2017年03月 / 10月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.12 (Sun)

従順なアメリカ人


此花、母は”ミカワリ”だと言ってました。今年は鹿に全滅されて咲かないと思っていてすっかり諦めて忘れてましたが、日本から帰ったらこんな感じに小さくなって咲いてました。そのときに直ぐ写真を撮ればよかったのですが、疲れで後回しにしていたら鹿に葉っぱを食べられ花が下に落ちていたので花瓶に飾りましたがやはり花びらも元気がないです。この種類の白もあったんですが、それは全く今年は咲きませんでした。来年はどうなんでしょう。



何だか、気持ちが急いていてこうしている場合でないような気持ちの毎日です。でも、こうやってまだネットでこんな事をしているのは余裕があるという事なんでしょう。

アイスランドが実は破産だとか、イギリスがアイスランドの資金凍結などと険悪になっているそうで、リーマン・ブラザースの余波はまだまだ続きそうです。

息子の彼女は歴史を専攻していたそうで、何故アメリカ人が政府に従順な人が多いのか、、、の理由についてこんな事を言っていたそうです。

ヨーロッパから渡ってきてまず落ち着くまで教会を頼り、その当時文盲の人も多く、宣教師の言葉を糧に辛い開拓時代を切り抜ける人が多かったそうです。そんな様子はあの「大草原の小さな家」にも出てきました。そんな訳で上からの言葉を信じる人が多く、世界をしっかりと見ようという人は少ないようです。そして今だにキリスト教の政府への圧力は影にあるようです。宗教は怖いです。普通な信者さんはそうではないですが。原理が付く熱心すぎる信者になると度を増し正義を振りかざす所があります。それで、毎日のメディアのニュース、雑誌に翻弄されて直ぐに洗脳に近いようなアメリカ人が多いのかもしれません。。このインターネットの時代に、、、と思いますが、昔からの名残なのでしょう。メディアは全て正直に曝け出している訳ではないようです。

そんな訳でブッシュ政権のような大統領が2期も続いたのかもしれません。この政権ほど、アメリカという国に対して幻滅を感じた事はなかったです。まだ過去には色々ありましたが。日本との戦争当時にまで遡れば確かにアメリカという国は一癖も2癖、何だか目的の為には何でもする。。。というような風にも見えます。

この先もニュースの話しは全て丸呑みにせずにしっかりと世の中を見据えて行きたいものです。まずは、オバマさんに当選して貰わないと困ります。でも、劇的に変わる期待は抱かない方が良いのかもしれませんが。
15:20  |  ニュースの話し  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://violetsun.blog33.fc2.com/tb.php/16-39d6da93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。