2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.18 (Sat)

週間新潮はいつから反日出版社に成り下がった?

睾丸炎症、脱毛、脱力、発疹、足や胸の痛み。不定愁訴を繰り返し、甲状腺数値が悪化の品川8歳男児。

2012-08-18 22:30:36 | 福島第一原発
 
 健康被害の報告・相談に関しては、nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
 で直接伺っています。症状の進行に関して、ある品川の小学生のお子さんのお話を伺い、数値も含めて、データを公開したいという事です。不定愁訴の症状が、いろんな形で出続けている状況が細かくわかります。
 
============================================================================
東京都品川区在住:
8歳・男児
「低線量被曝症状と思っている症状」
 
2011年春~
・砂埃に触れると、色のない発疹
・微熱が出たり・引いたりを1ヶ月半
・偏頭痛(たまに)
・おねしょ(不定期にサイクルがあり連発したり・止まったり)
・突然の脱力(不定期に出るが、すぐ治まる)
・口内炎(悪化→保養旅行で完治)
・胸の痛み
・タンが絡む症状が続く→薬を漢方薬に変えてから小康状態
・睾丸に炎症が起きる(たまに)
・床暖房で室温は暖かい筈なのに、寒がる
 
2012年~
・脱毛(1週間程度で治まる)
・足のくるぶし~甲にかけての痛み
・寝汗
・胃腸不良が続く→薬を漢方薬に変えてから症状改善(現在も服用を続ける)
・口内炎が連続して発生
・テレビの音が聞こえにくい(今までより音量を上げないと聞こえにくい)
・胸の痛み・心臓がバクバクする
 
<注意点>
どの症状も、不定期に繰り返す傾向にある。
上記の総ての症状は、震災前には出なかった。
 
 
 
 
<甲状腺血液検査異常の推移>
 
2011/7/22
 
TSH:7.00(↑)
TS3:3.94
TS4:1.29
 
 
 
 
2011/8/29(西へ一週間保養後)
 
TSH:4.48
TS3:4.03
TS4:1.26
 
 
 
2012/8/3
 
TSH:5.98(↑)
TS3:4.32(↑)
TS4:
1.37
 
  
*****生活*****
・弁当持参
・水はミネラルウォーター
・食材は関西以西&外国産
・外出時は、マスク&伊達メガネ着用
・学校での活動:全プール指導を休む(プールサイドへも行かない)、土に触れる活動はしない
・2012年のゴールデンウィークも1週間の保養旅行
 
=======================================================
 続いては8/16の北九州の公開質問状提出についての報告です。
北九州では、さらに8/24(金)に大掛かりな集会を企画しています。参加できる方は是非。 
 
 
<2012/08/16 北九州市ガレキ公開質問状提出&抗議行動の報告>
 
 北九州市役所に行って、瓦礫受け入れの公開質問状の提出、16時頃~抗議行動を行ってきました。こちらが録画です。12/08/16 15:28 JST - IWJ_FUKUOKA http://ustre.am/:1FNZ1
 
 北九州市役所に最初集まった 人数は30~40人はいたと思います。5Fの役所の人との待ち合わせ場所にみんなで行った所、ガードマンが5~6人位て入り口をガードしていました。異様 な雰囲気。みんなで会議室入って質問書を渡したい旨言った所、慣例で10人までしかはいれないとのこと?ここで押し問答。みんなで入りたい旨行っても、 「慣例のため」としか言わない。法令がなければ向こうですといっても、それでは入っていただかなくても結構です。その繰り返し。何分かの押し問答の末、仕 方がないので10人入りたい人を募ってなかに入ることに。
 会議室は広くて、全員余裕で 入れる空間…。最初にガレキ問題を考える会・福岡の脇さんから質問を読み上げわたしました。その後、意見交換。環境局の方は、真摯にこちらの意見を聞いて いましたが、外から大声が…多分後から来た方が何故入れないんだと押し問答をしている様子。話し合いの途中でしたが、それではこれで終了にしますといって 強制終了。その後脇さんのみ呼ばれて話していましたが、直接聞いていないので内容はわかりません。会議の内容はIWJ動画で確認下さい。その時すでに4時 半ぐらいになっていたので、その後外で抗議活動。6時半ぐらいまで様々な人のアピールやシュプレヒコールをして終了となりました。
 
 これは、いったん北九州市が面談切り上げの挙に出て、いったん引き上げたのち、「話は終わっていない」と再度秘書室に入ったときのことです。

市民「今、宮城県は震災がれきの再契約中で、9月に議会で審議されるが、北九州市が処理すべき震災がれきはあるのですか」

森係長「あります。調整(聞き取りのまま)契約だが、北九州市が処理すべき震災がれきはある」

市民「市長は宮城県石巻市と限定しているが」

森係長「はい、石巻市のがれきです」

市民「突然焼却がはじまるのか。」

森係長「焼却する前にはいつから焼却を始めますとお知らせします。」

森係長発言は大きいと思います。

北九州市が市民に「あきらめさせる」心理作戦だととの見解も成立します。しかし、私は次のように、考えます。

今、震災がれき減量を奇貨として、北九州市は国に揺さぶりをかけ、震災がれき残量処理について、鹿島JVとの契約をチャラにするか、森係長の弁を借りれば「調整」契約を進めながら、宮城県と震災がれき処理委託契約を締結しようとしているのではないか。

確かに、宮城県は9月に議会審議が行われる。しかし、宮城県が北九州市と行政レベルで委託契約を締結することはありうるのではないか。そして、その契約同意議案を県議会にかけるという荒業を画策しているのではないか。

そういう事情が宮城県と北九州市の間で打ち進められているのではないか、そうであれば、8月に宮城県石巻市の震災がれきが北九州市に搬入される事態が発生しないとも限らない。

