2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.29 (Sun)

猫を思い出す!




昔実家に居た猫は三毛猫でこんな感じよりもっと3色が少なかったような気がします。

あの三毛猫を見ていて、猫って思った以上に、頭も良いらしいと思ったっものでした。

大事にしている猫が具合が悪いとそれだけで毎日が悲しくなります。

あるブログでそんな話をしていて、ついつい数年前の我が家の猫の事を思い出しました。

あの頃は引っ越しのために壁塗り、壁紙を剥がしたりなど毎日忙しくそっちに気を取られていて、家の猫の様子に注意をしていませんでした。

段々元気が無くなっていましたが、前、実家に居た猫も具合の悪い時は食べ物を食べない日々の後とても元気になったので、ついついそうなると思って油断をしていました。

獣医のところへ診て貰うとした朝早くに息を引き取っていました。

壁紙を剥がす時はがりがりとずっと音がしていたり、私が忙しく動き回っていて甘えられなかっただろう、と思うと余計に済まない気持ちになります。

その翌日、埋葬するときは、あの猫が我が家に来る切っ掛けを作った娘が、あの頃大学の寮生活をしていたのに、何かの休暇で家に帰ってきたというのも偶然でした。


ペットを飼うという事は寿命が短い為、いつかそんな日が来ることを覚悟しなくてはいけないと自覚をしていた方が良いような気がします。

家猫の場合は長生きするという話が多いですが、油断せずに様子をしっかり見守っていた方が良いのかもしれません。

最後の頃は、隠れるようにクローゼットに居て、私が呼ぶとそそ、と出て来て甘えていました。

やっぱり、あの状態はかなり苦しかったのだろうと、今振り返って思います。

あの方の猫の話の内容ですっかり思い出してしまいました。

今でも写真を飾ってありますが、いつまで経っても特別な猫です。



12:53  |  トラ猫

2013.12.22 (Sun)

子供のスポーツや習い事



子供にはスポーツをさせたい、という親って結構多いような気がします。

我が家もそんな流れで、小学校一年生の頃、最初は街の主催する野球やサッカーなどのチームに参加したり、

学校のクラブにも参加していました。

しかし、長続きしないで直ぐに止めてしまいその後一切強制はしていません。

スポーツを親が強制してやらせているお宅もあるような気がします。

子供は自分で判断が付く頃になると、
自分の興味ある事を家に居てやりたいと思う子供も多いと思います。

息子たちの自由に任せて一切無理にスポーツを薦めませんでした。

高校の時、息子が一年だけ友人に誘われてあるクラブに所属をしましたが一年のみで止めました。


娘はバンドに興味があって、ずっと続けていました。

友人が一緒だったという事もその気にさせていたでしょう。

今、知り合い同士で集まりを予定すると、必ず何人かは子供のスポーツの試合に当ってしまって残念、という話をする人がいます。

確かにこのようなクラブに参加すると親もその会場まで足を運ぶので大変でした。

そして案外スポーツによって怪我をする事もあり、息子が高校の頃所属したスポーツの試合は怖くて見ていてもドキドキした事がありました。

また別な息子は大学を卒業をして剣道を自分が興味を持ち出して、教室に通い始めましたが中々気に入って今でも続いています。

ピアノも同じかもしれません。

子供の自由にさせていて、やりたい時に習わせ、その気が無くなったら教室通いも止めました。

しかし、今まで習った事は無駄では無かったと思っています。

ベートーベンの伝記はこの辺が全く違っていて、厳しい父親がピアノの練習に縛り付けていたという話もあります。

きっとそれでも才能の無い人はつぶれてしまいますが、父親はベートーベンの才能を見抜いていたのだ、という風に感じます。

取りとめもなく子供のスポーツや習い事などについて書いてみたくなりました。


08:59  |  思った事

2013.12.14 (Sat)

