2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.18 (Fri)

PM2.5(微粒子)は焼却すると放出・バグフィルター・マスク役立たず・皮膚からも侵入



時間を見つけて是非、この動画をご覧になってください。


アメリカで今まで、焼却炉を見たことがありません。


この動画をご覧になると、日本ではクリーンセンター?など焼却施設がふざけた名前がついているようですが、本当に信じられない事です。

山本さんも子供の学校の遠足、もし、クリーンセンターへ予定された場合は親は反対をするように、と。


海外では、焼却炉が出来るという案が出ると住民の大反対があるようです。

それは中国も同じだそうで、その映像も入っています。

中国は管制デモという雰囲気がありますが、住民の意志表示は結構すごいらしいです。

中国人の店に行くと店員が大きな声で元気が良いですが、兎に角黙っていられない国民性もあるでしょう。


PM2.5とは、焼却した後の微粒子でバグフィルターは役立たずになり、皮膚からも侵入してしまうそうです。


焼却しても元素は消えない。


チェリノブイリの事故の後、山火事が起きないよう気を付けていた、という話を聞いた事がありますが、どうしても自然に起きてしまう月があり、その月になると線量がグンと上がっているのが分かる図も動画に載っています。。

一度放出されてしまうと、下に沈んだ放射能が再び大気中に舞い上がるということです。

最初の爆発の放射能の拡散よりも、焼却をしてそれ以上に広がってしまったということ。


それによって心不全など引き起こされる可能性が強くなる、という恐ろしい物質です。

あちこちから心不全で若い方も亡くなっている話は、この為でしょう。



焼却して発生する、PM2.5はマスクをしても無駄だという、恐ろしさです。

PM2.5の中にプルトニウムも含む放射能各種や他が取り込まれている。





それを東京に50万トンも燃やすと強行した前都知事とは飛んでもない狂気だったことも今更ながらに感じます。



今、同じことが大阪市でも始められようとしています。

海外から見ると、日本という国はこのような問題の扱い方が異常であることが動画からも分かります。


この動画をご覧になると焼却の恐ろしさが分かると思います。


それを堂々と日本の大都市、また、北陸へと運び、燃やすという利権がらみで。


こんな瓦礫拡散・焼却は民主党が決めた事ですが、自民党になったので環境問題、もっとまともになるかと思っていましたが、まったく変わらず。

今後この汚れた日本で生きて行く子供達が本当に気の毒です。

既に多くの被害者の例が木下さんのブログでも紹介されています。



木下黄太さんのブログに脅しとも思えるコメントも寄せられているようですが、このような国土の安全を守ろうと動いている人が何故、左翼というのか全くおかしな言いがかりです。

放射能拡散を無視しているのが、右翼ということで、「日本を守る」とは、口ばっかりということが小学生でもわかります。


木下さんも山本さんもくれぐれも身辺、変な罠に引っ掛からないように気を付けて頂きたく、これからも活動を宜しくお願いします。



それにしても、ネトウヨの口癖、


祖国へ帰れ~~!(木下さんのブログのコメント欄に)


マニュアルがあるのかもしれない。



一日100トン焼却と岩手焼却灰、大阪暴挙。無脳症中絶後の出産、心雑音、心臓の穴、チェルノブイリハート。

今週土曜日【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】

14時~16時 (受け付け13:30~)姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】


 「大阪ガレキ阻止・飯島勲 内閣官房参与へのお願い手紙作戦」


(木下黄太さんブログ引用↑)


東京都もまだ燃やし続けているようですし、心ある維新の会の議員さん、また他の党でも良いですが、是非、あの愚か大阪市長や都知事、また北陸のある市長にこの暴挙を止めるよう、進言して頂きたい。

22:03  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。