2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.12 (Wed)

【大阪・ガレキ阻止】ガレキ阻止が大切、府警に抗議活動継続は無意味、敵を見誤るな。大学へ手紙で嘆願書。

【大阪・ガレキ阻止】ガレキ阻止が大切、府警に抗議活動継続は無意味、敵を見誤るな。大学へ手紙で嘆願書。

2012-12-11 08:17:08 | 福島第一原発

 北九州のガレキ問題でも、足かせになりましたが、今回も、特定な左翼的感覚を一部の人が主張して、話がおかしなことになっています。はっきり言いますが、警察との対峙ばかり主張する、左翼側の一部の言説には反吐が出ます。

 大阪府警があきらかに、不当な逮捕をしていることは、間違いありません。その強圧的な手法に僕は相当懸念しています。しかし、使い走りのシステムにしかすぎません。いかにひどくても。

 しかし、その府警相手の抗争を優先させるという発想は完全に間違っています し、相手の思うツボです。というか、馬鹿すぎます。警察と対峙すればするほど、逮捕者は増えて、話にならなくなります。そういうことをして、一般の大衆か ら、ガレキ反対運動をかい離させることになります。その方向にどんどん走っていく人たちは、あまりにも愚かだし、根幹の目標を忘れて、自分のたちのウェッ トな同志感情に流されています。

 あなたたちの「仲間を助けよう」という運動を、警察相手に展開すればするほ ど、警察はその中の中心人物をさらに逮捕しようとするだけです。そうでなければ、より警察に敵対的な人物を逮捕しようとするだけです。それが警察の本質で す。前から、警察という組織はそういうものです。

  しかも、この展開を見ていると、あなたたちの内部にも、おそらく公安への協 力者≒Sが存在している方が自然な気がしています。だれが、なにを行っているのか、たぶん公安には目星がついていて、いろんな時々で、目を付けた人間を、 なんでも細かく法的に理屈がつけば、逮捕していくぞ、というスタンスだと思います。ばかばかしい状態です。そういう状況なのに、さらに府警を刺激すること で、自らの首を、さらに自らで絞める状態です。あほらしすぎます。

 本来、ガレキを止める。橋下市長の横暴なやりかたを食い止めるのが、この大阪での活動の中心と認識しています。敵は本能寺にあるだけで、関係ない神社や寺に攻め入っても、対価は得られません。こんなことは、すこし考えれば、理解できる話です。

 しかも、ツイッターなどで情報を得ている人以外には、下地さんの逮捕さえ、一般的には知られてさえいません。東京の週刊誌記者に何人か話すと、皆知らなかったのです。ただ、中身を伝えると、関心をもって取材したいと話していました。ご本人が保釈後なら取材したいと。

 だから、伝えることから始めなければ何も進みません。しかも、本題のガレキに関しての対応を続けなければなりません。それが肝要です。

 逮捕された方たちへは、救援活動、弁護士などとの支援活動が大切です。そこに、警察抗議活動は、なんのメリットもありません。自己満足です。

 放射能防御活動を、ある種の自己満足というか、自己実現に使っている女性たちが、前から一部にいて、僕は辟易していました。そういう愚かしさと、今回は似た匂いを感じています。

 ガレキ反対運動を行っている皆さんに僕は言います。警察への挑発を行う暇はありません。ガレキ焼却阻止のために、意味あることをしてください。それしかありません。わかってください。

 下地さんが准教授として勤務している大学に、ある女性がこういう嘆願書を出そ うとしています。これは、一例ですが、こうした嘆願書を、彼を知り、彼の言説に助けられた、多くのお母さんたちが、彼の勤務大学に出すことは、プラスがあ ると思います。警察に意味なく対峙するよりも、下地さんを実質的に助けるために、皆さんが、大学へ手紙を出すのは、意味がある行為です。電話やメールより も、自筆の手紙が望ましいと思います。

==============================================

「嘆願書」

阪南大学学長様へ

突然の手紙をお許しください。

私は、奈良県在住の、〇〇と申します。

貴大学の下地真樹先生の不当逮捕の件で、お願いがあり、筆をとった次第です。

 

ご存知のように、下地先生が、大阪府警により不当逮捕されました。

脱原発や汚染瓦礫焼却反対の活動を通じて、下地先生のお姿をいつも拝見してきました。豊富な知識と理論、またそれをわかりやすく説明してくださる頼もしく明るく穏やかな方です。

何よりも根底に「すべての人の命を守りたい」という真摯な思いがあり、その姿勢にいつも共感しておりました。

 

私には中学生と高校生の子供がおります。中学生の息子は、甲子園に行くのが小さいころからの夢で、毎日野球の練習に励んでいます。

 

しかし、大阪市が汚染瓦礫の本償却を始め、放射性物質が日常的に舞うようになれば、息子も少なからず被曝するでしょう。200種類ともいわれる放射性物質が肺胞にでも入れば、痰として出ることも不可能。半減期が何十年、何百年、数百万年といわれる物質が肺の内側にこびりついて、アルファー線やベーター線を出し続ければ(内部被曝)、その影響は計り知れません。

 

ご存知のように、先日1129日、30日の試験償却の日には、舞州のゴミ焼却場の近くよりも、高さ150メートルの煙突から噴出された放射性物質が生駒山にぶち当たり、そのふもとの東大阪市や八尾市、四条畷市や大東市で放射線量が高くなりました。

