2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.08 (Sat)

今回の選挙は重要です!

この国を延命させよう

先日、今年は喪中はがきの数が非常に多いということを以前に書いた。
それと比例して有名人の訃報も非常に多い。


国は福島原発事故の放射能による健康被害は認められないー
と言っている。


だが、中村勘三郎が食道がんに罹ったのも、
原発事故に関係しているのではないかと私は疑っている。
なぜなら、私自身も昨年の4月から体の調子が思わしくないからだ。


なによりもまず、昨年の4月にそれまで上が124だった血圧が、
突然165にまで上がった。
次に、体がパンパンに浮腫んでいた。

幸い、治療を受けて血圧は下がったが、
体のだるさや関節の痛みは残り、
さらに非常に疲れやすくなった。

とくに、一昨年の年末ごろは歩いて営業をしていて、
1日10キロぐらい歩いてもまったくなんともなかったのに、
最近は、たった500m歩くのも疲れる。
しかも、早歩きすると心臓が苦しくなったりする。


こうした症状が私だけではなく、
私の周りにいる中高年に多い。


先日スーパーに買い物に行くと、
福島産の野菜や果物が格安で売っていた。

本当に福島の人たちには申し訳なく思うが、
口にするのには不安がある。

だが、値段も安いのでかなり売れていた。
ただ、生鮮食品は産地が書かれているものも多いが、
チェルノブイリ事故の時のように、
カレーなどの加工品に混ぜてしまえば、
産地は分からなくなってしまうだろう。



5年後には、日本人が半減しているという説も流れているが、
この調子では私もあなたも長くはないかもしれないですね。
お金のある人はお子さんを海外留学させるもの手だと思う。


日本人の種を海外に残し、
日本に住めなくなっても、
日本の血が受け継がれていけば、
いつか日本に帰れる日がやって来るかもしれない。
(ユダヤ人のシオニズムのように戦争が絡むのであれば、永遠に帰れなくとも仕方ないが)


国は原発事故は終息したと言っているが、
今でも福島福島原発から放射能は垂れ流されている。


その福島でIAEAが会議を開くという、
この原子力の世界的団体は、
福島の事故直後にもやってきたが、
福島の人を何も救ってくれなかった。
しかも事務局長は日本人の天野である。

今度も、福島に来たところで、
観察をするだけで帰ってゆくことだろう。

この者どもは、原発をなくすのではなく、
推進派であるので、
福島に放射能が蔓延して1年がたち、
どうなったか情報を集めに来るだけなのだ。

つまり、われわれ日本人はモルモット程度の扱いなのである。


こんな状態だが、
テレビはなぜこの時期に北朝鮮はミサイルを発射するのか?
などと恍けたことを言っている。

なんでこの時期にではなく、
日本政府が北朝鮮のミサイル発射時に合わせて選挙を行うだけだ。
憲法を変えて軍国化し、戦争に向かうために。


エジプトではアラブの春に、政府を倒すために力を合わせて戦った2大勢力がぶつかり死者も出ている。
イスラエルにとっては好都合であるーというよりシナリオ通り。

あれはアラブの春ではなく「アラブの冬」だったのだ、
そして日本にも長い冬が訪れる。


テレビ局のシナリオ通りに。
いまやっている番組の「ひるおび」だが、
セットの壁の柄が「ダビデの星」になっている。


先日のデービット・スペクター監視下で行われたの各党の討論会ではないが、
どの番組もユダヤ人の監視下におかれ、
あらゆる事柄が日本人に不利になるように運ばれている。


シャープも大騒ぎの上、結局外資に買いたたかれてしまった。
外資が支払う賃金を安くするため、
橋下らが最低賃金の撤廃を行うだろう。


北海道では猛吹雪でまたしても大停電が起こっている。
私が生まれてから50年間、
台風が札幌を直撃したのはたったの2回だが、
この冬に風速30~40mの猛吹雪は記憶にない。


どうやら北海道はこの手で攻められるらしい。
あらゆる手段で日本人が減らされている。


暴力に訴えるのは賛成できないが、
平和的手段で政治家たちに抵抗しよう。

そしてテレビ局に唆され、
平和を破壊する政治家には投票しないことだ。




http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11010960.html
(たんぽぽ日記 平和への道さん転載)


それ程興味も無かったのですが、初めて歌舞伎を観劇したのがニューヨークの中村一座でした。


その時、安い切符を買って娘と舞台となったリンカーンセンターへ行きました。

幕が上がる前に中村勘三郎さんが前の方の席が空いているので、後ろの方にいる方々はこちらの前の空いている席に座ってください!と、言ってくれたものでした。

その時も冗談を言って笑わせてくれましたが、すっかりどんな冗談だったかは忘れてしまいました。

これでは高い切符を買った方々に申し訳なく思いましたが、劇はできるだけ前で観たいと思うもので図々しく移動させて頂きました。

全然予想もしなかったのですが、それが本当に笑える歌舞伎でした。


お腹がよじれる程笑えました。

ついこの間と思いましたが既に数年も前の話になってしまいました。


ご冥福をお祈りします。



誰に投票してよいか、どっちを向いても一癖あるような党だったりします。

以前は応援していた方は飛んでもないと思える党から立候補とは何を考えているんでしょう。

この際、義理など言っている場合ではありません。


きっぱりとした行動がなぜ取れない、うやむやな気持ちではもう戻れない程の日本になっている事が分かっていないのでしょう。




ある掲示板にある言葉が反応して自動的に投稿できない事がありました。

管理人の判断でなく、プロバイダーが既に言論統制の仕組みを取り入れていた結果でした。

これからもどんどん真実を覆い隠す社会になって行くような気がします。


できるだけ、それを推進させるような党には投票しないようにと願っています。


たんぽぽ日記さんもお元気で更新を期待しています。



江戸川区の小岩、隣接する店舗、店長、副店長と魚屋のおやじさんが同時期に3人突然死。本日大分講演。
当初定員である150人は予約でほぼ満員だそうてだす。このため、急遽会場内に椅子のみ増設して、当日に予約なしで来られた方にも対応するという事です。この為、予約なしの方も、直接おいで下さい。

【本日12/8(土)木下黄太 講演 IN 大分】


(木下黄太さんブログ一部引用)


子どもがさんまやお寿司を偶に食べているというので、「魚はできるだけ止めた方が良い」と、言いましたが、聞き入れてくれません。



分かって売る人も困ったものですが、生活が掛かっているので止める事が出来ないのでしょう。

本来なら国がその辺の補償をすべきですが、それを絆でごまかしているだけ。

嘆かわしい限り。


22:04  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。