森係長の発言の裏にはそうした事態が進展しているかも知れない。
 
================================================== 
 
 京都講演申込み方法を一部変更しました。

 昼 の部と夜の部の予約をメールでも承ります。昼の部は座席確保のみです。夜の部は、前日8/22の24時までにメールが到着すれば、前売り料金での対応と致 します。お名前、連絡先電話番号、昼希望か夜希望のどちらなのか、必要枚数を明記してメールして下さい。お子様でも座席の必要な方は、料金が必要となりま す。kyoto.kodomo.inochi@gmail.com

【8/23(木) 木下黄太講演IN京都】

日程:8月23日(木)<昼の部>と<夜の部>
会場:アバンティ響都ホール(京都駅前アバンティ9F)
http://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
定員:350名昼夜とも。
※昼の部と夜の部では講演内容が違います。

 

昼の部は通常のスタイルの単独講演。昼の部は当日来場順の入場です。                                   

夜の部は平智之代議士を交えて、今後の日本のあり方を話します。            

 

<昼の部>

木下黄太講演 『放射能被害の今と、これから』

子どもを被ばくから守るために、どうすればいいのか?
現在の放射能被害の実態や、対処を講演。                                                 さらに日本において、放射能防御運動の今後の展開についても話します。質疑応答も。
開場 13:30
開演 14:00 (終了16:00)
入場料 1000円(前売なし。当日会場にて受付)

昼の部について、問い合わせなどはkyoto.kodomo.inochi@gmail.com

<夜の部>

木下黄太×平智之議員対談&講演

『子どもの未来を守るために、京都から
~放射能汚染と向き合う日本を目指して~』

 

子どもたちのいのちを守るために、私たちは何をすべきなのか?
私たちはどんな日本を目指したいのか?
放射能汚染の現実と向き合い、大切な子どもたちを守るために、自分で考えてみたい。
日本の未来のビジョンについて、講演していただきます。
ゲストに平智之議員を呼び、お二人に対談していただきます。
※平議員はご都合により、20時からの参加予定です。

開場 18:00
開演 19:00 (終了21:00)
入場料 前売1000円  当日1200円                                                 (前売チケットはe+(イープラス)にて発売)

*夜の部前売チケット購入方法*
販売期間:本日7月23日(月)~8月21日(火) 販売開始時刻はe+サイトでご確認ください。
PC用購入ページ
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002081300P0050001P006001P0030001
携帯用購入ページ
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002081300P0050001P006001P0030001?uid=NULLGWDOCOMO
※前売りチケットが事前に完売した場合、当日券の販売は行いませんのでご了承ください。

※申し込み及びチケット販売はe+(イープラス)以外の受付は行っておりません。
また、申し込み時はe+(イープラス)の利用規約を良くお読みの上、購入下さい。
チケット販売に関するトラブルが発生した場合、こちらでの責任は負いかねます。
e+(イープラス)チケット公式サイト→http://eplus.jp/sys/main.jsp

主催:子どものいのちを守る・京都
kyoto.kodomo.inochi@gmail.com

==============================================

!がれきを燃やしてからではおそいから!富山県高岡市で緊急開催!
 
【9/1(土)木下黄太講演 in 高岡】
 
9/1(土)13:30-15:30 (開場13:00)
 
ウイングウイング高岡一階 市民交流スペース
(富山県高岡市末広町1-8 JR高岡駅前でてすぐ)
お車でお越しの際は会場そばの市営高岡中央駐車場(有料)
 
【入場無料・予約不要】
☆先着100名様にもれなく「命の森の防波堤うちわ」プレゼント☆
たくさんの方に富山県および北陸の危機迫る現状を知っていただきたく、
今回主催者判断で無料にいたしました。皆様お誘い合わせの上ぜひお越しください
 
当日キッズスペース、授乳スペース用意します。
 
::::お問い合わせ先::::
放射能汚染おことわりの会 高岡  2012nonukestakaoka@gmail.com
チラシの セブンイレブンネットプリント番号 69152966  2012/08/23まで
 


http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/cbd03d6f42fd2710e861c74d4cbc993d

木下黄太さんブログ転載↑


木下黄太 ‏@KinositaKouta

しかも週刊新潮は、僕が男の記者と逃げという妄想を書き立てた。会社という組織の中の妄想を、こういう形で週刊誌に漏らす構図がもともと腹が立っていた。しかもなんで男と逃げなきゃならないんだ。気持ち悪い。好きな女としか逃げるつもりはない。そんなこと、当たり前。俺を知っている人間なら常識。



週刊新潮は前はもっとまともな出版社かと思っていましたが、こればかりか

週間新潮、木村沙織選手の「脇毛」問題を捏造か!?:反日出版社の存在理由あるの?

みなさん、こんにちは。

いやはや、日本には国内に「反日」勢力がたくさんいるようで、こんなものまであった。これは偶然見つけたものである。


http://quasimoto.exblog.jp/18602591/


一部転載↑

保守系な出版社だと思っていましたが、何時の間に?お金に釣られたとしか思えません。

オリンピック開催中でもあり、かなり悪質です。


木下さんはこれからも嫌がらせも多いかもしれませんが、多くの方の支えとなって奔走して頂きたいです。


どのTwitterか忘れましたが主催者側の人が「ふるさと」をマイクで歌い大勢で合唱でもしたのか、その時、「♪ウサギ追いしかの山~こぶな釣りしかの川~♪」となる詩が山と川が逆だったそうな。(笑)

一番肝心なこの歌の歌詞の心臓部ともいえる箇所を間違える日本人ているのだろうか。



人気ブログランキングへ



21:03  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。