2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.28 (Sat)

稼動か廃炉か議員に聞くべき!広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」東海原発廃炉から始まる新時代

◆すっかり、話がこのような内容になってしまいましたが、私は今まで福島の#4プール崩壊寸前の状態含め、日本の原発産業がこれほど崖っぷち状態だとは、知らずにいました。

日本には甥は姪の小さい子供たちなど親戚が多く住んでいるのでとても黙っていられません。


広瀬隆「第二のフクシマ・日本滅亡」東海原発廃炉から始まる新時代





出来るだけ多くの日本人緊急に必見です。


いかに危ういか何をさて置き、脱原発に向けて世論を盛り上げていかないと日本の未来はありません。



この動画で分かった事ー

・過去40メートルもの津波があったにも関わらず、たったの10メートルに建設をした最初の設計者は何を考えているのでしょう。

・ドイツが脱原発に最初に声をあげたのが医師たちだったようです。彼らの声に市民がその危険を感じるようになったとか。ところが日本は情けない現状です。

・東海原発は脱に向けて動いています。

・もう一度大きな地震が来ると日本は大変な事になる。

・チェリノブイリは20-4ベクトル、 日本の安全基準が 500 ベクトル に引き上げ。

この数値で家に帰る避難住民がいるようですが、全く恐ろしいことです。


・大量の膨大な汚染水を海に放出、それは来年西海岸まで到達。これで北海道南東まで魚や海草は危険水域。。

・地下水にも影響が起こることは確実。

・5年ぐらいして大変な事態になっているかもしれません。

・活断層に建てたような国は日本以外にはありません。

・使用済みの核燃料を貯蔵する六ヶ所村が満杯で、各プールがギュウギュウ詰めの状態。

・福島#4プールが最大危険、支柱の工事をしたが底の部分がいい加減で決して安全とは言えない。コンクリートが弱っている。

また、そのあたりに活断層があり、地震が来るともたない。

下請け技術の方が陰で東電のいい加減さをこぼしているとか。

・常に安全なマスクを自分も家族にも持たせて置くのが大事。政府は当てにせず、常に何が起こるか分からないと思った方が良い。

・この危険な状態は何十年も燃料棒を取り出してきちんと管理しない限り続く。

・選挙の時、議員、候補者に稼動か廃止に賛成かどうか聞くべき。これは、浜岡原発のある地域の市長の言葉だそうです。


今の状態で、使用済みを置く場所さえ余裕が無い状態?これで再稼動とは狂っています。



この動画を観て、まだ無関心でいられる日本人がいるのか、尋ねたいものです。



まだ常にどんどん放射線生物が放出されています。

何はともあれ、次世代の環境は悲惨という言葉しか思いつきません。

どの原発も同じようなことが起こりえます。

マスコミ、政府の数値、安全宣言は絶対に信用しないことです。

日本の技術は信頼していたところもありますが、この動画でいい加減さに怒りを感じます。


広瀬隆さんこれからも身辺気をつけて頂き、このようなメディアで報道されないような重要なお話で世論を喚起して頂きたいものです。


これは放射能にも対応しています。




東京からセシウム飛んでくる TOKYOは第二のFUKUSHIMA
燃やす事がいかに危険か、証明されています。↓東京都ばかりなく回りの県にも飛散して迷惑を掛けていることが分かっているのでしょうか。是非止めるよう都民は立ち上がるべきです

http://inventsolitude.sblo.jp/article/55419155.html#comment



◆拡散◆<日本列島は地獄列島になりかけている>


http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/198.html
元記事↓
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1232.html


4号機プールのこの支えが無くなったら日本が終わり、アメリカ西海岸まで影響します。
http://geigerkushiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/201247-7901.html

福島第一原発4号機倒壊で首都圏壊滅!? 小出裕章氏の動画が載っていますのでご覧ください

瓦礫拡散の危険性も広げましょう。日本全国に放射能まみれにさせるつもりでいます。これは国際的にみても異常行為です。


瓦礫灰さえも、いかに危険か物語っています。北九州でも・・役人の言うことなど信用せずに兎に角拒否を!

http://onodekita.sblo.jp/article/53491315.html



人気ブログランキングへ

19:35  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。