2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.17 (Mon)

長谷川豊さん フリーアナウンサーとしてスタート


(日本から両親が初めてアメリカにやって来たとき、この信号機を見て落っこちそう、と言っていました。風でゆらゆらと動く時は確かに、そんな感じがします。)


長谷川豊さん フリーアナウンサーとしてスタート


新HPと新ブログが立ち上がりました!

◆新HP:http://hasegawa-yutaka.com/

◆新無料ブログ:http://ameblo.jp/yutaka-hasegawa/

◆有料メルマガ:http://magazine.livedoor.com/magazine/73





ユーモアたっぷりで笑わせてくれる、時に泣かせてくれるいつも一言多い 長谷川 豊アナ無料ならこれくらいまでなら話せるお話が楽しいです。


NY時代に突然に消えてから、ある日突然に会社の横領か、何かのニュースで賑わし、その後ご自分でブログで立ち上げて、今に至っています。

あの横領?のニュースをネットで知った時はまさか~と思ったものでした。


長谷川さんのNY時代の頃は、観れる頃はずっと見ていました。

我が家は途中からあの番組が観れない地域になってしまいましたが、その頃に何の知らせもなくアナウンサーとしの職務を下ろされて日本へ帰国したそうです。

それもだれも見送りする人もいない、ご家族だけで。

誰も連絡を取ってはいけないという釘を刺されていたとか。

一体、何だというのか、あのような会社を辞めて良かった。


初めは長谷川豊 American Journey
からスタートし、

淡々とこうなった経緯を告発??していました。

NY時代のブログも初めてその時に知って購読し始めました。


今新たに、再出発がきまり本当に良かったと思っています。


フジのNYで日本からやってきた、もう一人消えてしまったアナウンサーの方がいました。

今だにあのアナウンサーの方が頭の片隅に残っています。

ブログでこうやってご自分の過去を綴る事によって、新たな何かがスタートしたかもしれません。



あのアナウンサーも何も間違った事など言ってませんでした。

普通、誰もが思う一言を発したのが原因だ、と何気なく分かっています。

あの当時の世の中を取り巻く空気が非常に重かったものです。



長谷川さんの場合は、蠢く内部の嫉妬か何かを感じ取る事が出来ます。

一寸した上司の配慮があったなら、と思えるような話ですが、何かがありそうです。

結局、最後にその人物の名前を明かす事なく、今に至っていますが。

その人物ばかりでなく、長谷川さんを追い落とそうとしていた大きな力が動いているような気がしました。

出る釘は打たれる、そんな言葉も浮かんできます。




過去は振り返らずに前を向いてこのようにスタートした事でこれからの長谷川さんを応援したいと思います。


興味ある方、有料メルマガもあります。


すっかり訪れるのが楽しみなブログの一つになりました。


ご家族も又とても楽しい!!


歯切れも良く、早口でもわかりやすい、アナウンサーは天職と思えます。


これからもアナウンサーとして、頑張って欲しいと思っています。


雨降って地固まる・・まさにこんな言葉も浮かんできます。



11:00  |  ファンの話し
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。