2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.02 (Fri)

在外選挙の手続き中

前回の参議院選挙の時始めて在外選挙というのを経験をしました。

その場所へ行くために40分近く高速を飛ばして、車をある場所に駐車をさせて、バスで30分かかって、又、そこから地下鉄に乗って、さらに10分ぐらい歩いてやっと会場に着きます。

あの時は一人の子も一緒に選挙をしてくれる事になって、面倒くさそうだったので、「飛び切り美味しいお寿司を奢ってあげるから」と、一緒に行きました。

結局一日仕事の選挙の投票日で、美味しいお寿司を頬張りながら子供たち(一人は選挙はしないでお寿司目当てに一緒に付いてきました。)とお喋りを楽しみました。

あの時は投票しようという候補者がいたので力が入った投票日でした。



しかし、今回はまるで気持ちが全く熱くなりません。

こうやって住所変更の手続きをした事も無駄になってしまうのか。


何処を向いても、戦争をしたいような情けない議員で全く日本の将来がどうなってしまうのかという気持ちです。

「1ミリも領土を譲らない」とか、まるで子どもの喧嘩そのものです。

亀井さんのあの記事を思い出します。

愛国心で理性を停止させるな

国ごと何処かに引越しは出来ません。隣同士少しでも譲歩をしてやって行く事が隣近所仲良く付き合えるコツです。

実家の田舎の方でもそうやって仲良く近所づきあいをしています。

国同士でも同じです。

こんな素朴な市民の声がその内かき消されてしまうのか、戦前に一生懸命戦争反対をした方々が非国民として、扱われたような日々が直ぐそこまで迫っているような気持ちになります。



徴兵制など危険な法則を増やす事をたくらんでいる維新にすり寄っているだけで絶対に投票などはアウトなきもちになります。


おまけに「さてはてメモ帳 Imagine & Think!」さんの大きく変な人権侵害のの更新記事な話もあったり。

また、木下黄太さんの今回の更新警察が、大飯原発再稼働反対取材の市民メディアを家宅捜索。僕の目黒講演は質問をまず受け付けます。
にいよいよ警察権力がここまで行使してきた、という感じがします。

完全なフリージャーナリストがこんな風に捻じ込まれてしまったら手も足も出ません。

ジャーナリストが体制側にならず、民衆側に立つからこそ、マスコミが報道しない真実の情報をより多くの日本人が共有が出来ます。

こうやって仕事を取り上げられてしまうようなフリージャーナリストが増えてしまっては全てが闇のような世界になってしまいそうです。

田中龍作さんも岩上安身さんも頑張ってくれています。


できるだけ声を上げて維新の会、石原新党、みんなの党、自民党の危険性を知らせましょう。

小沢さんは外国人参政権賛成、日本人のDNAは劣る、と堂々韓国で演説をしています。

また「国民の生活が一番」の大事なポストはカルトの人だとか。


こうしてみると何だか暗澹たる気持ちになってしまいます。


追記:


http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/306fa85246c46915c2c1ae42cb7cfe8e

木下さんのブログで、法律に詳しい方が今回の警察の横暴に関してのコメントをされています。

今後、御自分の身に降りかかってくるかも分かりません。是非、参考にされると良いと思います。


人気ブログランキングへ
23:06  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。