2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.18 (Fri)

瓦礫厳重管理すべき数値にも関わらず「埋め立て」という恐ろしい政策

□■□転載□■□
http://osaka-style.blog.eonet.jp/default/2012/04/post-820f.html

核燃料貯蔵施設、松井大阪府知事「設置検討は当然」


あらま、なんと‥。
狂気、としか言いようがおまへんな。
これから、東南海・南海地震も来ようというときに‥、でっせ?
 
ま、さしずめ、「埋める」とすれば大阪城の地下でんな。
「オンカロ」よろしく、10万年先、100万年先を見越して、せっせ、せっせと穴掘りでもしたらよろしいがな‥。
せいぜい、頑張りなはれ。
 
 
で、以下、転載↓
 
 
■核燃料貯蔵施設、松井大阪府知事「設置検討は当然」
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201204160038.html
2012年4月16日 朝日Web
 
 福井県の西川一誠知事が使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力消費地に置くことを提案したことについて、大阪府の松井一郎知事は16日、報道陣に「原発が動き続けるならば福井にすべてを押し付けるのではなく、恩恵を受けている自治体が(施設の立地を)検討するのは当然だ」と述べた。関西電力管内の自治体すべてが考える必要があると主張し、関西広域連合を中心に論議を進める考えを示した。
 
 ツイッターで西川氏の提案に賛意を示していた橋下徹大阪市長も同日、「たいへん有意義な提案。うわべだけの議論はやめようという知事の意思の表れだと思う」と改めて評価。「(原発を)推進するならば中間貯蔵施設の負担も考えないといけない。メリットだけでなく、負担をもっと表に出して府民に選択してもらわないと」とも語り、住民投票で是非を決めることもありうるとした。
 
 橋下氏はまた、大飯原発の再稼働について民主党政権と会談する機会があれば応じる考えも示した。
 
 
 
■福井知事:中間貯蔵施設、関西に…「痛み分担を」
http://mainichi.jp/select/news/20120415k0000m010081000c.html
2012年04月14日 毎日新聞 
 
 福井県の西川一誠知事は14日、枝野幸男経済産業相との会談後の記者会見で、原発の使用済み燃料について「今後、福井県だけでは対応するわけにはいかないものもある。電力を消費してきた地域にも、痛みを分かち合う分担をお願いしないといけないと思う」と述べ、県内だけでなく関西に中間貯蔵施設を造る必要性があるとの認識を示した。
 
 使用済み燃料は現在、原発の一時貯蔵プールに置かれている。関西電力の場合、原発11基のプールの燃料貯蔵容量は9703体(4420トン)で、既に7割程度が埋まっている。今後も関電だけで処理すると約7年でプールはいっぱいになる計算で、再稼働が実現しても使用済み燃料の処理が課題となる。
 
 
 
■がれき受け入れ、徳島県の説明が核心を突く(ゆかしメディア)
YUCASEE MEDIA 2012年03月18日 07時00分
http://media.yucasee.jp/posts/index/10685?la=0003
 
 環境省が、震災被災地のガレキ処理について、全国の自治体に協力を呼び掛けているが、反対意見を表明している徳島県が、ユーザーから寄せられた意見に対して、明確な反対理由を述べている。
 
 質問は「60歳 男性」から寄せられ、「徳島県の市民は、自分だけ良ければいいって言う人間ばっかりなのか。声を大にして正義を叫ぶ人間はいないのか? 情け無い君たち東京を見習え」などというもの。
 
 これに対しての徳島県の答えは次のようなもの(一部省略)。
 
 【環境整備課からの回答】
 徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。
 
 しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも発生していることから、その処理について、国においては1キロあたり8000ベクレルまでは全国において埋立処分できるといたしました。(なお、徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,国の責任で、国において処理すべきであると政策提言しております。)
 
 放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1キロあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)
 
 ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された8000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております
 
 ひとつ、お考えいただきたいのは、この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。
 

 例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。
 
 また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えたという報道がございました。
 
 県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。
 
 
 余りにも当たり前すぎる回答だが、環境省から提示された8000ベクレルの基準の理由は説明がないまま。放射能は封じ込めが原則であり、それを地方自治体に押し付けるのは酷でしかない。徳島県の説明は、ひじょうに核心を突いたもの
だ。  




□■□転載ここまで□■□

実際は厳重に管理する必要がある物を、「埋め立て」とは本当に恐ろし過ぎる話。

この現実が世界に徐々に知れ渡ると日本に観光客も激減します。

再稼動かどうか全国民に聞くべき。こうやって全国区に迷惑がかかっています。

何故地元民だけで進める理由も納得行きません。分かち合う?ふざけ過ぎた利権丸出しの面々に国がどうしようもない崖っぷち状態に陥っているにも関わらず知らん顔の人が多すぎです。

再稼動を夢見るような人は現実が分かっていないようです。きっと、トイレの無いアパートに住みたいという方々でしょう。
これは武田先生が喩えを述べていたようです。また、その物を流せずにずっとアパートの隅に置く事を意味します。
どこも廃棄物を置く場所が満杯状態でどこかの住宅の密集地にこっそりと置いているらしい、とは呆れました。
また、実際、何処の国がセキュリティーシステムを握っていると思っているのでしょうか。


今日は地元の公共施設へ行ってきましたが、大きなソーラーパネルが何枚も屋根に張り巡らされていました。
日本はもっと積極的に自治体など率先して、どんどんこのような方法を取り入れるべきです。

原発がなくても電気は足りている
http://twileshare.com/uploads/A4.pdf




●↑のように安全な瓦礫などは存在していません。


●瓦礫拡散阻止の全国講演で精力的に行動されている木下黄太さんを応援しましょう。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927


●〈NO NUKES 2012〉
2012年7月7日(土)、8日(日)幕張メッセ国際展示場4・5ホール
NO NUKES 2012〉オフィシャルサイト
http://nonukes2012.jp/

イオン不買というと下記全部になりますが、日本人なら近くのスーパーなど、関連の店は行かないように。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

不買の理由:
http://www.nikaidou.com/archives/24863


選挙の時は、議員、候補者に稼動か廃止に賛成かどうか聞くべき。これは、浜岡原発のある地域の市長の提案です。


東京からセシウム飛んでくる TOKYOは第二のFUKUSHIMA
燃やす事がいかに危険か、証明されています。↓東京都ばかりなく回りの県にも飛散して迷惑を掛けていることが分かっているのでしょうか。是非止めるよう都民は立ち上がるべきです

http://inventsolitude.sblo.jp/article/55419155.html#comment

燃やす事によって約33%の放射能が飛散
島田市の例で、343,445ベクレルの瓦礫を燃やしたことによって、111,912ベクレル放出が分かっている。
それでも他の地域も何故続けているのでしょう。これでは、犯罪行為と同じです。

地元の環境課に電話かメールで抗議を!



人気ブログランキングへ
19:24  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。