平和のシンボルでもあったような!



値段交渉をエージェントにお願いした事が駄目だったとしても、もう引越しした時のことをいろいろと考えるこのごろです。

検査の結果は30ページにも及ぶ明細が示されていますが、建物の専門的な英語だったり、言い回しもあり、それを一つ一つ自分で理解するのも大変ですが、ここで諦めずに出来るだけ何をしなくてはいけないかをよく確認したいと思っています。



この一部屋借りている家でも、今度引越しする予定の家でも電気ですが、昨日一寸した停電があり、こんな時は簡単な料理も出来ず本当に不便だと感じました。

電気の方がガスよりもいろんな面で安全なので、それは仕方ないと諦める事にします。


クロージングの日が決定するのはいつかしら、と、思う日々です。

人気ブログランキングへ

15:54  |  新天地  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。