2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.12 (Wed)

亀井静香さんが影で支えている「日本未来の党」

自由民主党は「民主と自由」の看板を下ろせ! 安倍晋三が民主主義を破壊する! たんぽぽ

自由民主党は「民主と自由」の看板を下ろせ! 安倍晋三が民主主義を破壊する! たんぽぽ日記 2012年12月11日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/

皆さん、いよいよ衆議院選挙が今週末に迫ってきました。みなさんの投票先によっては、二度と衆議院選挙が行われないかもしれません。

今 度の選挙の最大の政策・争点は「戦争」なのですが、マスコミが原発やTPP、経済問題ばかりクローズアップして争点をぼかしています。その上、北朝鮮や政 府と協力して「北朝鮮ミサイル問題」で国民の不安を煽り続けています。そんなにミサイルが飛ぶのが大問題であるならば、我々日本人は毎日臨戦態勢で暮らさ なければなりません。

北朝鮮だけではなく、中国やロシアはもっと数多くのミサイルを飛ばしていますし、アメリカの飛ばしたミサイルの数は、全世界のミサイルを数を合わせても足りないくらいでしょう。

そして日本も数多くのミサイルを飛ばしてきました。その際に北朝鮮はいちいち迎撃ミサイルを配備したでしょうか。

これらは今回の選挙で「戦争屋」たちを当選させるための演出なのです。でなければ、この選挙を挟んで大騒ぎするわけがないでしょう。北朝鮮がロケットを打ち上げるタイミングとしては、選挙日の朝、つまり12月16日の朝が最も有効となるでしょうが、その前日や、2~3日前かも知れません。(報道では遅れるとは言っていますが・・・)

石原慎太郎の発言が今朝の朝刊に小さく出ています。

「このところの大学生は米国との戦争を知らない。近現代史を教えない。知った2~30代は上の年代より強い意志を持つ。それに応える政治がない」  朝日新聞より


この元東京都知事が日本の大学生に「戦争とはどういうものかを思い知らせてくれる」ことでしょう。

そんな中、石原慎太郎と小沢一郎が互いになじり合っているという記事も朝日新聞に出ています。

第三極の2氏が火花 第一声で互いに「なにがし」

 日本維新の会の石原慎太郎代表と日本未来の党の小沢一郎前衆院議員が、衆院選の街頭演説で火花を散らしている。自民党にいたころから肌の合わない2人が、第三極同士にところを変えてなじりあう。

 石原氏は大阪市での第一声で先月30日の党首討論会を振り返り、未来の嘉田由紀子代表に「気の毒だね。美人でも後にいるのは化け物だ」と言ったと紹介。これまでも「小沢なにがし」が未来を仕切っている、とたびたび揶揄(やゆ)している。

 一方の小沢氏は、愛媛県久万高原町での第一声で「石原なにがしは核武装の話までしている」と発言。「自民党と連携してなんで維新か。全然維新でない」「このままでは大政翼賛会になる」と批判を連ねた。



これはちょっといい傾向です。(やらせかもしれませんがね) 私は小沢も好きではありませんが、今回は小沢の言っていることの方が的を得ていますし、嘉田代表が「憲法改正にくみしない」と言いましたから、未来の党に入れようかなと考えています。共産じゃ薄気味悪いですしね。(引用注:私は、亀井静香さんを応援している姉を放射能で殺された亀井さんが売国奴になるはずがない。石原慎太郎とも袂を分かってくれた)

安倍晋三も相変わらず「憲法を変える」と言い続けています。そのためにまず、憲法96条を変えて「改悪」し易くすると。

憲法96条の要件は以下の通りです。

①憲法の改正は各議院の総議員の三分の二以上の賛成、国会がこれを発議、国民に提案してその承認を得なければならない。

②承認は改定の国民投票、または国会の定める選挙での投票において過半数の賛成を必要とする。

③承認を経たとき天皇が国民の名において直ちにこれを公布。


などとなっていますが、安倍はこの改憲発議に要する議員数を「二分の一」にまで下げて、「戦争」をしやすくしようと企んでいます。

その上、安倍が進める改憲に反対する議員は、国会から退場してもらうなどと言っているが、平和憲法を守ろうとするのは、「平和」を求める者にとっての最大の権利であるはずだ。その権利、つまり精神的自由を奪おうとしている安倍は、著しく日本憲法の精神を犯している。


安倍晋三、お前こそ日本の政界から退場せよ!そしてお仲間が多数いる朝鮮半島に帰ればよいのだ。

田中真紀子は今頃になって、これら改憲勢力を「暴走老人」とか「岸信介の孫」などと正しく非難してくれているが、あの大学承認問題がなければな・・・と残念に思う。

今回の選挙で自民が大勝すれば、憲法9条の存続が怪しくなる。

そして来年の参議院選挙で自民と維新が大勝して連立を組む、さらにすぐに衆議院を解散し、小沢の言うとおり大政翼賛会を結成する。

その後、選挙は行われなくなり、石原や安倍が言うとおり、「防衛軍による軍拡」が開始されるだろう。

野田政権もそのためにせっせせっせとミステイクばかり演じているが、「小沢の未来になんか入れたくない!」という人は、民主か社民に入れたほうがいい。また、それも嫌なら今回は共産の方がまだよい。

最も危険なのは「維新」、その次に「自民」、そして「みんな」である。 そして「公明」 「日本新党」なども続くだろう。(引用注:「新党日本のことでしょうか。脱ダムは変でしたが、田中康夫はまだましなほうかと思います。自民は征倭会でないことが重要ですね)

「脱ダム」が原発に向かわせる政策であることに、国民は気付いていないのだ。ダムは自然破壊と言うが、放射能よりははるかにましだ。日本にダムを数多く作り、その際には必ず発電設備を義務付けることが必要だ。

ダムは燃料がいらない、非常に安価で自然を破壊しない電力設備である。化石燃料も、悪魔のプルトニウムも必要としない。「政治のブティック」なんだか知らんが、わけのわからん奴が国民を口先で騙して死に向かわせているのだ。

だいたいそういう人間はよくテレビに出ている。テレビが人間を騙すように。


http://satehate.exblog.jp/18989094/
(さてはてメモ帳 Imagine & Think!さんのブログ
たんぽぽ日記さんの部分転載↑)




国民殺しの政策ばかりを掲げる自民党の安倍晋三・総裁は、“A級戦犯アメポチ売国奴=岸信介”の孫(プ
http://surouninja.blogspot.jp/2012/12/a.html
もう皆様御存知の通り、「原発推進」、「消費増税」、「TPP参加」、「核武装」を唱える自民党の安倍晋三・総裁は、“A級戦犯売国奴=岸信介”の孫である。

岸信介 - Wikipedia

太平洋戦争後にA級戦犯容疑者として逮捕されるが、不起訴となり公職追放。


http://surouninja.blogspot.jp/2012/12/a.html
(スロウ忍ブログ@Bloggerさんブログ上の部分及び下記部分一部引用↑↓)


こういうカルト保守連中(民自公維新みんな)に政権を握られることがどれだけ危険なことか、もう誰にでも分かるだろう。未だに気付いてない、若しくは、気付かないフリをしているのは、金で飼われたネトウヨ達だけである。



ネトウヨとは、↑のように思われても当然でしょう。

たんぽぽ日記さんと同じです。

亀井さんのいる党に期待をしています。


選挙日、投票するように回りに呼びかけを。

ボールペンで投票しましょう。
23:31  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。