2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.10 (Sun)

尖閣購入「寄付金返せ!」の苦情殺到

石原前知事の思いつきに振り回されただけ 尖閣購入「寄付金返せ!」の苦情殺到

【政治・経済】

楽天SocialNewsに投稿! Yahoo!ブックマークに登録
2013年2月6日 掲載

国有化で14億円が中ぶらりん

 やっぱりというか、東京都が尖閣諸島購入のために集めた寄付金が中ぶらりんになっている。寄付した人から「返してほしい」という苦情電話が160件ほどかかってきているというが、そりゃ怒って当然だ。

 先月末で受付を終了し、集まった寄付金は総額14億8520万1967円(10万3602件)ナリ。ところが、尖閣諸島は昨年9月、国が20億5000 万円で買ってしまった。で、船のチャーター代といった現地調査の費用など8000万円を差し引いた14億円を、「どうするの?」という話になっているの だ。

「国有化が決まった以降に集まった寄付金は1300万円ぐらいで、要するに99%の人は尖閣購入のために寄付をしたわけです」(都庁関係者)

 肩透かしを食った寄付者にすれば、「ふざけるな!」だろう。もう購入しないのだから、寄付金は返してもらえるのか。

 都の尖閣諸島寄附担当の言い分を聞こう。
「寄付金を受け付けた当初から、尖閣諸島の『購入』と『活用』に充てることになっています。もう購入はできないので、活用にシフトしたわけです。集まった 寄付金は国に譲渡することになるでしょうが、具体的な条件や日程は決まっていません。苦情電話? 『尖閣諸島の活用のため』ということで、納得してもらっ ています。寄付金の返還についても、当初から想定していない。寄付者の志が早く有効活用されることを望んでいます」

 分かったような分からんような……。はっきりしているのは、現時点で14億円は中ぶらりんということだ。

「昨年4月に尖閣購入を言い出したのは前知事の石原慎太郎氏ですが、寄付金のアイデアを出したのは当時副知事だった猪瀬直樹知事です。買えるかどうかも分からないのに行き当たりばったりで始めて、結局このザマです」(前出の関係者)

 石原と猪瀬の思いつきに振り回された都民、国民は、ホントいい迷惑だ。


日刊ゲンダイさん転載↑


これは愛国詐欺という名前にピッタリです。

都が買うというバカ話が流れた時、こんな日が来るのを予想していました。

こんな日とは戦争の足音が聞こえてくるような状況になってしまうのではないかと。


この記事は

richardkoshimizu's blogさんのコメント欄で知りました。

この更新のコメント欄に

> K.O. 大学
国売奴のヶヶ中の スイスにある
400億円の
不正預金は大丈夫なんでしょうか?

たしか、りそな国有化の
リベートでしたよね。
オウム都知事の
石原さんも、【尖閣諸島は日本の領土だ!】と
声上げて、ヘリテージ財団から手数料
400億円貰ったそうですが、
口座はスイスですか?

Elint
2013/02/06 19:22


こんな話が載っています。

国を窮地に追い込んで、400億ですって!!

これ本当でしょうか。


ネトウヨ軍団て一体何だろうと改めて疑問に思えてきます。


どんどん請求をして、もし拒否をするようなら裁判に訴えるべきです。


騙されて、もまたこんな風に騙されているって本当にしっかりしてください。

瓦礫も安全安全、と言いながら強制的に持ち込んで、50万トン。

その後、尖閣寄付の話に飛びついているネトウヨの神経が本当に分かりません。


@kamiura_jp: 「中国軍と自衛隊の軍事衝突が起きる」と話して欲しいとテレビ番組のスタッフから電話。今回は中国軍の未熟を指摘し、「あえて危機を煽ることは出来ない」と断ると、そのように話せる人を紹介して欲しいと聞かれた。またか。どうしてテレビは戦争をさせたいのか。明日は日中戦争が始まると放送なのか。

アスペル
2013/02/06 21:18

RKコメント欄より↑


先の戦争もこうやって始まって行ったのかと辟易。

今は昔と違いネットで情報をキャッチしている人も多く騙されません。



鞦韆院落さんは反日騒動の頃はアクセスランキングで一位になったそうです。

中国で暮らす日常風景がつづられています。

10万前後の日本人が中国に在住のようですが、変な事になると、その方々も危険な状態にさらす事になります。

世界からも今後も注目をされるのは、何と言っても中国の13億人の購買力です。


中国をどうにか過小評価をしたいようですが、リニアモーターカーに乗った知りあいは発展ぶりにも驚いたようです。

核保有国で国連の常任理事国、その核の照準は日本の各所を狙っています。

原発に命中されたらどうなる。

それこそ、中国側から簡単そうな日本海に一体いくつ原発があるのか、ネトウヨ軍団は全くそのような見通しが出来ないようです。



安倍バブルは、政府が戦争を仕組んでいることを気付かせないための餌。 中国を戦争に駆り立てる安倍政権と国会議員たち
(戦争はなぜ起きるのかさん)


レーダー照射の謀略 - 海自はどこで何をしていたのか
(世に倦む日日さん)

↑Twitter 101、Facebook415  拡散してくれています。

どんどん拡散しよう。

21:43  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。