2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.23 (Sun)

ネトウヨは現実を知らない

◆2012/09/23(日) 周到に進められる中国の対日制裁
北京空港も、上海空港も、広州空港も、日本国の航空機が到着しても、
管制官がタラップやブリッジへの誘導を故意に遅延させ、入管手続きも
日本人だけが長い列をつくり延々と待たされているという。
海上貿易も日本からのコンテナやカーゴの入管検査が厳格すぎるため
従来2日で終る検査が10日以上も待たされてしまうという。
中国は非常に厳しい「対日制裁」を発動しているようだ。しかも、これが
益々厳しくなる傾向だというから穏やかではない。

中国の「対日経済制裁」は、温家宝の発言からも分かるように、覚悟を
決めた中央政府の命令で行われている。
まったくヒドイ話である。
しかし、これが現在進行中の、厳しい現実なのだ。

このままいくと、経済面で、日中は国交断絶状態になる。
いま、観光業界やホテル業界、また家電販売業界は、売上が激減し、
経済的な日中国交断絶の怖ろしさを肌身で感じているはずだ。

日中国交断絶! ここまでの「覚悟」を中国政府は固めている。
日本政府には、「覚悟」はおろか「当事者意識」もない。
「そのうちアメリカが何とかしてくれるハズだ…」ぐらいの意識しかない。
喧嘩は「覚悟」を決めたほうが必ず勝つ! これは喧嘩道の常識だ。
覚悟を決めて喧嘩を売ってくる中国と、覚悟もなく中国を挑発する日本。
この喧嘩、すでに勝負は見えている! そー「覚悟」したほうがEー。
中国は喧嘩や戦争となると、したたかというか、狡猾である。
たとえば中国は、パネッタ米国防長官を懐柔し、
2014年の環太平洋合同演習(リムパック)に中国を招請する!
と言わせてしまった。
中国軍と米軍が、対等の友好関係を結んでしまったのである。

日本はアメリカの「ジャパンハンドラー」の指令に唯々諾々と従うだけで
したたかさも、狡猾さも、自己主張さえない。
もー完全に勝負は見えた。

これから日本の経済は悪化の一途だろう。
ただいま現在、中国という巨大な市場を失ったも同然なのだから…。
TOP


◆2012/09/22(土) 今の日本にサムライはいない。
アメリカのワシントンDCで先頃、世界各国の犬の展示即売会があった。
ドイツの犬、ロシアの犬、スペインの犬、…色んな犬が展示されていた。
そこへ一人の米国人愛犬家がやって来て、スタッフに質問した。
「あのー、アメリカの犬はどこにいるんですか?」と。 スタッフは…、
「はい、ではアメリカの犬がいるところにご案内いたします!」
と言って、その愛犬家を日本大使館にお連れしたそーだ。
…というジョークに日本人は笑えない。あまりにもブラックな冗句だ。

ところで、石原都知事が21日、再びブラックな発言をした。
反日デモなどで経済面に影響が出ている件について、石原都知事は、
「私たちが何をとるかという選択の問題。私は日本を第2のチベットに
したくない。日本人はサムライの気持ちを取り戻したらいい」
と語った。

石原都知事は、「ここは戦争か経済かの選択だ。武士になって戦え!」
と明確に語っている。いや!煽っている。
これでは、まるでアメリカの戦争屋と同じだ。
つーか、石原慎はアメリカの代弁をしているだけ。ま、アメリカの犬だな。

しかも、石原慎には、何の覚悟もない。武士の魂など微塵もない。
VTRを見たが、石原慎は↓こんな言い方をしている。
「やっぱり日本人はサムライの気持ちを取り戻したらいいんじゃないの」
この「いいんじゃないの」という無責任で投げやりな物言いには、武士の
覚悟など一欠片(ひとかけら)もない。

いっぽう中国の指導者は、覚悟を決めて言っている。
たとえば温家宝首相は20日、ブリュッセルで地元の華人・華僑に対して、
「(尖閣の問題は)頑強不屈を保持し、少しも譲歩しない!」
と述べ、さらに、
「われわれは有力な措置を取る」
と強調したという。
温家宝首相の発言には、悲壮ともいえる「覚悟」が垣間見える。
のみならず、中国という国家の国家意思と覚悟を明確に発信している。

日本の指導者には、覚悟もなければ当事者意識もない。
誰も石原慎と同じ、「××でいいんじゃないのー」といった態度なのだ。
覚悟を決めた中国と、覚悟など全くない日本。
鷲は、日本人として…、心のなかが、なんか、…寒い。


http://www.grnba.com/iiyama/

飯山一郎さんブログ転載↑


飯山さんの木下黄太さんへの中傷記事はこの人の人格を疑うほど、同意が出来ませんが、上の記事は全くその通りで同意100%です。



この暴動を引き起こした張本人は抜けぬけとサムライがいない~~と?。

ふざけた人物を一生懸命にネトウヨは擁護し、扇動ばっかりしていますが、その行き着くところは戦争です。

是非、ネトウヨが戦争に行く覚悟があって囃し立てているのか、聞いてみたいものです。

政権が変わると徴兵制だの、色んな戦争準備の法案が直ぐに可決しそうな恐怖を感じています。

煽っているばかりの方、現実を見ずにまさに机上の空論ばっかり叫ぶのはやめて欲しい。


中国で仕事をして居る日本人、また、一度旅行をした日本人はそんな扇動には乗りません。

一度じっくりと中国人との触れ合いをしてみると普通の人間である事が分かります。

政府だけが暴走をしていると言う事。それに振り回されて痛い目に遭うのは普通の市民です。

扇動には乗らないように。

娘もすっかり中国人の世話になっていて、引越しの時は安い中国人の引越し業者を世話して貰ったりしました。

今でも近くまで行くと家に寄って中国料理をご馳走して貰う、20歳ぐらい離れた人の良い女性の友達がいます。

私も以前も書きましたが、セミナーで一緒になった中国人、真っ先にアジア人の私を見つけて、空いていた横の席にすわってニコニコと話し掛けてきました。

戦争に突入になったら沖縄、石垣島の方々がどうなるか分かっているのでしょうか。


サムライはいない~~~、張本人は無責任きわまりない東京都の空を汚染地獄にした、まさにサムライどころの話ではありません。

自分がサムライでもないのにふざけた話は止めて欲しいもの。


どうしてこの人が今だに東京都の知事をやっているのか、余程都民て鈍感なんでしょう。

ネトウヨとはこのような偽愛国者を応援するような、現実離れをした、若しかすると日本人では無い人かな?と最近感じるようになりました。

ネトウヨが放射能の焦土作戦?のような真っ只中、一切無関心でいられるのもそんな思いがします。
国内が既に戦争状態だと思った方が良いです。

それを一切口にせず、中国が~~韓国が~~ばっかり。これネトウヨの特徴です。


同じことが日本にも起きているのです。

チェルノブイリ 人体汚染1



チェルノブイリ 人体汚染2
http://www.youtube.com/watch?v=wpgaEGQ7VUQ&feature=share&list=ULwpgaEGQ7VUQ



瓦礫拡散・焼却をストップさせよう!



人気ブログランキングへ
20:46  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。