息子は、29日の夜間、グランドで野球の練習がありました。私は息子に練習に行ってほしくないと頼みました。でも息子は、休むことはできない、と…。

息子が野球をしたい気持ち、よくわかります。でも、命の危険を冒してまで野球をやらせていいのか、練習中ずっと悩みつづけました。そしてこれからどうすればよいのか、今も悩んでいます。

 息 子に安全な場所で、好きなだけ野球をやらせたい。でも、2月から大阪市が本償却を始めれば、大阪だけでなく、夢の聖地「甲子園」を汚し、関西にいるすべて の球児、すべての子供たちの健康が損なわれる恐れがあります。瓦礫を燃やしたばかりに、たった一人でも健康被害が出て苦しむことになれば、例えたった一人 の子だったとしても、一人の母親として、絶対に許すことはできません。

 そんな私たち母親の思いを、いつも代弁し、勇気を持っていろいろな場所に届けてくださったのが、下地先生でした。

 どうぞ、大学として下地先生を守ってください。学問の自由を守ってください。

最高学府として、「学問の真理」に基づいた判断をしてくださることを、一人の母親として切にのぞみます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

==============================================

【大阪・ガレキ阻止】「放射能汚染ガレキ広域処理差し止め裁判原告団」より 

大阪市・大阪府を被告とするガレキ広域処理差し止め裁判を提訴。皆さん、原告になってください。

 ご質問はnobiscum@wb4.so-net.ne.jp(小山)

 ★提訴は来年1月23日。

 ★被告は大阪市・大阪府。

 ★請求する内容を、①放射能汚染ガレキの広域処理の差し止め、②環境権の侵害による損害の賠償(慰謝料)、とする民事訴訟。

 ★原告団の加入費用は、1人1万円。

 裁判の目的は、ガレキ広域処理の実行者の責任を追及し,圧力をかけることです。

また裁判を道具として広域処理反対の運動を拡大することです。 

詳しくはこちらのURLから,原告団のHPに入ってご覧ください。
→ http://garekisaiban.blog.fc2.com/

≪誰でも原告になれます≫

 この訴訟は、良い環境を享受する権利が侵害されると感じ、訴訟の費用を負担する人なら、誰でも原告になれます。住所による制限はありません。
  住所による制限はありませんが,焼却場等からの距離や原告の性質(放射性物質に対する影響の大小)が結論を左右する可能性があります。
===================================================

 

【45人限定「12/15(土)木下黄太と話す放射能防御女子会IN川崎」】

 

 

 

 トライアルイベントです。僕のトークを一時間行い、その後、みなさんと時間を取ってお話をします。きちんとお話をしたいので、人数を限定して、参加対象を絞りました。会場は22時手前まで使用可能なので、皆さんの様子次第で、終了時間は決めたいと思います(所用のある方は二時間程度でお出になっても構いません。フレキシブルに。)。シンフォニーホールの研修室。川崎駅直結です。

 

 参加者は45人限定。参加対象は、放射能防御を意識している20代、30代の独身女性をメインに、既婚でもお子さんのいない女性を優先します。お子さんづれで出席の方は完全に不可。男性も当然不可(というか入れません)。若 い女性たちが、自分の身を守ることをどこまで意識して、どこまで考えているのかを、僕のトークをベースに、一緒に話せるくらいの人数の方たちと、きちんと お話しするという試みです。僕自身も、首都圏の若い女性たちが、どの程度の危機意識でいるのかを、きちんと捕捉する良い機会と考えています。

 

■日時
2012年12月15日(土)受付開始 18:00 開始時間 18:30 
■場所
川崎駅直結
ミューザ川崎シンフォニーホール 研修室2+3
http://www.kawasaki-sym-hall.jp/access/
■申込アドレス
woman_rdp@hotmail.co.jp 

参加費は1000円。参加希望者はメールにお名前、連絡先(携帯など)を書いてお申し込みください。一緒に来られる方がいるなら、その方も同様にお書きください。45人以上の参加ができないため、一通のメールでお二人までしか予約はできません。ご了解ください。




http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fe3caf54fa54dabe6aa23a2f027da16b

(木下黄太さんブログ転載↑)

反対運動をしている方、木下さんの今回の更新の意味をしっかりと受け止めて行動をして欲しいです。

本当にもう常識の枠から外れて権力を行使してきている、ということを頭に叩き込んでこの運動を続けて下さい。

一般の方以外の木下さん含め、真実を語って行動をしているジャーナリストの方々も気を付けて頂きたいものです。


Rolling Bean ‏@rolling_bean

警視庁の威嚇に思える“@npj_staff 「選挙ビラ配布で住居侵入容疑、逮捕」 [TBS] 東京都知事選の宇都宮健児候補の支援者が選挙のビラを配るため、8日、東京・三鷹市のマンションに侵入したとして、住居侵入の疑いで逮捕されていた http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5203895.html …”


(Twitterより↑)

がれき拡散を反対している側だけが逮捕されているらしい今の日本の現実。

未来の子供たちは一体どうなってしまうのでしょうか。


ぬまゆさんのブログもとうとう閉鎖されてしまったようです。

真実の声を上げる人がこうやって徐々に声を上げにくい状態に追い込まれているようです。

こんな分かり切ったような嫌がらせに屈せる事なく続けて頂きたかった。


投票するように回りに呼びかけを!!

鉛筆でなくてボールペンでしっかりと書いてください!

05:32  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。