2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.28 (Sat)

普通の市民による「金曜日は官邸前へ」定着

再稼働反対集会 「金曜日は官邸前へ」定着

参加者の列は官邸前から霞が関前の交差点まで伸びた。=27日、午後7時30分頃、官邸前。写真:諏訪撮影=

参加者の列は官邸前から霞が関前の交差点まで伸びた。=27日、午後7時30分頃、官邸前。写真:諏訪撮影=

 「金曜夕方は官邸前で再稼働反対」が市民の一週間のサイクルに定着しつつある。官邸前の集会を恒例行事にまで押し上げた主催者(首都圏反原発連合)が、「国会包囲」(29日)の準備のため、27日は別団体の主催(再稼働反対!全国アクション)となった。

 首都圏反原発連合の関係者が、Twitterなどネット上で「金曜恒例の再稼働反対集会」は今週に限り日曜日(29日)になったことを周知した が、午後4時頃から市民が続々と詰め駆けた。前日、政府が国会に提示した「原子力規制委員会」の人事に対する怒りを吐き出したいのだ。

 参加者で埋まる歩道と車道の間は、これまでのように鉄柵で分けられた。鉄柵のない箇所は機動隊の輸送車が寸分の隙もなく並んだ。警察が、最寄りの「国会議事堂駅」に出口規制をかけたが、切れ目なく人々が押し寄せる。

 最後尾は霞が関手前の交差点まで続いた。「再稼働反対、再稼働反対…」。財務省に向かい前傾姿勢で叫ぶ女性がいた。目にはうっすらと涙を浮かべて いる。栃木から来た主婦(50代)だ。霞が関の官庁街を向いてアピールしているのは、「野田首相に言っても始まらないので、官僚に抗議する」と説明した。

 「こんな日本になるとはエリートは思っていなかったはず。学生時代の仲間もあそこ(霞が関)に入ると、国民の声を聞く耳を持たなくなる。原発はゼロにすべき。核のゴミを残して私たちだけ死んで行くわけにはいかない」。彼女は今にも泣き出しそうな顔で話した。

終了間際になっても熱のこもったアピールが続いた。=写真:諏訪撮影=

終了間際になっても熱のこもったアピールが続いた。=写真:諏訪撮影=

 インターネットに馴染みがなく、新聞やテレビで官邸前の集会を知った年配の参加者もいる。神奈川県相模原市から足を運んだ女性(60代)だ。

 「毎週金曜夜というのが凄くいい。集会・デモの類は初めて。危なくないと聞いたので参加した。原発にはずっと反対していた。人数が増えれば増えるほど力になるだろう」。

 再稼働反対を願う人々の思いが結集する金曜集会。どんな政権が登場しても、日本中の原発がすべて止まるまで、果てることはないだろう。

 ≪文・田中龍作 / 諏訪京≫

  ◇
読者の皆様。今月は原発再稼働で大飯へ、オスプレイ搬入で岩国へ現地取材に足を運ぶなどしたため、出費がかさみました。『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています。
http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004793