メキシコの田舎の街が懐かしい




アメリカって結構線量が高い所が多いと最近、そんな数量が出ているサイトで気づきました。

きっと日本が事故が無かったら今だに何も知らずにいたのだと思います。

以前、住んでいる所でさえ、それほど遠くない所に古い原発があった事を、なんとあの日本の事故があってから知る事になりました。

ずっと知らずにあの場所に住んでいたのですが、人って注意を払わないでいると知らない事って結構あるという事を自分を通して知ったものでした。


そんなアメリカの線量の数値が表示されるサイトにメキシコのある街も表示されています。

今住んでいる所が結構高いにも関わらず、そのメキシコの小さい街はたったの「1」という数値の時が多いです。


あの街は昔、主人と訪れた事があった街だったので、ことさら懐かしく感じます。

最近は渡航も注意予報が出る程、治安に問題もあるのだそうです。

昔訪れたあの頃はそんな話は一切なく、のんびりと海岸近くに並んでいる屋台の食べ物を貪る日々でした。

あの頃、主人はもっと南下したメキシコの田舎を訪れたいと言っていたのを、私は気に入ったあの町に居たい、と意見が分かれて対立した事もありました。

今考えると主人の言う通りにもっと南下して置けば良かったと思う。

また行けるようなそんな気持ちもあったのも、あの時私は消極的だった気がします。

しかし、そんなに時間てある筈もなく、後で後悔をしても後の祭りって本当、その通りでした。
16:40  | 

2013.12.07 (Sat)

サウンド・オフミュージックの時代の頃



オーストリアの息を飲むような素晴らしい山岳シーンがふんだんに入った映画というとあの「サウンド・オフミュージック」という映画が浮かんでいます。

この間、テレビでミュージカル版を流していました。

一寸だけ観ましたが、映画版を何度も観ていて、そっちのイメージが強く、どうもテレビのミュージカル版が物足りません。

マリアのあの圧倒的な声量ある歌唱力、また、あの大佐の品格のある甘いマスクなど、どれをとっても映画版の方が勝っているような気がしました。

久しぶりにまた、映画を観たくなります。


当時の歴史をもっと詳しく知った今は、前とは違った印象であの映画を観るような気がします。

殆ど、何も考えずに観ていたあの頃、

歴史はどうしようもないひと塊の人たちに動かされていて、そうならざると得ない状況にもって行かれた、その為に国民は総動員される。

歴史は繰り返す、という言葉がありますが、

何も贅沢は要らない、普通の何気ない日々がこれからも続くことを祈りたいと思います。


あの頃、ヒットラーは南米へ逃亡したらしい、という話は微塵も知りませんでした。

何故に、不思議に思っていた事、ブラジル人にドイツ人の名前の人がいて、有名なファッションモデルもその一人です。


驚きましたが、今動画サイトをチェックすると、この映画は実話だと今知りました。


Trapp Family Singers Documentary - Part 1 of 3

http://www.youtube.com/watch?v=i_ifkDgcypE



http://www.youtube.com/watch?v=U9k-jxuOhls



http://www.youtube.com/watch?v=DG7pL8E_sOk




12:49  |  映画・音楽

2013.12.06 (Fri)

左を向いている横顔「自分の中の一番得意な絵」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「自分の中の一番得意な絵」です。さて本日のテーマは自分の中の一番の得意な絵なのですが、人は誰でも絵が上手、、、というわけではありませんよね絵なんて大嫌い!という方もいらっしゃるのではないでしょうかですが、そんな中でも「まだこの絵だけ、、自分としては一番いけてるよ!」とちょっとでもいいので得意な絵を紹介していただきたいと思います!...
FC2 トラックバックテーマ:「自分の中の一番得意な絵」




小中学校の頃、下敷きの隅や紙があると、ちょこちょこと書いていたのが女の子の横顔でした。

それも左側を向いている横顔で、右側を向いている顔は何となく巧く描けなかったのは、もしかすると右利きと関係あるかもしれません。

絵が得意な息子は右と左で絵を描くことが出来ます。

字を書く時、お箸を持つ時は右側ですが、指相撲など、力を入れたい時は左側です。

いつどうなってこうなったか分かりませんが両利きのようで、絵も何故か子どもの中で一人だけ上手です。


両利きが理由があるのかどうか分かりませんが、その事を考えると不思議です。
17:16  |  FC2 トラックバックテーマ
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。