2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.24 (Thu)

おとりまで使ってガレキ搬入~ヤクザ顔負けの北九州市

転載


http://onodekita.sblo.jp/article/56036393.html
 本日、12時半から、北九州市が本当に震災ガレキを燃やし始めました。もう、まるでどこかの独裁国家のように、独断。しかも、市長は市民には会わず、定例記者会見で「理解を得られず残念」と発言しています。
2012052315.jpg
2012.5.23(水) 熊日夕刊

搬入のためには、手段を選ばず、囮トラックまで出します。警官を何百人も動員して、どうにかガレキを燃やし始めました。
2012052316.jpg
2012.5.23(水) 熊日夕刊

前日?5月21日のお母さんたちの抗議
2012052317.jpg

本日にも市役所に抗議に市民の方たち100名程度が押しかけたようですが、市庁舎の内部はこんな感じ
2012052318.jpg

この様相は、以前玄海原発再稼動の際の佐賀県庁とまったく同じ構図です。
2012052319.jpg
2011.6.25(佐賀県庁)

 権力者は、人の楯で守ってもらうのが好きなようです。それにしても、動員されている公務員たち。全体の奉仕者であることを忘れて、首長のいうことだけを聞くのですね。恐ろしい国です。北朝鮮のことを嗤っていたら、自分の国はそれ以上だと言うことを痛感させられました。一体、民意を届るにはどうしたらいいのでしょうか。そして、このガレキを押しつけているのは、国-環境省です。これほどまでに強引に押しつけて物事がうまく進むと考えラテいるのでしょうか。

我々にできるのは、抗議活動だけです。このガレキ処理の検討会を行ったメンバー・・以前はホームページにのっていたのですが、現在は消去(まだ、2ヶ月足らずにもかかわらず)されています。記録のためにここに記述しておきます。

北九州市 災害廃棄物の受入に関する検討会 構成員名簿
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000112087.pdf
上は、リンク切れ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

■環境政策全般 浅野 直人(福岡大学法学部 教授、北九州市環境審議会 会長 )
■生態系 小野 勇一(九州大学:名誉教授、前 北九州市立いのちのたび博物館 館長)
■廃棄物処理 樋口 壯太郎(福岡大学大学院工学研究科 教授)
■放射性廃棄物 伊藤 洋(北九州市立大学国際環境工学部 教授)、出光 一哉(九州大学大学院工学研究院 教授)
■環境リスク 松永 和紀(科学ライター )この人は有名な御用サイエンスライター Focom主催
■医師(放射線臨床)中村 和正(九州大学病院 准教授 放射線部副部長)
■医師(小児科)田中 正章 ((社)北九州市医師会 理事)
■市民・市民団体
泉 優佳理(元 北九州ミズ21委員会 委員(第8期) )
北野 久美(北九州市保育所連盟 副会長、北九州市保育士会 会長 )
土井 智子(北九州市女性団体連絡会議 会長)
番野 宅二((社)北九州市衛生総連合会 会長 )
■経済団体 羽田野 隆士(北九州商工会議所 専務理事)
■議長 佐々木 健五(北九州市議会議員)
■副議長 西 豊磨(北九州市議会議員)
■自由民主党 片山 尹(北九州市議会議員)
■ハートフル北九州 世良 俊明(北九州市議会議員)
■公明党 赤松 文雄(北九州市議会議員)
■日本共産党 石田 康高(北九州市議会議員 )
■環境省 山本 昌宏(環境省廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課長 )この課長は、熊本でセシウムは水に溶けないと大嘘をつきました
 私の記憶では、産業医科大学からも出席があったと思うのですが、原簿が消されている現在となっては、もう証拠がありません。まさか、このような公文書を消してくるとはまったく思いませんでしたので、抜かりました。

 ブログのコメント欄からの情報
2012052322.jpg
原簿がありました。やはり私の記憶はただしく

岡崎龍史 産業医科大学医学部放射線衛生学 講師

も入っております。この教室は、このブログでも散々紹介してきたとんでもスライドの筆者でもあります。この方一人が入っていることだけで、私はその後に導かれる結論が見えるというものでした。よくみるとおかかえサイエンスライターまで入っており、申しすこしじっくり見ないといけませんね。とても九州が本拠地とは思えない人が複数名入っているのですから、やっつけで仕事をしたことがよくわかります。

