2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.02 (Mon)

【福井発】 あす大飯原発再起動  反対派、チェーンで体巻き機動隊阻止

□■□転載■□■

http://tanakaryusaku.jp/2012/06/0004599

【福井発】 あす大飯原発再起動  反対派、チェーンで体巻き機動隊阻止


 関電大飯原発3号機の原子炉が明日(1日)、再起動する(制御棒を抜いてウラン燃料の核分裂反応を起こさせる)。

 再起動を翌日に控えた30日、大飯原発入口で再稼働を阻止しようとする反対派と福井県警の機動隊の間で激しい攻防が繰り広げられた。

 反対派50人は町道との境に関電が設けた鉄柵の内と外を固め、原発従業員を乗せたバスを入れさせまいとした。鉄柵と体をチェーンでつないでいる。身を盾にするつもりだ。車5~6台もチェーンでつないだ。何としてでも、原発の入り口を封鎖する構えだ。

 30分もしないうち機動隊が駆けつけた。拡声器で「道路交通法違反です。ただちに退去しなさい」と繰り返した。反対派は「帰れコール」で応戦した。


反対派はチェーンで自分の体と鉄柵をつないだ。=写真:田中撮影=

反対派はチェーンで自分の体と鉄柵をつないだ。=写真:田中撮影=

 間断なく降り続く雨のなか、機動隊と反対派のニラミ合いは、4時頃始まり暗くなっても続いた。雨で体温が奪われる。幼な子を抱いた母親は警察官に詰め寄った。「あなたたちに人間の心はないのですか?」「子供たちの未来がなくなるのですよ」……

 警察官は「道路の占拠は法律違反ですから」としか言えなかった。それも遠慮がちに。警察官自身も母親のお腹から生まれてきたのだ。警察官も官舎に帰れば、小さな子供がいるのかもしれない。

 再稼働第一弾となる大飯原発の入り口は、日本中の原発再稼働の入り口と言ってもよいだろう。緊迫した場所でぶつかり合う反対派と警察官。どちらも野田政権の犠牲者ではないか、と思えるのだった。

 ◇
右肩の文章が変わっています。『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています。

□■□転載終わり■□■



素晴らしい写真です。

お子さんを抱いてにらみつける母親、そのにらまれている機動隊員も一人の母親から生まれた息子であったはず。
抱かれたお子さんもただならぬ雰囲気を感じ取っている様子がこの写真からも分かります。
この子が大きくなった頃はどうなっている日本。

どんなにデモで盛り上がっても結局はこんな風に何処の原発も再稼動を許してしまうのではないかという気持ちにもさせられて何だかがっくりと力が抜けてしまいました。

どんなに官邸で騒いでもこちらがこんなに少ない人数ならどうしようもありません。

阿修羅の掲示板で交代して抗議するぐらいでないと体力も持たないと言っていた方がいました。

http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/308.html

それに会社を休んでまで抗議も難しいでしょう。

さらに、原発の作業する敵はそれを見込んで海側から堂々と中に入って行ったようです。



次はここではないかといわれているようです。↓

次に再稼動狙う“伊方原発”、愛媛県内は殆ど篭絡済み 愛媛県内市町長の無能っぷり

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56829101.html



色んな好条件を見せられるともうNOとは言えない状況に陥ってしまう、まさにこの歌の話そのままです。↓



FRYING DUTCHMAN "humanERROR"
http://www.youtube.com/watch?v=Q5p283KZGa8&feature=related


310000以上の再生数になっています。

是非、デモの時にも歌って欲しい。

一部だけ
「一兆円が国から一基建てるとき、電力会社に下りる。このお金は全部税金。
そのためにオヤジサンヲキャバクラ、オンセンリョコウニツレテイク
山口でもその話があり、30年も住民は反対をしている。」

推進している人も是非聴いて欲しい。



人気ブログランキングへ
21:02  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。