2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.10.10 (Wed)

アメリカの高校生が福島へ「食べて応援」ついに世界へ ???

「食べて応援」ついに世界へ ???








動画提供者のコメント ↓

国内ではこの話を知らない人が殆どと思います。
ついに海外の子供達まで使って必死に日本及び福島の安全をアピールする日米政府。
このプロパガンダ動画に映っている子供達の顔が引きつって見えませんか?
やらせ?どこまでやれば気がすむのだ?  

米英豪より数人がこの「絆」という悪質なプロジェクトに反対して真実を知らない
アメリカ人やオーストラリア人の両親達に危険を伝えたかったので、プロジェクトを
担当しているメガン・バーナードさんに電話をしたりメールで資料を送りましたが、
その後、連絡はプッツリ。電話も取らずにスルーとなった。

年内に千人もの学生が米国から福島にやってくる予定との事。
オーストラリアの学生達は12月に来る予定。

2校の名前しか得ることが出来ませんでしたが、こちらが参加している学校です。
なんでも、校長先生は賛成しているようで、まいったな~。
「アメリカ」
Long Beach Polytechnic High School (562) 591 0581
Marina High School, Huntington Beach (714) 893 6571

「ブリスボン・豪」
www.afs.org.au/news-and-events/event/?event_id=1324 (英語)

絆プロジェクトは日米政府そしてユネスコ(UNESCO)により援助されているようです。
国連(UN) 系の組織は駄目ですね。
www.laurasian.org/kizuna/index.htm
The Laurasian Institution
12345 Lake City Way NE #151
Seattle, WA 98125

www.cgp.org/announcements/kizuna-project-strengthening-the-bond-between-the-u-s-and-japan-through-student-exchange

子供達を犠牲にしてまで国をアピールするのは非道徳です。
なんとか止めたいです。




--------------------------------------------------------




  わんわん
管理人

日本における食べて応援は、
明らかに、世界政府イルミナティがやらせています。
目的の第一は、やはり人口削減です。 

つい数日前に、韓国製のお酒マッコリを買って来ましたが、
何リットルあるのだろうと、表示を確認したところ、
なんと、毒性化学物質のアスパルテ-ムが使われていました。
迂闊でした。
彼等は、どんな事をしても人口削減を謀るつもりらしい。
あれにもこれにも、みんなコレが使われています。
皆さんもどうかご注意下さい。


ところで、上の動画の目的とは一体何なのでしょう?
どうやら、日米政府とイルミナティが進めているようです。
でなければ、アメリカの高校生が、わざわざ福島に来て、
食べて応援なんて「やらせ」をする訳がありません。



世界が禁止する日本輸出食材からみる食べて良いもの悪いもの
http://ameblo.jp/64152966/entry-11344028683.html


もう既に、世界では、特定の、或いは、多くの日本輸出食材を
輸入禁止にしている訳ですから、こういったプロパガンダ動画を
流すには、他に理由があるはずです。
無論、日本や福島の事を考えてやっている訳ではありません。


恐らく、世界と日本における原発利権を推進している連中に
とって、福島の惨状を隠蔽し、実情をごまかす目的があると
考えられます。

福島の惨状が、そのまま世界に伝わったのでは、原発利権に
とって大きなマイナスになると判断したものと思われます。
世界が、原発建造に否定的になる事を怖れている訳です。

我が国、日本にしたところで、原発建造の受注に躍起になって
いますし、世界の原発利権勢力も、それは同様です。

ですから、世界に向けては、日本とは事情が異なり、

原発利権 > 人口削減

こんな感じではないかと・・・
無論、あわよくば、人口削減も計算に入れているでしょう。

(※原料のウランの鉱山はロスチャイルド財閥が、ほぼ独占。
ロックフェラー財閥は石油を支配するばかりでなく原発の建設
に深く関わっている)




日本人が知らないニッポン~より
http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

CO2による温暖化説は、
ロスチャイルド・ロックフェラー両財閥にとって、
いくつかの利点があります。

まず、CO2(二酸化炭素)排出権です。
CO2排出権は国や企業に割当てられ、割当量以上のCO2を
排出する国や企業は、それ以外の国や企業から排出権を買うこと
になります。

