2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.08 (Wed)

東京の焼却灰を何故秋田の地方へ?

<span style="font-size:large;">p‏@p??

広瀬隆(56分頃~)「飯田哲也、あいつは二酸化炭素(温暖化説)のリーダー。だから大嫌いなんですけど。要するにあいつは嘘つきなんですよ。全部嘘なんだ、言ってることが。それで孫正義や菅直人をたぶらかして…」|2011/9/2広瀬隆講演会後半 http://vimeo.com/29022292</span>




http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-1312.html


管理人が↑書きましたが、広瀬さんが前回の官邸前デモで孤立をしていた原因が分かりました。

そんなお調子者の飯田氏が挨拶をしたようですが、それも面白くなかったのでしょう。

私は広瀬さんの方を信じます。どうも、維新の会とも繋がりがあって、負けた原因はそれも関係をしていたようです。これは木下さんのブログのコメント欄での話です。

政治家はごまかしの専門だと最近は思うようになりました。

もう全員入れ替えをして欲しいくらいです。人数もあれほど必要ありません。



都圏ゴミ焼却灰という放射性物質を、清浄な地方に押し付ける現実を、東京の人々は直視できるのか。

2012-08-08 11:39:17 | 福島第一原発

  日 本の総人口は減っています。ことし3月31日時点で、前年比0.21%減(26万3727人減)。1億2665万9683人となりました。減少数は、前年 のおよそ13万人↓のほぼ倍も減りました。  出生者数は調査開始(1968年)以来、最低となる104万9553人です、死亡者数は逆に過去最高の125万6125人になっています。いずれにして も、まだ序の口です。注意深く見ないとなりません。

 東京が危険だという話 は、日常的に行われているごみの焼却という作業が引き起こす、一定程度濃縮した放射性物質を含んだ灰を作り出していることが、絶え間なく続いている訳で す。もちろんバグフィルターでとりきれない、一定量の放射性物質を含んだ排気が、絶え間なく出続けている環境になったこと。感覚的には、一つ一つの清掃工 場が、放射性物質の取り扱い施設となっている事は、大きな要素です。こうした要素の中で、放射性物質が濃縮した灰をどうするのかという問題は、長らく放置 されていました。これを、従来の処理通りに、結局田舎に押し付けるというスタイルを相も変わらず、首都圏がやろうとしている現実があります。処理費用とい う対価で別の場所に汚染を押し付けるえげつない構図がそこにあります。

 東京の生活というものが、元々そういう構図でしか成立しない類のものである ことは、そもそも明らかなのですが、それが放射性物質という露骨な存在をきっかけにして、気持ちの悪い現象として、僕らにのしかかってきます。結局、電力 を作る為に、地方に原発を置かせて、そこに負担を強いる構図と同様に、焼却灰という高濃度の放射性物質の集積を、とにかく地方に押し付けて、自分たちが、 事なきを得ているような装いを続けるという話です。

 そこには、もはや何の本質的な内省もありませんし、そんな馬鹿なループを続けても、放射性物質とともに暮らす東京という状況は微動だにしません。

 数千万人の人口密集地、メトロポリタンに大量に放射性物質が降下したという現実を、いつまでも直視しない、東京の人々の感覚が、こうした行為を招いていると僕には思えます。

 押し付け先の秋田県小坂町は、放射性物質の降下量は少ないです。東京とは比較にもなりません。汚されていない地に、汚れた地の不浄を押しやる狂気。僕は、こういうことを招いているのは、実は僕たち、一人一人の心のありようではないのかと思っています。

 秋田からの怒りのメールです。

==================================================================

 小坂町は8月3日の町議会全員協議会で細越町長が首都圏からの焼却灰受け入 れ再開を正式表明。それに対し、議員からは賛成の意見は出ず、「このままでは不安を解消できない。本来ゼロであるべき物が1でも2でも出て流されている。 鹿角、大館、能代に被害が行くのでは?小坂が最上流であるという自覚を。DOWAとしっかりとした協定を結び0に近づけてから排水するべきである。小坂の 川だけでなく、鹿角などの水も調べるべき。」「問題は8000ベクレルが本当に安全な数値なのかということ。低線量被爆について安全な数値が無いこと。専 門家の意見も割るほど誰にも何も分かっていない。ということ。20年30年後に影響のあるものを何故今、小坂町にないものを受け入れなければならないの か?100ベクレルの基準を守る事が妥当である。と個人的には思う。町民の健康を守るのも、議員の仕事のひとつである以上、私は賛成はできない。」など、 放射能の危険と今後懸念される環境被害に関する指摘が続出。受け入れ強行を図る町側を批判。それに対し町側は、政府の主張する安全、ならびに国や県との協 調姿勢を繰り返すのみ。
 本日6日佐竹知事は記者会見で小坂町の決定を支持、「町と企業が住民や議会に説明を重ねた結果だ」と述べ、事実を歪曲。放射能検査を支援する姿勢を強調した。
 小坂町にあるDOWAの処分場では、昨年7月、首都圏から運びこまれたゴミ焼却灰から国の基準値以上の放射性物質が検出され、受け入れを長期間中断していた。

 地 下水が汚染されれば広範囲に健康被害・環境被害が及ぶことは、長崎の街を一瞬にして地獄に変えたプルトニウム製造工場のある合州国ワシントン州ハンフォー ドとオレゴン州に続くコロンビア川の問題でも明白であり、政府、秋田県、小坂町、そしてDOWAの暴挙は批判されるべきものである。



http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/5ee3209a94a979c305314ca79c8e825a

一部転載↑


東京は都知事の鶴の一声でそれほど反対の声も聴こえず、私も気付かないうちに燃やされている状況でした。
あの時もあまりにも身勝手な都知事の決め方、実は密室でこの話を採決したそうな。

http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/414.html

そして今その焼却灰をそれほど汚染をされていない秋田県の地方に押し付けると言うやり方。

今、モラルの欠陥は政治をやっている人、一人一人が大問題です。

オリンピック誘致など騒ぐ前にもっとやるべきは、このような問題を後世の子どもたちのためにも大人の責任において常識のやり方で一塊にして拡散させないやり方を持って行くべきでした。

今からでも遅くはありません。出来るだけもう拡散させないで欲しい。焼却禁止にして欲しい。

全く小学生でも分かる事なんですが。

あのような独善的、欺瞞に満ちたやり方の人物が愛国者などと崇める方々の気持ちが全く分かりません。




人気ブログランキングへ
20:08  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。