2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.28 (Mon)

瓦礫 は、自分たちの県で 処理したい

メディアの福島第一原発4号機の入構取材報告


明細が載っています。↓
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1304.html


(管理人:自民党が脱原発をちらつかせてまたその項目を削除したようですが、原子力村を自民党時代にドンドン勢力を膨らませていた張本人たち。

どんなに他で良さそうな事を言ってもこの問題をスルーしているようでは口先だけと言うことです。

何故、瓦礫拡散は危険だから止めさせるような常識論を唱える議員が一人も居ないのでしょうか。危険水域に達しているというのに。)



□■□転載□■□
http://numayu.blogspot.com/2012/05/blog-post_28.html

瓦礫の 「 広域処理 」 は ・・・。



被災 2 県 ( 福島県 を 除く ) の 県民は、

ニュースでも 報じられている通り、

自分たちの県で出た 瓦礫 は、自分たちの県で 処理したい

という、考え方を持っています。


宮城県は、少なくとも、

0.1 マイクロシーベルト は あります。


つまり、

【 自然界に存在しないはずの 放射能 】 が、 「 ある 」 ということです。




「 広域処理 」 などという 言葉を持ち出したのは、

日本政府です。



なぜ、被災 2 県に、

フィルター付きの 焼却場を 建ててくれないのか・・・

その方が、不思議でなりません。



「 膨大な 輸送コスト 」 を考えれば、

その方が、安価ではありませんか ?


その上、

被災地に、新たな 「 雇用 」 も 確実に生まれるのです。




宮城県の 岩沼市は、新たな取り組みを 審議しています。


それは、

「 希望の丘 」 という 防潮堤 を、瓦礫を使って 造ること です。


細野大臣も、賛成しています。



海のそばに、

瓦礫を、土と一緒に高く積み上げ て、

さらに、その上に、植樹する という 「 計画 」 です。


「 1000年 先まで、忘れない 教訓 」 のためでもあるそうです。


「 メタンガスが発生する から ダメ だ 」

などと言っている コメンテーターもいましたが、


もう、乾ききって 朽ち果てる寸前の 大木です。

自然界と、その メカニズム は 変わらない のではないですか ?




「 人工的に 核分裂させた 放射能 」 は、

「 濃度 」 の問題ではありません。


自然界に、「 ある 」 か、「 ない」 か ・・・なのです。



ニュースを見ていたら、

瓦礫受け入れを承認した自治体に住んでいる方の 「 コメント 」 が、

読み上げられました。


「 自分の県を 誇りに思う 」 ・・・ と。



ため息が出ました。



焼却してからでは、遅いのです。


せめて、

北海道や、西日本 ・ 沖縄 だけは、

クリーンな環境で、いてほしいのです。


そして、

たくさん野菜を生産して、

東日本に 流通させてください。




輸送 コストが かかって、少々 高くても、みんな 買います。



日本政府の 「 虚偽を含む 説明 」 に、

騙されないでください。


□■□転載ここまで□■□



こちらブログの管理人さんぬまゆさんは福島第一からたったの数十キロに今でも御住いの方です。


広域処理なんて、話にならないことをやっていて、その狂気性を叫ぶ議員が一人も居ないとは酷い話です。

どんなに国土を守ろうと叫んでも肝心の所がすっぽりとどこか脳の中で空洞になってしまっているとしか思えません。



利権の為の瓦礫争奪戦を繰り広げそれが絆だと、本当に馬鹿馬鹿しいです。

チェリノブイリは完全に閉じ込めて徹底していたようです。それに比べて日本は、狂気な拡散を政府が率先してやっているとは。

***

しかし、瓦礫拡散反対をしている人が日本人じゃない?と疑うような神経はいったいどうしたら生まれてくるのか信じられない発想です。

一番トップの更新記事のあの若い不安そうなお子さん連れのお母さん達が全員日本人じゃないとでも、言いたいのでしょうか。

全くふざけています。

この言葉をそっくりそんな馬鹿な考えの方にお返ししたいです。

東京や北九州市まで運ぶようなことが正しいと思っている思考回路がどこか狂っているというのが分かっていない重症でしょう。

お金が絡んでいるからこそ、--の現地リポートをしたジャーナリストの方の動画も観ています。

NHKの情報とどっちが信じられるかと言えば、現地へ行って実際地元の方とお話してきたジャーナリストのお話です。

NHKのニュースを観てそれが正しいと思っている話など、よっぽど当てになりません。

人気ブログランキングへ
19:54  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。