つまり先進諸国は工業を維持するためにアフリカ諸国などの
後進国から排出権を積極的に買うことになるわけです。

その結果、これから伸びる後進国は排出権を買い上げられてしまい、
発展できなくなります。このようにして、

豊富な天然資源国である後進国の経済発展を
させないまま支配下に置くことができる


という利点が排出権取引の裏にはあります。


エコビジネスによる企業との連携

環境保護の名のもとに、企業は新たに様々なビジネス展開します。
そこから得られる莫大な利益のため、企業は自動的に
「CO2削減運動」のパートナーとなるばかりか、
強力な推進役となります。


原子力エネルギーの推進 

両財閥の独壇場である原子力エネルギー※は、
重大事故の際には地球規模の被害を生む危険性があるにも関わらず、
二酸化炭素を出さないクリーン・エネルギーとして、推進されます。

(※原料のウランの鉱山はロスチャイルド財閥が、ほぼ独占。
ロックフェラー財閥は石油を支配するばかりでなく原発の建設に
深く関わっている)

そして、2009年12月にデンマークのコペンハーゲンで
行われたCOP15(第15回気候変動枠組条約締約国会議)では、
世界統一政府の核となる組織(High Panel Board)が設立され、
この組織の財源となる炭素税が世界中の条約締約国に課されました。

(GDPの2%と2-10%炭素燃料税)

このような世界中から税金を集めるシステムが作られたのは、
人類の歴史上はじめてのことです。

つまり、「CO2削減」のスローガンは
地球温暖化対策のためではなく、

「世界統一政府の創出とその財源確保」 

のためにあったと読み取れます。






追加動画
不当逮捕の瞬間 大阪関電本社前 2012/10/5




警察や検察は、国民の為にあるのではありません。
公安は、特にひどい。
こういった組織の枢要な管理者は、
カルト宗教CIAの人間によって占められています。
彼らが、日本国民を徹底的に弾圧して来ます。
どこまでいっても、腐っています。




http://ameblo.jp/64152966/entry-11373627510.html


『光軍の戦士たち』さん転載↑



本当に何でこんな事しか考えられないのか、情けない気持ちになります。

主催者側(国の提案者)は自分の可愛いお子さんをそこに同行させたいですか。


http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/778.html

↑阿修羅の掲示板で、日光へ観光に行ったアメリカ人がアメリカへ帰った後に体の異変を感じて医師に診て貰ったそうです。

医師は放射能が原因ではないかと診断したとか。

日本の医者はそれを口にはしないでしょう。

アメリカ本国に帰った高校生が体に異変を感じて放射能が原因といわれた時、日本政府はどんな対処を取るのでしょうか。


これをアメリカの掲示板に、「もしお子さんの高校でこの動きがあったら反対をした方が良い」と、いう提案を載せましたが、翌日みたらそのトピは消えていました。

アメリカ在住の日本人に広まっては困るようなこの話は後ろめたさがある証拠です。


無責任にも程があります。

↑又、同じトピの阿修羅掲示板のコメント欄でそんな日光に小学生の学校の旅行で訪れる所があるそうですが、何を考えているのでしょう。

もう、お子さんは学校を辞めさせないと将来大変な事が置きそうです。


この国は議員の総入れ替えしないともう立ち上がれません。



此方に抗議をしましょう。↓


【Contact】
The Japan Foundation Center for Global Partnership (Tokyo Office)
E-mail kizuna@jpf.go.jp
TEL: +81-3-5369-6072 / FAX: +81-3-5369-6042


TOKYO OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership
4-4-1 Yotsuya, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0004
Tel +81-(0)3-5369-6072 Fax +81-(0)3-5369-6042
NEW YORK OFFICE
The Japan Foundation Center for Global Partnership, N.Y.
152 West 57th Street, 17F New York, NY 10019, U.S.A
Tel +1-212-489-1255 Fax +1-212-489-1344


↓北九州市で立候補をした村上さとこさんに続く方が日本中の地方議会、また国政にどんどん立候補をして頂きたいです。


一日一回、コメント欄合わせてチェックを。↓


http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」







人気ブログランキングへ
10:06  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。