2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.20 (Thu)

バンダジェフスキー講演の大切な話ー臓器にセシウムが大量に蓄積されている実態




最近はすっかりお茶よりも、コーヒーを飲むようになっていました。

この間、緑茶をいただいた事からまた、お茶の良さを見直しています。

お茶は飲んだ後のさっぱり感がとても良いです。


最近は日本茶というと、どうしても頭に浮かんでしまうのが、静岡は放射能の線量が高く、それがお茶へも影響を与えていると。

それが気になって何となく避けるようになっていました。

折角頂いたお茶でもあり、最初は沸騰したお湯で少し流して捨てて、その後飲むようにしています。


その後は水を入れて暫く置くと冷たいお茶を楽しむ事が出来ます。

これでお茶が終わるまでコーヒーを飲む回数も減るでしょう。



実際、ガイガーカウンターで線量を図ると緑茶とコーヒーと同じくらいの数値でした。


今はどんな食べ物にも高い数値を示す時があります。


「ああ、ついにきたかなあ」都内体調不良女性が甲状腺診断で思うこと。バンダジェフスキー講演の大切な話。
(木下黄太さんのブログ)

今、日本に、ロシアのバンダジェフスキー博士が講演しています。

木下さんが博士が講演された大事な要点を纏めてくれてありますが、その中でー


調査・検査をやったことで、病気の多発、死者の増加について、彼が提示しているのは、臓器にセシウムが大量に蓄積されている実態を明らかにしたこと。

彼はセシウムがこの事象の主な原因と考えていること。



偶に知り合いに放射能の話をすると、偶に少しぐらい大丈夫消えるから、という風に捉えています。

この問題をあまり追及すると知り合いも去って行ってしまうので、ほどほどに。

と、自分に言い聞かせて。


しかし、これは博士の経験から、着実に体に蓄積をしているという事のようです。

多少、排出はされても貯まって行くのは確実のようです。

簡単な足し算だと思った方が良いかもしれません。



食べ物を普段から出来るだけ気を付ける生活をしている人は、それだけ放射能による症状が出にくくなるという事に繋がるという事です。

親からもらった大事な体です。


自分で知恵を付けないとこれからの世界は大変な事になります。


講演の参加者が直ぐに満杯になってしまうほどの盛況という事で、感心の高さが窺えます。


政府やメディア情報を当てにすることなく、今後はさっさと良いと思った方法を実践して行くしかありません。








19:51  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。