 現場に行くことも大事だと思いますが、我々にはお金はないものの声は上げられます。(イラスト入りのFAXで簡単に自分の意見を言われるのがよい・・・プラカードの感じ)

北九州市選出の国会議員
緒方 林太郎/民主党 FAX 03-3508-3941 093-644-7078
城井 崇/民主党(衆議院) FAX 03-3508-3438 093-941-5535

北九州市の役所の電話番号、FAX一覧
2012052321.jpg
2012052320.jpg
検討委員会名簿と同じように消されると困りますので、ここにアップしておきます。役所も、警察もまったく信用できない状況となりました。

市長秘書室 TEL 093-582-2127 FAX 093-562-0710

 また、
ガレキ専用ダイアル 093-582-2411
北九州教育委員会 093-582-2352
いずれも、前回電話しておりますが、まったく何も知らず、なんの責任も取る気がないことがよくわかるかと思います。一人一人の声が大事です。みんなが怒っていることを伝えましょう。





★転載終わり★

お子さん連れのお母さんたちの胸中はどんなだろうと推察していまいます。

市長は説明に現れず、雲隠れ・・・・
市民への説明会は行われていないような・・・

こんなやくざのようなやり方を平然とやってのける国になってしまったとは。それに声も上げない保守系議員とか、保守と思っている方々もこれには一切触れない無視状態、本当に日本人だったのか???と思うこの頃。

そういえば怪しげな保守系のある所、助け合いのために瓦礫拡散をブログで呼びかけしていて、やっぱり成りすまし集団だったのかもしれないと改めて感じました。


地元の方どんどん抗議するしかありません。




http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/857.html#c70
 転載

70. 2012年5月23日 04:43:20 : dq4ZLqNTlM
こんなのあったゼ

↓注目


>東京の同志へ 拡散希望
東京における 女川災害廃棄物受け入れ予定 数値の単位は(t)

新江東清掃工場   6/4の週 28  6/25の週 24
足立清掃工場    6/4の週 48  6/18の週 36
光が丘清掃工場   6/25の週 20
大田清掃工場    6/25の週 20
墨田清掃工場    6/4の週 20
港清掃工場     6/11の週 56 6/18の週 56 6/25の週 48
中央清掃工場    6/11の週 32 6/18の週 20 6/25の週 48
板橋清掃工場    6/11の週 36 6/18の週 36
品川清掃工場    6/4の週 24 6/11の週 24
葛飾清掃工場    6/4の週 40
世田谷清掃工場   6/11の週 12 6/18の週 12


「受け入れ計画は毎週金曜日に翌週の週間受け入れ計画を公表する」とある。

問合せ先

施設管理部
管理課  03-6238-0704
技術課  03-6238-0745
施設課  03-6238-0841


~~~転載終わり~~~

都民の方立ち上がってください。これは都民だけの問題ではありません。




安全な瓦礫などはありません。


焼却によってまた放射能が大気中に再び拡散される。また焼却灰は20倍に凝縮される。一旦その土地が汚染されると半減期が億年もかかる物質もある。


反対な方はどんどん環境課に抗議の声を。



●瓦礫拡散阻止の全国講演で精力的に行動されている木下黄太さんを応援しましょう。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927


●〈NO NUKES 2012〉
2012年7月7日(土)、8日(日)幕張メッセ国際展示場4・5ホール
NO NUKES 2012〉オフィシャルサイト
http://nonukes2012.jp/

イオン不買というと下記全部になりますが、日本人なら近くのスーパーなど、関連の店は行かないように。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

不買の理由:
http://www.nikaidou.com/archives/24863


選挙の時は、議員、候補者に稼動か廃止に賛成かどうか聞くべき。これは、浜岡原発のある地域の市長の提案です。


東京からセシウム飛んでくる TOKYOは第二のFUKUSHIMA
燃やす事がいかに危険か、証明されています。↓東京都ばかりなく回りの県にも飛散して迷惑を掛けていることが分かっているのでしょうか。是非止めるよう都民は立ち上がるべきです

http://inventsolitude.sblo.jp/article/55419155.html#comment

燃やす事によって約33%の放射能が飛散
島田市の例で、343,445ベクレルの瓦礫を燃やしたことによって、111,912ベクレル放出が分かっている。
それでも他の地域も何故続けているのでしょう。これでは、犯罪行為と同じです。

地元の環境課に電話かメールで抗議を!






人気ブログランキングへ
19:40  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。