田中龍作さん、ありがとうございました。

金曜のデモが気になっていました。

文字が外れている箇所もあります。↑のサイトに直接お願いします。

再稼動反対!のほかは禁止?だと馬鹿げた決まりを勝手に作った工作員主催じゃない、本当の市民によるデモになったようです。

金曜と言う日がとても良いというのは世界共通です。

仕事帰りの普通の人が中心に集まるには丁度良いです。

それを中止して、次は日曜の午後?と前回の時叫んでいたようですが、中途半端です。

是非、地味でもこちらの金曜デモを続けて欲しい。そして瓦礫拡散反対、焼却反対、TPP反対、など怒りをどんどんぶつけるべきです。

最初の主催者側の変な拘束をつけて警察と仲良しなんてあり得ない?そんな怪しい主催者側は居なくて結構。

しかし、雨の日は被爆の可能性も高いので無理しない方が良いと思います。



木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」

福島第一原発事故について考え続け、放射能防御を進めます。

4歳幼女が、膣炎、外遊び後40度発熱、全身発疹6回、鼻血、爪崩れ、甲状腺嚢胞、リンパしこり。東京西部。

2012-07-29 02:31:14 | 福島第一原発
4歳のお嬢さんに健康被害が出続けていて、保養を繰り返した後、移住されました。
東京西部のエリアに在住されていました。
去年の3月から、さまざまな症状が出続けていて、電話でも細かく伺いましたが、
4歳の女の子が、こんなつらい目にあい続けている現実を伺うと本当につらくなります。
移住後は、小康状態を保っているのが、まだ救いです。
放射能の健康被害は、甲状腺のようなわかりやすいメルクマールのみならず、
通常起りそうないろんな症状が急速に、様々な形で、悪化することが怖ろしいと僕は思います。
 
このお子さんのケースはまさにそんな状況が、これでもかこれでもかと押し寄せてきています。
 
===============================================================
 
娘の体調についてお伝えします。
 
H23.3月~H24.3まで:東京都西部に在住
年齢 :現在4歳
 
3月末~4月頃は、■”お腹が痛い”とうずくまる事がとても多かったです。
             急にうずくまり、でも特に下痢でも便秘でもなく。
 
4月半ば頃から・・■何度も繰り返す膣炎。
            病院で検査をしても菌が見つからず、だから薬がない。
           ただただ、痛みと痒みで夜中に泣き叫ぶようになる。
 
8月頃から■外遊びをすると40度の発熱。翌朝には平熱を繰り返すようになる。
 
8月頃から■全身にものすごい発疹。病院では突発性発疹と言われるが
        さすがに6回もなる子供はいないと思う。
 
8月頃から■光をやたらと眩しがる。家の蛍光灯でも眩しいと涙を流す。
 
9月頃からはこれらの症状が次々と繰り返し繰り返し現れる。
      ■身長は7センチも伸びたのに、体重は1キロも増えない。
 
10月、尿中セシウムの検査
    ■Cs合算で0.65Bq/Kg
 
11月頃・・■熱・湿疹・眩しさ・膣炎に加えてモルヒネでも止まらない咳が続くようになり
      夜中は抱いたまま朝まで過ごす日が・・。
  
      ■爪が貝殻のようにボロボロになってくる。
 
九州への保養を繰り返す。
九州へ行くと、夜中に膣炎で泣きわめくことはなく、食欲がものすごく出る。
 
ことし3月に西へ移住。
 
今までの症状に加えて■鼻血が続くようになる。
 
6月・・移住先の病院で甲状腺エコー検査を受ける
 
【結果】 甲状腺に数個ののう胞
      リンパ節内に多数のしこりが発見される。
 
【血液検査】 結果待ちの状態です。
 
7月、体調はよくなっているようには見えるけど、しこりやのう胞がどうなるのかは不明。
 
 
以上が現在までの経過です。
 
食材はできる限り西の物を使用。
魚は早い段階からほとんど食べない。
肉は産地厳選。
牛乳は9月頃からは飲んでいない。
 
==========================================

 

伊賀市で、前回の住民説明会の流れをうけて緊急講演を開催です。                        本日、7/29(日)午後2時に伊賀市文化会館です。

緊急講演!【本日 木下黄太講演in伊賀(三重県)】


◆日時:7月29日(日)14:00~16:00(13:30開場)(16:00~16:45意見交換)
◆場所:伊賀市文化会館(三重県伊賀市西明寺3240番地の2)多目的室http://www.bunto.com/hpdata/shisetsu/bunka/index.html
◆料金:当日1000円(予約800円)
◆予約・問合せ:TEL050-3697-5533/メアドeekagennisay@hotmail.co.jp
◆担当:桃田(ももた)
◆主催:放射能ええかげんにせん会



転載↑




人気ブログランキングへ

20:34  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。