2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.31 (Tue)

【「原子力規制委員会」人事案撤回を求める署名】


オリンピック開会式行ってきました!日本選手団退場の謎!

http://ameblo.jp/rubywednesday/entry-11315321769.html


続6)ロンドンオリンピック開会式。そこで見た、「全日本選手団」“途中”退場の奇・奇・怪・怪・謎・謎!

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/waikoku/view/20120731

Twitterまとめ↑


(管理人:今回のオリンピックは最初から全く気持ちが乗ってきません。

まだ福島には避難生活、また放射能の危険区域で生活をしている人も多く、その方々の事を考えると、どうして、こんなお祭りに今回日本が参加する必要があるのか、とずっと思っていました。

そこへ持ってきてこの話をTwitterで知って驚きました。

きっと、瓦礫全国拡散や焼却、また食べて応援など、世界の常識から見たら考えられない政策をしていてメディアは何も言わず、一緒になって囃し立てている日本の状況はネットの時代で直ぐに世界までばら撒かれ、世界では異常に見えてしまっているのは確実。

日本人を見たら放射能にまみれていると言う風に見えていると思う。


まだまだ、放出をしていて収束などしていないにも関わらず、海には垂れ流し、再稼動に踏み切るような考えられないような政策。


ドイツでも日本選手がバスの乗車拒否を受けていたと言う事実もあります。

何を取っても日本人が今世界から貶めを受けていると言う事、その原因を作った役人全て全員辞職に値します。)



野田政権の「原子力規制委員会」は原子力村人事そのもの。お金もらっている輩が多数。とにかく反対を。

【「原子力規制委員会」人事案撤回を求める署名】

拡散ご協力を!国会議員への働き掛けも必要! まあ、相も変わらず原子力村人事ですが。http://t.co/Rzvswyj8

 

下記の共同通信の内容通り、原子力規制委員会の五人中四人は原子力村の村民です。

 

===============================================
 

政府が国会に提示した原子力規制委員会の委員長・委員候補5人のうち4人が、 原子力関連会社などから報酬を受け取っていたことが31日、政府の経歴調査資料で判明した。 資料によると、委員長候補の田中俊一・前原子力委員会委員長 代理は2011年度に原稿料や講演料として、原子力の啓発活動などを行う日本原子力文化振興財団から20万円、放射線関連商社、日本原子力産業協会から受 け取っていた。

 委員候補の更田豊志・日本原子力研究開発機構副部門長、中村佳代子・日本アイソトープ協会主査、島崎邦彦・地震予知連絡会会長の3人も振興財団から講演料を得ていた。

(共同)
 
 
===============================================
 
 
こんなものを、そもそも通す野田政権。ありえない話です。
 
===============================================
京都の講演は、「放射能防御プロジェクト女子会」の中心メンバーが主催者。二十代独身女子が、「木下さんの政治的な考えも聞きたい」という思いで開催です。時代は動きます。

【8/23(木) 木下黄太講演IN京都】

日程:8月23日(木)<昼の部>と<夜の部>
会場:アバンティ響都ホール(京都駅前アバンティ9F)
http://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
定員:350名昼夜とも。
※昼の部と夜の部では講演内容が違います。申込みなども異なります。

昼の部は通常のスタイルの単独講演。昼の部は当日来場順の入場です。                                   

夜の部は平智之代議士を交えて、今後の日本のあり方を話します。            前売りを、本日よりおこないますので下記を参照下さい。

 

<昼の部>

木下黄太講演 『放射能被害の今と、これから』

子どもを被ばくから守るために、どうすればいいのか?
現在の放射能被害の実態や、対処を講演。                                                 さらに日本において、放射能防御運動の今後の展開についても話します。質疑応答も。
開場 13:30
開演 14:00 (終了16:00)
入場料 1000円(前売なし。当日会場にて受付)

昼の部について、問い合わせなどはkyoto.kodomo.inochi@gmail.com

<夜の部>

木下黄太×平智之議員対談&講演

『子どもの未来を守るために、京都から
~放射能汚染と向き合う日本を目指して~』

子どもたちのいのちを守るために、私たちは何をすべきなのか?
私たちはどんな日本を目指したいのか?
放射能汚染の現実と向き合い、大切な子どもたちを守るために、自分で考えてみたい。
日本の未来のビジョンについて、講演していただきます。
ゲストに平智之議員を呼び、お二人に対談していただきます。
※平議員はご都合により、20時からの参加予定です。


開場 18:00
開演 19:00 (終了21:00)
入場料 前売1000円  当日1200円                                                 (前売チケットはe+(イープラス)にて本日より発売)

*夜の部前売チケット購入方法*
販売期間:本日7月23日(月)~8月21日(火) 販売開始時刻はe+サイトでご確認ください。
PC用購入ページ
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002081300P0050001P006001P0030001
携帯用購入ページ
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002081300P0050001P006001P0030001?uid=NULLGWDOCOMO
※前売りチケットが事前に完売した場合、当日券の販売は行いませんのでご了承ください。

※申し込み及びチケット販売はe+(イープラス)以外の受付は行っておりません。
また、申し込み時はe+(イープラス)の利用規約を良くお読みの上、購入下さい。
チケット販売に関するトラブルが発生した場合、こちらでの責任は負いかねます。
e+(イープラス)チケット公式サイト→http://eplus.jp/sys/main.jsp

*ゲスト紹介*
平智之(たいら ともゆき)
京都府京都市出身。2009年当選・京都1区選出・民主党衆議院議員だったが、現在無所属。
与党議員として、禁原発の立場で精力的に活動をしていたが、大飯原発再稼働に反対して離党を決意。
「首相官邸前デモの参加者に話を聞き、国民は声の持って行き場がないのだと分かった。
新党を作り、国民の常識的な感覚を国政に反映したい」と語り、
「原発に対する怒りや不安を受け止める党」を目指し、「平安党」を結成する。
「ひとりの父親として、日本の子どもたちの未来を全力で守りたい」と語っている。

*主催者からのお願い*
ご来場されるみなさまへ・・・
・子連れでご来場される方もいらっしゃいますので、お子さんの泣き声などがあるかと思います。ご理解のほど、お願いします。
子連れでご来場したい方へ・・・
・託児はありません。お子さんを膝の上に乗せて聴講してください。
お子さんの座席がいる場合はチケット代がいります。
・子連れのお母さん、お父さんたちには、右サイドの座席に集中して座っていただく配慮をします。
他の来場者に迷惑がかかる場合は、一度ロビーに出ていただけるようお願いします。(ロビーでも音声は聞こえます)
・どうしてもお子さんが騒いでしまう場合は、会議室のモニターで観賞できるよう配慮をする予定です。

主催:子どものいのちを守る・京都
kyoto.kodomo.inochi@gmail.com



http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/7a2724602633f7eccace4bb8ef3b3d8e

木下黄太さんブログ転載↑


何の為に全国的に反対デモが盛んになっているか全く分かっていないでまたこんな人事とは。




人気ブログランキングへ
19:07  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。