2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.01 (Fri)

フランスは既に脱原発に向けて

最近の様子を見ているとかつて、福島や他の地域でも原発を立地場所とするかどうかで村民、町民、市民がお互いにいがみ合ったのだろうと想像します。

今の瓦礫受け入れ賛成か反対と全く同じような感じかもしれません。

右も左も無く、この問題は日本が行き残れるかどうかの瀬戸際にきています。


もうこの辺でしっかり方向性を決めないとずるずると日本は地獄に引きずりこまれるでしょう。

もう既に遅すぎるという人もいます。

でも、そんなに簡単に日本を諦められません。

民主党になって参政権が外国人に与えられるかもしれないと知ったときは、これはいけないと咄嗟に思いました。

今、日本はこんな瓦礫広域処理のような馬鹿をやっていると自分で自分の首を絞めているようなものです。

何故、いつも叫んでいる方々はそれが分からないのでしょうか。国土が失っていると同じで、以前の基準だったら既に5%も消えてしまったのです。

そしてまだ収束どころか、ある場所は近づけないほどの放射能が空中に放出されています。

まったくいつになったら安心できるかどうかの見通しもなく、まだ10数万の日本人が避難生活中だというのに、それを無視している日本政府。

どこまで売国奴で、またそれに気付かずにいる保守を名乗る方々も売国奴と同じ行動を取ってしまっている。

脱原発は左翼が~~・・・という判断で思考停止している日本人が多いことか。

それをわざわざブログに載せて一生懸命、日本を汚染させるべく、お手伝いをしているとは、情けなくて話になりません。

しかしそんなブログが複数あると、どこか教祖さま?からの拡散を支持しろ~~とかの、指令でもあるのかしら?と疑いたくなります。




フランスは既に脱原発に向けて歩き出しています。

【 フランス民間機関が脱原発スケジュール公表 – 2033年までに全原子炉を廃炉に 】〈後編〉



http://kobajun.chips.jp/?p=1711



人気ブログランキングへ
21:01  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。