2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.17 (Sun)

【 速報 】 「 ふくしま集団疎開裁判 」 2.23 新宿デモ

【 速報 】 「 ふくしま集団疎開裁判 」 2.23 新宿デモ 。




これは、

関東の方からの 一本のお電話で 知りました。


全国のみなさま、

本当に ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、ブログの抜粋。



「 子どもたちを、被曝から守ろう !  2.23 新宿デモ 」

命の復興を最優先に、ふくしまの子どもの命 を守れ !







速報です。

2月23日 ( 土 )

新宿アルタ前で、

13時 に集合し、

14時30分から、

デモ行進が予定されています。



この 「 デモ 」 は、

非暴力が、大前提です。




みなさま、

どうか、この情報を 拡散してください。



そして、

福島県の 「 こどもたち 」 の生命を守れるように、


わたくしたちも、県内で 動きます。



この、「 命の復興 」 は、

世界中が注目しています。



よろしくお願いいたします。

ぬまゆ


(ぬまゆのブログ ( THE FINAL ) さん転載↑)


アメリカ人作家によって出版された「チェリノブイリ」の翻訳者のあとがきが載っています。

事故から3年後、新たに、10万6000人の住民を避難させています。

それ以前にも危険地帯の住民を避難させているでしょう。

これに引き換え、日本の政府は一体、それを取り上げようとしないメディア。


チェリノブイリはたった一基の事故で3年以内には石棺で固められ、多くの住民を避難させました。

日本は4基の原発が事故を起こして、それもまだ漏れ続けている状態。

住民はそこにまだ住んでいるという、国際的にみても異常な政府そのもの。



Twitter転載

  1. 仮に戦争に中国が勝ち、日本が降伏して占領された場合のお話だが、そのとき 中国人の10人に1人が、水と空気のきれいな占領地に移住して新しい人生を始めたとすると、占領地の2人に1人が中国人ということになる。しかもその人々 は、70年前の米国人のように、占領国の国民たる特権身分の移住者だ。

  2. 右翼は中国との戦争に勝つつもりでいるが、私は負けると思っている。岩上安 身も孫崎享もそう言っている。中国を降伏させることは無理だ。日本が降伏に追い込まれる。降伏したら占領される。1945年の米国は45万人で日本を占領 したが、中国は2000万人で占領するだろう。どうなると思う?

  3. 昔の日本は、食料のある田舎に都会の子どもを疎開させるなんてことができた が、今はそんなことできない。食料は多くを輸入に頼っている。燃料も。食べものは店で買わないといけない。流通が止まったらどうなるんだろう。脆弱ですよ ね、日本は。タフな中国と戦争して勝てるんだろうか。

  4. 戦争が始まった後の現実、戦時下の世界、それにイメージとして最も近いの が、あの2年前の3.11から2週間ぐらいの経験であり、時間と空間ではないかと思う。スーパーに水や食料品がなくなった。道路が寸断され、流通が麻痺し た。停電になった。テレビがあのとおりになった。地震だから復旧したが。

  5. 日本の戦後の再出発(1945年以降)というのは、いろんな偶然があり、条 件があった上での幸運な歴史だったのだということを、政治学の問題として言っておきたい。次の戦争と敗戦では同じようにはいかない。戦後の再出発をする前 提がない。人がいない。今度の占領軍は前回のようなお人好しじゃない。

  6. これから戦争にもなるし、庶民は猛烈な重負担と生活苦に見舞われるだろう。 病院にも行けなくなり、助かる病気で命を諦めることになるだろう。食料も満足に手に入れられなくなるかもしれない。そういう中で、改憲が進み、言論の自由 もなくなり、右翼の一人になるしか生きる道がなくなるだろう。

  7. 一度改憲されたら元に戻ることはない。どんどん改悪され続けるだけだ。元に 戻すことができると言っている人間は、よほど政治音痴の人間だ。政治音痴が多いね。内田樹だったか、選挙前、政権を取ったら安倍自民党の支持率は急落する だろうと言っていた。周囲の左のお仲間だけで話しているからそうなる。

  8. それにしても、今は本当にテレビのニュースが見ていられず、何か他に見るも のはないか必死に探してしまう。気が滅入るというレベルを超えて、鬱病になる。嵐のような規制緩和とTPP、日本版NSC、自衛隊法改悪、憲法96条。何 もかも一斉に、堰を切って怒濤のように溢れて、もう止めようがない。




ここまでー


本当にネトウヨは戦争して勝つと思っているのか、「犬の遠吠え」としか感じません。
10:24  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。