2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.09.27 (Fri)

2013/09/27 【埼玉】「政府は嘘をついている」 山本太郎議員が秘密保全法の危険性を指摘

2013/09/27 【埼玉】「政府は嘘をついている」 山本太郎議員が秘密保全法の危険性を指摘

「全国街宣キャラバン第一弾」と銘打ち、京都、大阪、名古屋などで街宣活動を行ってきた山本太郎参議院議員。この日はJR大宮駅前で街頭演説を行い、政府が今秋の臨時国会で提出予定の特定秘密保護法案(秘密保全法)について、その危険性を訴えた。

 特定秘密保護法案とは、防衛や外交などに関わる機密事項を「特定秘密」に指定し、漏洩した場合は最高で懲役10年を科すというもの。山本議員は「『特定秘密』を知ることができるのは一部の人間だけ。国は都合の悪いことをずっと隠せるようになる」と警鐘を鳴らした。

◆原発の情報が隠される◆

 自民党の礒崎陽輔首相補佐官は9月18日のBSフジの番組内で、特定秘密保護法案について「原発の情報が特定秘密になることは絶対にない」と明言 していた。これに対して山本議員は「嘘をついている」と指摘。「改正された原子力基本法には『我が国の安全保障に資すること』と書かれている」と語った。

 原子力基本法は2012年6月27日に改正された際、原子力利用の目的として「我が国の安全保障に資すること」という文言が付け加わっていた。山 本議員の発言は、政府には隠された核兵器保有の意図があり、原発の情報も安全保障の観点から「特定秘密」に指定される恐れがあると指摘したもの。 (IWJ・石川優)



(IWJ Independent Web Journalさん転載)

↑動画も観れますのでサイトでご覧ください。


地元議員へファックスでお願いするのが効果的だそうです。

周りの方々にも拡散をしましょう。


ファックスは必ず議員が目を通す必要があるのだそうで、

次の選挙には投票しない、など

この法案の危険性を含め記入してどんどんファックスを送ってください。



これは大変な法案で都合の悪い事は全て隠されてしまい、知る権利である

民主主義が完全に消えます。時間もありません。

17:58  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。