2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.23 (Fri)

「夏休み」吉田拓郎さん 日本の夏の風景

NYC Thanksgiving parade
(メーシーズのサンクスギビングのパレード@NY
感謝祭の日です。テレビの3大ネットワークは朝からこのパレードをライブで放映します。この写真はネットから。)







今日までそして明日から




昔ファンだった吉田拓郎さんの動画を幾つか聴いてみました。

一曲聴くと次から次へ聴きたくなってきます。

数年前に闘病生活の話を知りましたが、この曲のように明日からも、淡々と、強かに、飄々と日々を過ごして頂きたく思っています。




夏休み





この曲を聴いていると田舎の風景が、小学校の頃の何の心配も無く自然の中で遊んだあの頃の日々が目の前に浮かんできます。



現在の日本を考えると、今の子供たちに申し訳のない気持ちになります。

厳しい将来が待っている、というイメージしか、思い浮かびません。



放射能を心配して、逃げても逃げても追ってくる現実。↓のように。

「放射能が怖くて大阪に逃げてきたのに、また大阪に放射能が来るのです。」小学生&カルデイコット会見。
(木下黄太さんブログ)


「美しい日本」などと掲げて、原発を推進している議員たちは、一体何をふざけた事を。

真面目にもう一度、現在の深刻の現実を知る事です。


結局は遅かれ早かれ、自分にも家族にもその影響が現れてくるでしょう。


そうならない前に出来るだけ被害を少なくする為にも、ガレキの拡散と焼却は早急に止めるべき。


何故、これを掲げる都知事候補や新党が現れないのか。



追記:


本日夕はカルディコット博士徳島講演、当日受付有。災害ガレキ広域処理に関しての都知事候補質問状。


木下さんブログで↑の質問状を提出されたようです。



宇都宮さんに木下さんは管理人がたまたま見て知っているだけで3回、この件に関してTwitterで質問されていますが、全く無視しているようでした。
もっとしているかもしれません。
やっと、こうやって正式に形にしてくれたので、答えない訳にはいきません。

木下さんに色々批判する人はいますが、このように先を見通して活動をしてくれて感謝しています。

何故、脱原発の宇都宮さんは無視するのか、また、世界的スピーカーのカルディコット博士の東京講演会への参加もなかったようでした。

脱原発、ガレキ拡散も常に一緒に扱う課題です。
21:42  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。